中学生活

「中学生活」子どもの部活を親が決めることについて

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

子どもたちは、小学校・中学校・高校とずっと運動部に所属していました。

娘は身体を動かすことが好きな子なので、自分で入りたい部活を選んで入部していましたが、息子は部活自体にそれほど興味がない子でした。

むすこ
むすこ

部活をやるより家でゲームをしてたいなぁ

ここで息子が「部活より勉強がしたい」と言えば、本人の意志を尊重しましたが(笑)

部活に入らないと、家でず~っとゲームをする生活になることが親として分かっていたので、「どこでも良いから運動部に入ったら?」とすすめました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験に向けて体力をつけておくといいよ~!!

むすこ
むすこ

それもそうだねぇ

いくつかの部活の見学に行き、息子が最終的に選んだのはバスケットボール部でした。

「バスケットボール部、カッコいいじゃん!!」と私も大賛成しました。

シューズや練習着を一通り揃え、練習が始まる前はそれなりにやる気を見せていた息子でした。

結論から言うと、息子は引退するまで部活を楽しむことができませんでした。

息子の性格がバスケットボール向きではなかったのが一番の原因だったと思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

ボールを奪い合うような気の強さが足りなかったです

中学3年生で引退するまで嫌々部活を続けましたが、引退した日に、
「やっと部活が終わった!!もう二度と運動部には入りたくない」と言っていました。

子どもの部活を勝手に選ぶ親は意外と多いです。

特に男の子に対しては運動部に入ることを望む親が多いです。

ケロケロママ
ケロケロママ

私も息子に運動部をすすめましたから…

本人が嫌がっているのに、無理矢理に運動部に入れる話も聞いたことがありますが、これは子育てでやったら駄目なことNo.1に匹敵します。

部活は親がやるものではありません。

子どもの意見を一番に尊重するべきなのです。

現に、息子は高校1年生になった今でも、中学時代のバスケットボール部の練習がトラウマになっています。

ケロケロママ
ケロケロママ

楽しく行って欲しかっただけなんですけどね…

今回は、うちの子たちの周りにいた「子どもの部活を勝手に選ぶ親」についてまとめます。

新一年生の部活選びの参考になれば幸いです。

なぜ運動部に入れたがるのか?

運動部に入ることで、協調性・体力・達成感・連帯感などが身に着いて、将来役に立つだろうと期待する親が多いのでは、と思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

私もそうでした!!

あとはシンプルに「男子は運動部に入って当たり前」と考える親御さんも少数ですがいました。

親がやっていたスポーツを子どもにも習わせるパターンも多かったのですが、

子どものスポーツを支えようとする余り、余計な口出しやプレッシャーを与えてしまって失敗した話も多かったです。

親の期待に応えるために、そして親の夢を叶えるためにスポーツを続ける子どものことを
「身代わりアスリート」と呼ぶそうです。

子どもは親の所有物ではないのです。

身代わりアスリートにしてはいけません!!

親が選んだ部活に入ったお友達

バスケ部を辞めたいと親に言い出せなかったS君

S君は息子のバスケットボール部の先輩です。

親に言われて渋々部活に入りましたが、チームメイトと馴染むことができず…。

中学1年生の11月頃から部活に行かなくなりましたが、それを親に言い出せず、3か月ほど学校が終わったあと公園で時間を潰す毎日だったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学生は学校帰りだと、公園くらいしか行けませんよね…

