高校生活の悩み

「高校生活」評定平均4以上の生徒は学年に何人くらいいるのか?検証してみました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は高校1年生の最初のテストでビリに近い成績を取りました。↓

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

最初はそれはもう悲惨な点数を取りましたが、その後1年かけてコツコツ勉強を頑張った結果、少しずつ成績を上げて行くことができました。

高校1年生の評定平均は3.7
高校2年生の評定平均は4.7
高校3年生の評定平均は4.8(大学の一般入試を受けたので2学期末までの評定平均です)

高校3年間の総合平均は4.4となりました。

高校1年生の評定平均が3.7と高めだったのは、副教科だけ高得点を取っていたからです。
(英語・数学・物理は全く授業について行けずボロボロでした)

むすめ
むすめ

高校1年生の評定平均がもう少し高かったらなぁ…。

ケロケロママ
ケロケロママ

充分頑張ったよ!!

入学当初は「高校を卒業できるのかな…?」と本気で心配するレベルのテストの点数を取っていたので、2~3年生は評定が出る度に「よく頑張ったね!」と褒めまくりました。

どん底の成績からの出発だったので褒めるところしかありませんでした!(笑)

さて校内の推薦選抜基準にも使われる「評定」ですが、娘の周りには平均4以上の友達がとても多くいました。

むすめ
むすめ

3年間の評定平均が4.9の友達もいたよ~!

ケロケロママ
ケロケロママ

理系で学年順位が常に2位の友達でした!

もしかしたら、高校ではほとんどの生徒が4を貰えるのかな…?と疑問に思うくらいに多くいたので、実際どのくらいの生徒が評定4以上あるのかを調べてみることにしました。

ちなみに娘の通っていた高校では推薦を使って進学する生徒は少なかったので、評定を甘く付けている様子はありませんでした。

(娘の通っていた高校は、偏差値60前後の田舎の進学校です)

※評定の付け方は高校によって全然違うので、今回の記事の中の「評定平均4以上の生徒の割合は娘の通っていた高校の場合」となりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

評定平均4以上の生徒の割合

娘の通っていた高校では、評定平均4.0以上の生徒は驚くほどたくさんいる「印象」にありました。

むすめ
むすめ

私が所属していた部活は、9人中8人の評定平均が4.2以上あったよ。

ケロケロママ
ケロケロママ

今思えば全員賢かったねぇ。

部活もクラスメイトも、成績に関してはかなりオープンな子ばかりで、お互いに成績表を机の上に広げて見せ合って競っていたので、評定の嘘をついていないことは確認済みでした。

そんなこともあり「高校では評定平均4が付くのが普通なのかな?」と思っていたのですが、高校3年生で大学に提出する調査書が1通だけ余ったので中身の確認をしてみたところ、評定には基準が設けられていることが分かりました。

調査書の中身

調査書の中身についての記事はこちらです。↓

【成績証明書】大学に提出する調査書の中身です!!

調査書の中に「学習成績概評」が記載されていますが、娘の通っていた高校ではA~Eまでの基準があることが分かりました。

  • A 学年順位 1~40番
  • B 学年順位 41~140番
  • C 学年順位 141~240番
  • D 学年順位 241~最後まで
  • E 0人(該当者なし)

娘はAに入っていましたが、3年間の評定平均が4以上だった友達は全員Aに入っていました。

B(学年順位が常に50番前後)の友達もいましたが、評定は3.9でギリギリ4に届いていなかったとのことです。

この基準だけで考えると、評定平均4以上の生徒は最低でも学年に40人はいるのかな?と言う考えになります。

国立教育政策研究所の成果報告書にもこのように書かれていました。↓

学習評価を実施する際に,評価目的に合わせて評価のための資料を入手することが必要になる。この項目は,どのような資料を評価資料とするかについての規定が設定されているかどうかについて尋ねたものである。結果は,全体の84.0%で規定を設けているとの回答となった。
引用:高等学校における学習の評価の実態把握と改善に関する研究

この文献を読んで、84%の高校で各評価結果の割合が設けられていることが分かりました。

例えば、評定5なら上位10%~20%まで。
評定4なら21%~40%までなどです。

※高校によってパーセンテージに違いはあるはずです。

ほとんどの生徒に「評定平均4」が付けられている訳ではないことは判明しました。

むすめ
むすめ

私の通っていた高校では、テストにもよるけど平均点プラス10点で4がついて、プラス20点以上で5がつくことが多かったよ。

ケロケロママ
ケロケロママ

得意教科もあれば苦手教科もあるから、評定平均4以上を維持するのはやっぱり大変だよね!

大学の推薦がもらえる評定は?

娘の通っていた高校では、推薦をもらう子は学年全体で10人くらいしかいませんでした。

生徒同士で「大学の推薦枠」を取り合うことはほとんどなかったため、娘の評定(4.4)があれば大阪の某有名私立大学の推薦が取れます、と担任の先生から言われていました。

むすめ
むすめ

推薦が余ってる状態って今思うと贅沢だよね~。

ちなみに息子の通っている高校(偏差値55前後の進学校)では推薦が取り合いです。

むすこ
むすこ

毎年学年の3分の1の生徒が推薦をもらって進学していて、偏差値の高い大学から順番に取り合いになってるって!

