「愛知県公立高校」倍率・二次募集について

【愛知県の高校入試】2023年、定員割れする可能性が高い高校をまとめました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年10月18日に愛知家の公立高校、第1回の倍率が発表されました。

【愛知県の高校受験】令和5(2023)年度の倍率が発表されました!!

愛知県の公立高校入試は2023年度から、試験日程の前倒し、一回受験、マークシート方式の導入、特色選抜の実施など多くの変更があります。

変更となる初年度で不安に思う受験生が多いのか、全体的な倍率は前年度の2.19倍より0.09ポイント減の2.10倍となりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

今年も定員割れする高校が増えるのかな…?

まだ第1回目の予想なので、今後倍率が増える可能性も十分にあるのですが、現時点で定員割れしそうな高校をまとめてみました!

スポンサーリンク

倍率が低い高校ベスト5

10月13日に発表された、令和4年9月10日現在倍率が低い高校ベスト5をまとめてみました。

普通科

※青太字は前年度二次募集があった高校です。

学校名今年度第1回倍率今春の最終倍率
田口(三河群B)0.380.06
日進(尾張1群B)0.650.93
加茂丘(三河群A)0.931.03
内海(尾張1・2群A)1.031.48
瀬戸西(尾張2群A)1.111.10

専門学科

※青太字は前年度二次募集があった高校です。

学校名専門学科今年度第1回倍率今春の最終倍率
岩津(Aグループ)生活デザイン0.480.88
田口(Bグループ)林業0.540.34
渥美農業(Bグループ)生活科学0.721.10
松平(Bグループ)ライフコーディネート0.861.00
岡崎工科(Bグループ)環境科学・情報デザイン1.051.08

昨年度の定員割れした高校の詳細はコチラからどうぞ。

2023年度、定員割れしそうな高校

倍率が上がらなければ定員割れする可能性が高い高校

前年度のデータと照らし合わせて、このまま倍率が上がらなければ定員割れする可能性が高い高校をまとめました。

上に書いた「倍率の低い高校ベスト5」以外の高校となります。

※今回発表された「第1回の倍率」で調べてみました。
今後、第2回、第3回と倍率が上がれば、定員割れしない可能性がある高校も出て来ますのでご了承ください。

ケロケロママ
ケロケロママ

個人的な予想なので参考程度に御覧ください!

※青太字は前年度二次募集があった高校です。

学校名学科名第1回倍率今春の最終倍率
明和音楽1.281.28
一宮工科建築デザイン・都市工学0.951.13
瀬戸北総合総合1.331.57
春日井工科ロボット工学・機械・電気・電子工学1.081.29
豊明尾張1普通1.501.66
一宮起工科環境科学・デザイン0.991.03
海翔福祉1.431.05
常滑尾張共普通1.261.31
学校名学科名第一回倍率今春の最終倍率
足助三河普通1.141.34
碧南工科建築デザイン・環境科学1.261.50
一色生活デザイン1.351.95
高浜三河普通1.421.64
高浜福祉1.231.08
福江三河普通1.462.60
宝陵福祉1.180.95
新城有教館作手校舎人と自然1.351.89
学校名学科名第1回倍率今春の最終倍率
市立工芸都市システム0.881.80
守山尾張2普通1.451.45
瀬戸工科ロボット工学・機械・新素材工学1.361.27
犬山尾張共普通1.591.87
犬山総合ビジネス1.201.13
尾北国際教養1.250.98
小牧工科環境科学・情報デザイン1.201.34
杏和総合1.261.35
佐屋生活文化・ライフコーディネート1.191.13
学校名学科名第1回倍率今春の最終倍率
愛西工科ロボット工学・機械・電子工学・建築デザイン0.971.39
美和尾張共普通1.401.29
五条尾張2普通1.171.45
半田工科建築デザイン・都市工学1.161.40
桃陵ヒューマンケア1.231.03
東浦尾張共普通1.391.68
武豊尾張共普通1.131.45
松平三河普通1.281.52
猿投農林環境デザイン1.251.23
学校名学科名第1回倍率今春の最終倍率
岡崎北理数1.001.93
岡崎工科都市工学1.131.10
刈谷工科IT工学・機械・自動車・電気1.371.62
吉良三河普通1.681.85
吉良生活文化0.881.25
成章三河普通1.561.57
渥美農業食品科学1.331.33
新城有教館総合(文理系)1.080.94
市立菊里音楽0.951.35
市立工業電子機械0.801.53
市立工業環境技術0.981.45