雪の降る寒い季節だったので、気づくのが遅くて可哀想なことをした、とS君のお母さんは反省してました。

S君は高校では文化部に入りました。

毎年全国大会に行くレベルのとても活動が盛んな部活です。

高校2年生になりましたが、部長になり、彼女さんもできて、とても充実した毎日を送っているそうです。

無理矢理バトン部に入れられたAちゃん

中学では美術部に入っていたAちゃんでしたが、高校では親に無理やりすすめられてバトン部に入部しました。

ダンス経験者が多い部活だったので、完全初心者のAちゃんは、毎日顧問の先生に注意されていたそうです。

むすめ
むすめ

顧問の先生に、毎日大声で名前を呼ばれて注意されていて可哀想だったよ

バトン部の隣に、娘の所属するバレーボール部の外コートがあったため全部聞こえていたそうです。

その後、Aちゃんは足が痛みが直らないという理由で部活をやめましたが、バトン部の子たちとは卒業までギクシャクした関係が続きました。

私はAちゃんは何も悪くないと思っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

嫌がるAちゃんを無理矢理バトン部に入れた親が悪いのです

厳しいテニス部に入れられた姪っ子

おっとりした性格で、楽器に興味がある姪っ子だったので、吹奏楽部に入るのかな?と思っていましたが、その高校では厳しいと有名なテニス部に入りました。

毎日の厳しい練習を頑張っていましたが、親からは勉強でも上位を取ることを強要され…

ストレスが溜まった姪っ子は、ついに親と大喧嘩して我が家に家出して来ました。

ケロケロママ
ケロケロママ

このままうちの子にしちゃう?

一瞬そんなことを思いましたが、親との話し合いの結果、テニス部はもう少し続けることになりました。

姪っ子は正直テニスのセンスはありませんが(本人も認めています)親はテニスの名門大学に入れたいと言っています。

むすめ
むすめ

大学は本人に選ばせなきゃ駄目!!勉強するところなんだから!!本気でテニスがやりたいなら、強いクラブチームに入ればいいでしょ!?

娘がそう強めに意見したところ、ようやく姪っ子の気持ちを考えるようになりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

身内ネタで失礼しました!!

文化部向きの子

S君もAちゃんも姪っ子も、全員が文化部向きの子だったと思いますが、親に無理矢理、運動部に入らされたことで失敗しました。

運動部で厳しい練習に耐えて頑張ることができるのは「目標」があるからだ、と娘がバレーボール部時代に言っていました。

むすめ
むすめ

みんなでベスト8を目指そう!!って目標があったから頑張れたんだよ!!

親に言われるがまま何の「目標」もない状態で、ただ練習が厳しいだけ運動部に入ったとしても楽しさややりがいは見つかりません。

本人が他にやりたいことがあるのなら、無理に続けさせる必要はないと思います。

息子は中学時代に部活を最後まで続けたことを、今でも後悔しています。

私も息子が嫌々行ってるのが分かっていたのに、引退するまで行かせたことに後悔しています。

息子が自分で選んだ部活

高校では茶華道部に入る!!と謎宣言をしていた息子でしたが、ある日突然

「バレーボール部に入るから、ここにサインして~!!」

と入部届を持って来たので驚きました。

息子の通う高校のバレーボール部は大人数で、それなりに強いとのことで毎日のように練習があります。

ケロケロママ
ケロケロママ

バレーボールまで嫌いになったらどうしよう?

そんな心配をよそに、息子は「練習は厳しいけど楽しい!!」と言っています。

最早、練習のために高校に通っていると言っても過言じゃありません!!

自分で納得した部活に入ることって大事だな…と改めて思いました。

最後に

「好きこそものの上手なれ」
誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。
芸事は、無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。
引用:故事ことわざ辞典

このことわざが、ものの見事に当てはまった息子です。

私にすすめられる形で入部したバスケットボール部では、一生懸命に練習することはなく、最後までレギュラーになれませんでしたが…

高校で自分から入部したバレーボール部では、帰宅した後に自主練に出かけるくらい頑張っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

夏休みには準レギュラーとして少しだけ試合に出してもらえました!!

中学時代、あんなに暗い表情で朝練に出かけていたのが嘘のように、笑顔で帰宅してその日のプレーの話を聞かせてくれる毎日です。

部活は、子ども自身が充実した高校生活を送るために必要なものなので、絶対に本人に決めさせて下さいね。

おすすめ記事

部活に入っていなくても受験に不利にはなりません!!

→ 「中学生活」部活に入らないと内申点が下がるって本当?

部活で忙しい子こそ、短時間の視聴で復習できるスタディサプリをおすすめします。
息子は毎日お世話になっています!!



コロナ渦によって活動の仕方が変わった部活も多いのではないでしょうか?

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