息子の通う高校では、県内トップの私立大学の推薦は毎年争奪戦で、今年は評定4.9の先輩がもらっていたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

3年間の平均評定が4.9って凄いね!!

どうやら息子の高校は評定の付け方が甘い様子で、平均点が取れれば4がつくこともありました。

むすめ
むすめ

私の通っていた高校では考えられないよ…。

よく「評定いくつ以上なら大学の推薦がもらえますか?」との質問を見かけるのですが、結局のところ、高校によって評定の付け方は全く違うので「推薦をもらえる基準」については担任の先生に確認してみてくださいね。

受験勉強と定期テストの勉強の大変さの違い

「一般受験組」と「推薦組」どちらが大変かと議論されることがよくあります。

娘は高校2~3年生からは学年順位は常に1桁で、評定は4.7~4.8を維持していましたが、この評定を維持するために、いつも定期テスト3週間前から勉強を始めていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

中間テストが始まる3週間前から次の期末テストが終わるまでは、帰宅後テレビを見ることもなく、家にいるあいだ中勉強し続けている状態でした。

高い評定を維持するためには、継続して勉強し続ける必要があります。
副教科など受験教科以外も勉強しなければならないのでとても大変です。

なので推薦をもらえる高い評定の子が並々ならぬ努力をして来たことは良く分かります。

それでも、推薦入試だと11月~12月には合否が決まります。

(娘の高校では1学期までの評定が使われて、校内推薦は9月の初めに決まっている状態でした)

年明けの1月~3月まで戦い続ける一般受験組の子たちの方がどうしたって長丁場になるので、どちらが大変かと言われれば100%「一般受験組」だと娘は言っていました。

むすめ
むすめ

受験勉強が大変過ぎて、年末辺りから体調を崩す子が多かったよ!

定期テストの勉強はどんなに長くても1カ月くらいで次のテストまで少し休憩することができるのですが、一般受験組は1年間ぶっ通しで勉強し続けることになります。

しかも合格の確約がされている「推薦」と違い、私立大学の場合は当日点一発勝負だったりするので「合格」の保証はどこにもないと言うストレスとの戦いでもあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

ストレスの面を考えても、一般受験組の方が間違いなく大変です!

最後に

娘は大学受験は一般入試を受けたので、評定が役に立ったことは一度もありませんでした。

むすめ
むすめ

私が受けた大学は全て当日点一発勝負のところだったからね!!

「評定」と言っても所詮は校内基準のものです。
「評定」の基準に全く囚われず一般入試に向けて受験勉強を頑張る生徒もたくさんいました。

むすめ
むすめ

大学受験は全国の受験生との戦いだから、模試の偏差値を最優先に考える子が多かったよ。

高校の先生も高校3年生の2学期は「赤点が回避できればいいから、定期テストより受験勉強を優先させるように」と言っていたので、娘は最後の定期テストの勉強の手を思いっきり抜くことに決めたそうです。

ところが「全力でテスト勉強する癖がついてて、どうしても定期テストの勉強の手を抜くことができなかった」と言って苦笑いしながら3学期の評定を見せてくれました。(4・8でした)

娘の「全力で勉強する癖」は大学に入ってからも健在です。

高校時代に定期テストで全力で勉強して高い評定を取っていた子は、大学に入学してからも全力で勉強を頑張ることができると言うのは本当です。

ケロケロママ
ケロケロママ

高い評定を維持するために努力して来たことは、大学に入ってからも役に立っています!

学校の評定が低くて模試の偏差値が高い子」は、だんだん模試の偏差値が落ちて行く傾向にありますが…

高校の評定が高くて模試の偏差値が低い子」は、最終的に偏差値を上げて行く子が多いと担任の先生から聞きました。

むすめ
むすめ

受験勉強だけでなく学校の勉強(定期テスト)も頑張ることが大事だよ!

進学校の場合、学校の勉強が受験勉強に繋がっていますからね!

娘が受験生になる前からずっと購読している雑誌です。
高校生の息子のために引き続き購入しています。

娘は中学1年生からずっとスタディサプリのお世話になりました!

娘は完全に授業について行けなくなった後、スタディサプリを使って総復習をしていました。

短時間で復習できるので宿題を終えた後に、毎日1~2講座見て勉強をしていました。
1.5倍速で繰り返し見て苦手単元を総復習したことで2学期から成績が上がったとのことです。
高校2年生の秋から「合格特訓コース」に入ったので専属コーチに勉強のスケジュールを立ててもらい、それに沿って勉強していました。
専属コーチには勉強のやり方も教えてもらい、本当にお世話になりました。

入会金・初期費用は一切不要です!受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し