中学生活の悩み

部活を途中で辞めることは「逃げ」でも「甘え」でもない理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

娘は中学時代にバレー部に入っていましたが、学年40人近くいる大所帯だったこともあり、人間関係がかなり複雑で5人の生徒が1年生の間に部活を辞めて行きました。

「部活をやめる理由」は生徒それぞれで違いました。

  • 部活以外にやりたいことが出来たから
  • レギュラーに選ばれないから
  • 部活内の人間関係がうまく行かないから
  • 練習がきつくてついて行けないから
ケロケロママ
ケロケロママ

顧問の先生のやり方が合わない子もいました!

子どもが勇気を振り絞って「部活を辞めたい」と親に相談しても、途中で部活を辞めることは「逃げ癖がつく」とか、「甘えているだけだ」と言う理由で反対される子がとても多いです。

実際に「子どもが部活を辞めたいと言ってるけど逃げ癖がつくから許さなかった」と友達から何度も聞いたことがあります。

しかし途中で部活を辞めることが本当に「逃げ癖」や「甘え」に繋がるのでしょうか?

ケロケロママ
ケロケロママ

実は私自身も無意識に友達と同じ考えを持っていました。

息子が甘えていると考え部活を辞めさせなかった結果、息子は大好きだったはずのバスケが大嫌いになりました。

高校生になった今も「バスケは嫌いだ」と言っていて申し訳なく思っています。

今回は「部活は途中でやめても甘えではないし逃げ癖なんてつかない」と断言する理由と、私の大失敗した経験を一緒にまとめます。

この記事が「部活を辞めたい」とお子さんから相談されて悩んでいる保護者の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

部活を途中で辞めたいと言える勇気

思春期に入る中学生は、自分の弱みを親に見せようとはしないものです。

息子も中学になってからは口数が減り、自分の弱みなどはほとんど見せなくなりましたが、珍しく話しかけて来たな…と思ったら「部活を辞めたい」という相談でした。

本当に逃げて甘えている子だったら、親に「部活を辞めたい」と相談しません。

ケロケロママ
ケロケロママ

部活を適当にサボっていた方が気楽ですよね。

顧問の先生には「家の用事がある」親には「今日は部活が休みになった」と言って部活をサボる子はどの部活にもいました。

息子の所属していたバスケ部では半数近くの部員が「上手に」部活をサボっていました。

なので息子から「部活を辞めたい」と相談されること自体が「甘えや逃げ」などではなく、とても勇気がいる行為でした。

ただ、当時はそれに気づかず「もう少しだけ部活を続けてみよう」と見当違いのアドバイスをして部活を続けさせてしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

今でも大失敗だったと後悔しています。

子どもを信じてあげることの大切さ

部活を辞めたい理由は人それぞれ違うと書きましたが、息子の部活を辞めたい理由は、
サボっているチームメイトがレギュラーになっているのに、真面目に練習に参加している自分がベンチにいる」ことに対する不満からでした。

レギュラーになれない子を持つ親の気持ち

こちらの記事にも書きましたが、レギュラーになれなかったのは息子の性格にも原因がありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

どんな原因があったとしても、一番優先させなければならなかったのは息子の「部活を辞めたい」という気持ちでした。

なぜ部活を続けるのか、何を部活に求めるのか、それは子どもが決めることであり、親が決めることではありません。

息子が辞めたいと言うのなら、一度バスケから完全に離してその分好きなことをやらせる

一番最初に相談されたときにこの選択ができていたら、息子は今でもバスケが好きでいたのかもしれません。

部活を辞めさせるべきか迷ったら考えること

部活をしている今の状態は、お子さんにとって幸せですか?

部活内の人間関係で悩んでいる、練習が体力的に厳しくて勉強が手につかなくなって困っている、そんな生活は幸せではなく健康的ですらありません。

部活はいくらでも入り直しができますので、先ずはお子さんの日々の精神状態を安定させてあげることを最優先にしてあげてください。

部活を途中で辞めた友達

娘の今までの部活遍歴

  • 小学4年生から卒業するまでバスケ部(副キャプテン)
  • 中学時代はバレー部のキャプテン
  • 高校時代もバレー部のキャプテン
  • 大学で運動部に所属(副キャプテン)

息子の今までの部活遍歴

  • 小学4年生から6年生までサッカー部
  • 中学時代はバスケ部
  • 高校2年生現在バレー部
ケロケロママ
ケロケロママ

娘も息子も今までずっと運動部に所属して来たので、大人数のチームメイトと接して来ました。

今まで途中で部活を辞めた生徒はたくさん見て来ましたが、自分の強い意志を持って部活を辞めた生徒は皆しっかり成績を上げていました!

