部活

「中学生活」部活とクラブチームを両立させていた娘の失敗談

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

子どもたちは小学2年生から中学3年生の夏休みに入るまで、バレーボールのクラブチームに所属していました。

ケロケロママ
ケロケロママ

強豪チームではなく、中学・高校の部活に入る前にバレーボールの基礎を身に付けることを目的とした練習を中心に行うアットホームなクラブチームでした。

小学6年生の冬の試合が終わった後はクラブチームを卒団したのですが、コーチたちは中学生になってもいつでも練習に参加していいと言ってくれました。

娘は中学に入って念願のバレー部に入りましたが、顧問の先生の練習のやり方が合わなかったこともあり、部活がない週末はクラブチームに行って練習したり、コーチに部活の悩みを聞いてもらったりしていました。

最初は、娘の部活の「逃げ道」としてクラブチームを頼ることが出来て良かった!と思っていたのですが、中学2年生に上がる頃には部活とクラブチームの比率が完全に逆転していることに気づきました。

娘は結局中学3年生の夏休みに部活を引退するまで、部活とクラブチームを両立させましたが、その為に犠牲にしたものはありました。

もし今娘が中学1年生に戻ったのなら、クラブチームには行かせません。

なぜそう思うのかを下にまとめます。

中学に入学して、部活とクラブチームの両立に悩んでいる学生さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

部活とクラブチームの両立はできたのか?

娘は部活もクラブチームも最後まで続けましたが、両立させるために犠牲になったことがいくつかありました。

両立させるために犠牲にしたこと

娘の場合、両立させることで一番犠牲になったのは「中学の勉強」でした。

平日も土日も常に部活かクラブチームの練習がある状態だったので、犠牲にならないのがおかしい状況でした。

テスト週間はどちらも休みになったのですが、普段の勉強時間が圧倒的に足りない分、起きている時間を全て勉強時間に費やしても、定期テストで娘の満足の行く点数を取ることはできませんでした。

部活のある平日は夜ご飯を食べたあと、テレビを見ることもなく、すぐに宿題と勉強に取り掛かっていましたが「勉強時間が足りない」と娘はよく言っていました。

娘は部活を引退したあと、猛勉強して滑り込みで志望する高校に合格することが出来たのですが、約半年の付け焼刃的な受験勉強しかしなかったため、高校に入学してから勉強でつまづきました。

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

中学時代にもっと平日の勉強時間が取れていたら、高校でここまで勉強に苦労することはなかったはずです。

部活とクラブチームと勉強を頑張り過ぎて、中学3年生で体調を崩しました。

中学3年生の5月に入ってすぐ、娘は高熱を出して1週間近く体調を崩しました。
(病院に連れて行ったのですが、喉が赤かったため風邪と診断されました)

ケロケロママ
ケロケロママ

受験を意識して塾に通い出したところだったので、実は過労で熱を出していたのかもしれません。

学校に通えるようになって直ぐに行われた中間テストの結果はボロボロで、中学3年生の1学期の内申合計は過去最低となりました。

  • 部活の推薦で進学を考えている子
  • 将来プロ選手を目指している子

上記2点の理由があれば部活とクラブチームに通って技術を磨く必要がありますが…一般入試で高校受験を目指しているお子さんは、中学3年生になったら嫌がってもどちらかをセーブさせる必要があります。

両立できた友達もいましたが…

部活とクラブチームと塾を両立させ、県内トップ3の高校に入学した娘の友達がいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

とても頑張り屋の友達でした。

勉強と部活とクラブチームを完ぺきに両立させることができたのは、私が知る中ではこの友達1人だけでした。

気を付けなければならないのは「個々の体力や能力には限界があるので、その友達と同じ時間勉強したから同じ高校に行ける訳ではない」と言うことです。

その友達は夜中の2時まで勉強していたそうですが、同じことを娘がやったら間違いなく1週間も持たず倒れます。

勉強もスポーツも、自分の限界を把握して自分ができるペースで行うことが大事です。

部活を優先させたかった理由とは

娘は部活でキャプテンを務めました。

毎日の体育館のカギの開け閉めから始まり…部員に練習の指示を出したり、練習試合の日は雑用に追われてお昼ご飯を食べる暇もない日もありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

土日に練習がある日は、片手でサッと食べれるおにぎりをいつも持たせていました。

顧問から理不尽な扱いを受けたこともあり、娘にはいつでも部活をやめて良いことを伝えていました。

「中学生活」部活をやめることは逃げなのか?

それでも部活を優先させたかった理由は、娘がクラブチームより部活の方が大事だと言ったからです。

むすめ
むすめ

顧問の先生は苦手だけど、最後までキャプテンの仕事を頑張りたいの!

プロを目指すつもりも、部活で進学するつもりもなかった娘だったので、悩んだ末このような考えとなりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

部活とクラブチーム、どちらを優先させるかはご家庭の方針によって違いますよね!

両立させて良かったこともあります!

部活とクラブチームを両立させて良かったことは、練習時間が増えたことです。

平日は部活、部活のない土日はクラブチームに通っていたので、技術力は物凄く向上しました。

娘が通っていた高校のバレー部の顧問からは、「なぜこの高校に来たのか」と聞かれたそうです。

むすめ
むすめ

高校では勉強を頑張りたかったから、と話したら納得してくれたよ~。

平日の部活で身体づくりをすることで基礎体力を向上させて、土日のクラブチームで技術面を磨くことが出来たのは、とても恵まれた環境だったと思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

クラブチームも土日だけの活動だと、毎日部活をやっている子の方が体力があったりしました。

最後に

先日、クラブチームのコーチに久しぶりに会いました。

教え子たちは大学生になりましたが、今でもバレーを続けている子は1割もいないと残念そうに言っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校ではバレーを続けても、大学に入ったと同時にやめる子がほとんどとのことです!

ちなみに大学で部活に入る子の割合は10%前後です。
※大学によって%は前後します。

この数字を見るだけでも、小学生の頃に習っていたスポーツを大学生になっても続けている子の割合はとても低いことが分かります。

娘も高校までバレー部でしたが、大学では全然違う部活に入りました。
「バレーは十分やり尽くしたから満足したの!」と言っていて、今は新しく始めたスポーツの練習を頑張っています。

さて、娘の失敗を踏まえて、中学ではクラブチームには一切参加させなかった息子ですが、高校ではバレー部に入りました。

高校2年生現在、バレーが楽しくて仕方がないと言っていて、大学や社会人になってもどこかのサークルに所属してずっと続けたいと言っています。

小学生の頃からバレーに対する情熱が薄かった息子の方が、長く続けたいと言い出す結果となりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

スポーツってプロを目指さない限り、緩く続けた方が実は長続きするのかもしれませんね。

城西大学男子駅伝部と共同開発の商品です!

ランショットは、運動後に飲むジョイントメンテ&リカバリーケアドリンクです。
「ケアドリンク系」には身体によい成分が含まれていることは知っているのですが、このドリンク1本に膝関節をケアするコラーゲンペプチド5,000mgが配合されていて、「運動による膝関節のダメージや疲労の回復をサポートします」と書いてあるのに惹かれて購入しました!

ゼリー状ではなくサラサラの酸味のあるドリンクです。
よく冷やして飲むと美味しいとのことなので、子どもたちが部活から帰って来たら、氷をたっぷり入れたグラスに注いで飲ませています。

運動によるカラダへの負担が気になる方へ
運動後のジョイントメンテ&リカバリーケアドリンク【ランショット】