第1希望者数が募集人員を大きく下回っている高校

第一希望者数が募集人員を大きく下回っている高校は定員割れする可能性が高いので、まとめてみました。

※こちらも第1回の倍率を見た結果なので、第2回、第3回と倍率が上がれば定員割れしない可能性が低くなります。

※青太字は前年度二次募集があった高校です。

学校名学科名第一回倍率今春の最終倍率
春日井西普通1.931.68
一宮北尾張共普通1.801.58
名古屋工科IT工学・機械・電気・エネルギーシステム・エネルギー化学1.972.02
衣台三河普通1.781.70
西尾東三河普通2.172.04
一色三河普通2.462.49
瀬戸尾張2普通2.351.86
小牧南尾張共普通1.892.19
春日井東尾張共普通1.812.07
学校名学科名第1回倍率今春の最終倍率
丹羽尾張1普通1.421.16
大府東尾張共普通2.292.18
阿久比尾張共普通2.262.26
豊野三河普通1.721.36
幸田三河普通1.421.73
市立名古屋商業オフィスビジネス・グローバルビジネス・ITビジネス1.771.94

第一希望者数が募集定員を僅かに下回る高校はいくつかありましたが、第二希望者数が多ければ定員割れする心配は無いと判断しました。

愛知県内に住む、高校受験生の姪っ子にプレゼントしました。
倍率を確認したら、自分ができる勉強をやるだけですね。

公立高校入学希望者にとってチャンスの年?

愛知県の公立高校の二次募集を受けることができるのは、公立高校・私立高校(滑り止め校)全てに不合格となった生徒だけです。

愛知県では私立高校は3校まで受けることができます。

なので担任の先生は確実に合格できる私立高校を最低でも1校は受験するように指導するので、滑り止めの私立高校全て不合格になったという話は子どもたちが通っていた中学では聞いたことがありません。

なので公立高校に不合格になると、当たり前として滑り止めにしていた私立高校に進学して行きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

そんな理由から、二次募集に挑むことができる生徒は少ないんだろうな…と思っていましたが、調べてみたところやはりとても少ない人数でした。

前年度の二次募集の人数は2734人(合格辞退者数16人含む)でしたが、応募者数36人でした。

何人か不合格になる年もありますが、前年度は36人全員が合格しています。

むすめ
むすめ

72校1校舎で2718人も二次募集があるのなら選びたい放題だよね!

家計のことなど考えて「絶対に公立高校に進学したい」と考えている生徒さんは、あえて私立高校の滑り止めを受けない選択もありな時代になったのかもしれません。

最後に

一番最初に書いた通り、愛知県の公立高校入試は2023年度から、試験日程の前倒し、一回受験、マークシート方式の導入、特色選抜の実施など多くの変更があります。

最初に聞いたときは、変更されることが多すぎて先生も生徒も混乱するだろうな…と思いました。

むすめ
むすめ

試験日程の前倒しだけで十分だと思うんだけどね!

初年度の混乱を避けるためにも、今年度の公立高校の受験を敬遠する生徒さんもいますよね。

ただ、公立高校の一般入試に挑む生徒さんにとっては、志望校の倍率が少しでも下がるとホッとするはずです!

今回は倍率5倍を超える高校もありましたが、本当に行きたい高校だったら焦らず様子を見てから決めてくださいね。

ケロケロママ
ケロケロママ

その年によって、第2回進路希望調査で驚くほど倍率が下がる高校もありますよ!

「感動チーズケーキ」アムバスク

友達に教えてもらってお取り寄せしてみたら、とっても美味しかったのでご紹介します!

福島県いわき市でソフトクリーム専門店ame Cafeにて発売しているチーズケーキで、私が注文したときは到着までかなり待ちましたけど、最近では注文が落ち着いて1週間待ちとのことです!

今年のクリスマスケーキはアムバスクのチーズケーキがいい!と息子に頼まれていますが、当日は難しそうなので1~2週間早めに購入する予定です。

毎日受験勉強を頑張っているお子さんにと一緒に美味しいチーズケーキを食べませんか?