ケロケロママ
ケロケロママ

自分の意志で部活を辞めて、そのあと勉強を頑張ることで偏差値を大きく伸ばして志望校に入学した子を10人以上は知っています。

それとは逆に、不満ばかり言いながら部活をサボっている生徒の方が、成績は上がらないどころか下がり続ける傾向にありました。

(部活の不満ばかり言っていた息子も成績は上がることはありませんでした)

「部活を辞めた生徒より、サボり続けている生徒の方が成績に問題がある子が多かったよね」と娘も話していました。

むすめ
むすめ

部活をサボる子は勉強もサボる傾向が強いから、部活を辞めて勉強だけに切り替えて集中した方が成績は上がるのかもね!

ケロケロママ
ケロケロママ

確かに!部活をやめた時間に塾を入れれば勉強時間は確実に増えるよね。

部活における一発学習の怖さ

一発学習をさせてはいけない理由

「一発学習」とは別名「恐怖学習」とも言われています。

指導者(大人)に怒鳴られたり、喝を入れられることで一時的にパフォーマンスが上がる、その名の通り「一発」で効果が出る学習法です。

むすめ
むすめ

指導者に怒鳴られたら怖くてやるしかないからね。

この「一発学習」にはマイナスの副作用があります。

それは、この「一発学習」を長く受けた生徒は、圧迫されたことがトラウマになりバーンアウトしやすいということです。

ケロケロママ
ケロケロママ

強く指示命令されたり、怒鳴られたり、喝を入れられるような強い刺激なしでは物事に取り組めない「主体性のない人」になってしまうそうです。

実は娘の中学時代の顧問の先生が、この「一発学習」を取り入れていました。

試合に負けると娘を前に出して延々叱りつけることがあり、ある日家に帰宅するなり大泣きした娘の姿を見て本気で怒りを覚え、そのまま中学に電話をして私ひとりで顧問の先生に話をしに行きました。

私は部活を辞めさせようと中学に話し合いに行ったのですが、顧問の先生から謝罪があったこと、何より娘が部活を続けたいと言っていたので娘の意見を尊重させました。

正直、怒りに任せて行動し過ぎちゃったかな~?と後から思いましたが、娘は怒って家を出て行く私の姿を見て「お母さんは私の味方だ」と嬉しかったそうです。

最後に

息子の顧問の先生は、娘の顧問の先生のような「一発学習」を行うような方ではありませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

ただ、試合で得点できる生徒をレギュラーに選んでいただけでした!

それでも息子は部活を続けていくうちに自己肯定感が下がり、自信を失って行きました。

中学の部活を引退したあと、「自分には向いてるスポーツはないのかも…」と言って落ち込んでいたので、だったら遺伝子検査でもしてみる?と検査してみたところ、バスケ・バレーなどの球技に向いている体質であることが分かりました。

口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】

この検査結果を見て少し自信がついた様子で、高校に入ってから息子はバレー部に入りました。

高校では絶対に部活に入らない!!と心に決めていた息子

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は1年生からバレー部のレギュラーになり、厳しい練習も楽しいと言っています。

部活を辞めると決めたのはいいけど、自分は中途半端な人間だと落ち込んでいる生徒さんもいるかもしれませんが、自分が向いていない部活が分かったことは人生の大きなプラスとなっています!

まだ中学生ですので、部活を辞めた分の時間で思いっきり勉強に取り組んでみてくださいね。
底辺私立高校しか行けないと言っていたくらい落ちていた成績を爆上げしてトップ3校に合格した娘の同級生がいましたよ!

1冊やる終えるとかなり実力がアップすると塾で勧められた教材です。
時間ができたらぜひ取り組んでみてくださいね!