高校生活

キャプテンに選ばれる人に必要な性格とは?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は中学・高校とバレー部のキャプテンを務めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

親が言うのも何ですが、最初はそれはもう「キャプテンらしくないキャプテン」でした!!

むすめ
むすめ

本当にその通り!!

娘は取り立てて凄い決断力・行動力があるわけではなく、試合のときにチームメイトを率先して引っ張って行けるような積極的な性格でもありませんでした。

ではなぜ選ばれたのか?と言えば、チームメイトと交流することがとても上手で敵を作らないタイプだったからです。

娘の通っていた中学のバレー部のキャプテン決めは部員の投票でしたが、最初からキャプテンに立候補していたチームメイト2人には1票も入らず、なぜか立候補していなかった娘に部員全員の票が入ったそうです。

むすめ
むすめ

何で私なのよ?と思ったよ

ケロケロママ
ケロケロママ

部員の投票制だと敵を作るタイプの子は不利になるんだね…

幸いなことに、立候補していた2人も娘になら任せてもいいと言ってくれたそうです。

(その後はキャプテンの仕事を色々と手伝ってくれました!!)

まさに「チームメイト全員と仲が良かった」という理由だけで中学のバレー部のキャプテンに選ばれた娘でした。

ちなみに高校の時にキャプテンに選ばれた理由は「試合中に泣かないから」でした。

むすめ
むすめ

試合中に気持ちが高ぶって泣いてしまう子って多いんだよね~

さて今回のテーマの「キャプテンに選ばれる人の条件とは?」ですが、条件はそのチームによって違います。

全国制覇を目指すチームもあれば、チーム全体で仲良く1回戦を突破したいという緩く楽しく活動しているチームもあるからです。

それでも、どんなチームにいてもこれだけは絶対に外せないな…と思うキャプテンの条件を、娘の話を聞きながらまとめました。

ケロケロママ
ケロケロママ

この記事がキャプテンを目指して練習を頑張っている子の参考になれば幸いです!!

スポンサーリンク

キャプテンに選ばれる条件

中学・高校と今まで沢山のキャプテンを見て来ましたが、大きく分けて2つのタイプの子がいることが分かりました。

  1. 常にチーム全体の事を考えて動きチームメイトの相談に乗る、精神面をかわれるタイプ
  2. 自分のプレーでチームメイトを引っ張って行く、技術面をかわれるタイプ
ケロケロママ
ケロケロママ

娘は完全に1でした!!

もちろん両方を兼ね備えている万能なキャプテンもいましたが、娘はできない部分は副キャプテンやエースの子など、他のチームメイトに協力して補ってもらっていました。

むすめ
むすめ

何でも1人でやろうと気負わないで、みんなに助けてもらうように最初にお願いしておくといいよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

一人に責任を集中させず、分散させた方がいいからね!!

今まで見て来たバレーのキャプテンが持つ雰囲気

バレーが強い・上手い子よりも、チームをまとめられる・頼れるタイプの子が多かったです。

試合中の指示や選手交代など、顧問の先生に頼らず全てキャプテンが仕切っているチームもありました。

むすめ
むすめ

バレーは運動神経より経験値が必要なスポーツだからね!!

「チームメイトを叱らなければならないからキャプテンは嫌われ役になる」と聞いたことがありますが、そんなことは全くありませんでした。

むすめ
むすめ

高校では困ったことがあるとその都度、皆で話し合って解決してたからチームメイトを叱ったことなんて無かったよ~

チームメイトを叱ることは必要か?

上にも書きましたが、娘はチームメイトを叱ったことは一度も無いそうです。

むすめ
むすめ

危ないプレーをしたら注意はするけどね~

「叱り役」の子が他にいたので、どちらかと言えば叱られた子のフォローに回っていたそうです。

自分のミスで点を取られたことで叱られて泣いているチームメイトがいたら、「私が次取り返すから気にしないで!!」と声をかけている姿を何度か見かけました。

むすめ
むすめ

叱り役はチームに1人いれば十分だからね!!

キャプテンに必要な能力

バレーに限らず、チームプレイをする部活のキャプテンが必要とされる能力は最低でも以下の5点が挙げられます。

  1. チームのみんなをまとめる
  2. チームの雰囲気をよくする
  3. 練習のとき大きな声で号令や挨拶をする
  4. 先生の言うことをしっかりと聞いてチームに的確な指示を出す
  5. 試合のときは自分のプレーで率先してチームを引っ張っていく

後からでも身についた能力とは

娘は上に書いた1~4はキャプテンを続けているうちに自然と身につきましたが、5はチームのエースの子にお任せしてました。

ケロケロママ
ケロケロママ

上にも書きましたが、何でも1人でやる必要はないのです!!

キャプテンとエースの違い

キャプテンは、常に冷静な判断でコートを見る役目があります。

むすめ
むすめ

試合中なら相手コートの事もしっかり見ているよ!!

全体をちゃんと見て、ピンチの時にはピンチサーバーを入れたり、選手交代をさせたりと流れを変えるという役割があります。

キャプテンは「審判と対話できる唯一の存在」でチームの責任者なのです。

一方エースはピンチの時にボールを託せる存在です。

むすめ
むすめ

チームで一番点数を取れる人だよ!!

エースはプレイで皆を引っ張って行ってくれたり、盛り上げてくれる力を持っています。

キャプテンとエースの違いはチーム環境により千差万別ありますが、娘はずっとエースに憧れていたそうです。

ちなみに、キャプテンとエースを兼ねている子がいるチームで強いチームを私は見かけたことがありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

エースのワンマンチームになっちゃうからかな?

むすめ
むすめ

部員数が少ないと兼ねることになるかもしれないけどね!!

キャプテンに向いていない人とは?

真面目で1人で全ての悩みを抱え込む人です。

試合の失敗をいつまでも1人で抱え込んで落ち込む子にはキャプテンは向いていません。

むすめ
むすめ

特に試合中に落ち込まれると、チーム全体の空気が悪くなっちゃうからね~

試合の流れが相手チームに行っていざピンチになった時でも、サッと気持ちを切り替えて笑顔で周りを元気づけることができる、そんなメンタルの強さがキャプテンには必要です。

ケロケロママ
ケロケロママ

試合中に気分のムラを少なくすることが大事なのです!!

最後に

部活のキャプテンと聞くと、カッコいい!!とか目立ってそう!!と思うかもしれませんが、実際はかなり雑用係りです。

むすめ
むすめ

目立ちたいのならエースになることをおすすめするよ!!

朝練の日は一番に学校に行って体育館のカギを開け、帰りの戸締りをしてから帰ったり…

顧問の先生がいない日は部員全員の練習の指示を出したり…

他にも気づかれない、誰にも褒められないような雑用が多々あります。

ケロケロママ
ケロケロママ

私が一番大変だな…と思ったのは、練習や試合で何かあるとキャプテンが代表して先生に怒られることでした…

試合の後、泣きながら帰って来る日もありました。

決して楽ではないキャプテンですが、「責任感を持って最後までやり遂げる!!」という強い意志を持った子はぜひ立候補して欲しいです。

「一人はみんなのために、みんなはひとりのために」

この言葉を横断幕に入れているチームはとても多いです。

ケロケロママ
ケロケロママ

バレーは一人ではできません!!

スタメンで出ているレギュラーだけでなく、補欠の子、後輩たちの支えもあってチームが成り立っています。

キャプテンに選ばれた子は、部員全員の意見を常に聞く姿勢を忘れないで下さいね。

おすすめ記事

内容が少し重複しますが、キャプテンになりたくなかった娘の話を書きました。↓

部活動のキャプテンをやりたくなかった娘

中高生向けスポーツドリンクでパフォーマンスアップ【アスミールスポーツ】

大人気のアスミールより「中高生向けのスポートドリンク アスミールスポーツ」が
遂にデビュー!!

アスミールスポーツはスポーツ中のパフォーマンスを向上させるために、カルシウム、ナトリウム、ビタミンC、ビタミンDと成長期に必要な成分もしっかり配合、
ジュニアプロテインとして愛用いただけるスポーツドリンクです!

【美味しいグレープフルーツ味!アミノ酸やクエン酸も高配合で身体を素早く疲労回復!】


 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