高校受験

「高校受験」息子の高校受験でずっと後悔していること

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

息子は第一志望校の私立高校に落ちて、第二志望校の公立高校に入学しました。

私立高校の受験結果はこちらにまとめました。

→ 「高校受験」私立高校の受験結果が届きました!!

思えば息子の高校受験は最初から最後まで、思い通りにならないことだらけでした。

  • コロナ渦で6月まで休校になる
  • 志望校が決まらない
  • 担任の先生と気が合わない
  • 行きたくない私立高校の推薦をすすめられる
  • 3学期に内申が落ちる
ケロケロママ
ケロケロママ

テストの点数が同じクラスメイトが内申5がついていても、息子は3しかつきませんでした…。

私立高校に合格していたら、そこで受験は終了したのですが残念ながら不合格だったので…息子は公立高校の受験まで勉強を頑張ることになりました。

駄目もとで受けたので、正直受からないだろうな~と思っていましたが、息子の最後の勉強の追い込みが功を奏して、無事に合格することができました!!

ケロケロママ
ケロケロママ

部活にも入り、高校に通うのが楽しいと言ってます!!

「終わり良ければ総て良し」、と言いたいところですが…
私は息子の受験に対してずっと後悔していることがあります。

今回は息子の受験の後悔についてまとめます。

受験生をお持ちの保護者の方の参考になれば幸いです。

受験に対する後悔

志望校を決めるのが遅かったこと

ケロケロママ
ケロケロママ

志望校はできたら3年生になる前に決めておいた方がいいです!!

理由ですが、志望校が決まれば勉強に対する意識が変わるからです。

息子が志望校を決めたのは3年生の9月でした。

志望校が決まってからは勉強を頑張り出しましたが、既に1学期の内申は決まっていたので、とても不利な戦いとなってしまいました。

2年生のうちに、色んな高校の下見に出かけ、パンフレットなど取り寄せて、必要な内申の話などしっかりやっておくべきだったと後悔しました。

娘は中学2年生の時点で志望校が決まっていて、それに向かってコツコツ努力する子でした。

なので、息子も同じようにするだろうと勝手に思い込んで、私が早く動かなかったのが一番の失敗でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学生で自分だけで進路を決めれる子の方が少数派ですよね…

内申の詳細を聞かなかったこと

息子は、定期テストの合計点数が同じ子と、内申の合計が10近く違いました。

英語のテストの点数が90点以上取れても、内申は3だったり…

むすこ
むすこ

友達は同じ点数なのに5がついてたんだよ!!

提出物はしっかり出しているし、授業態度も気を付けていると息子本人は言っていましたが、最後まで内申は低いままでした。

今思えば、息子の「ちゃんとやっている」という話を鵜呑みにせずに、担任の先生に内申の詳細をしっかり聞いておくべきでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

先生に詳細を聞くことで直すべき点がはっきりしますしね!!

テストの点数がクリアできていても、

  • 授業の挙手回数が少ない
  • 提出物の質が悪すぎる

など、息子の内申の低い理由がどこかにあったはずです。

公立高校を1校受験させたこと

愛知県は公立高校を2校まで受けることができます。

実は最初は2校分の願書をお願いしていたのですが、

担任の先生から「息子くんの成績では2校とも落ちます」と言われ…

「落ちたら私立高校に行く覚悟はできているので、1校だけでも受験させて下さい」

と私が先生に頭を下げて、どうにか1校だけ受けれることになりました。

結果、その1校に合格することができ、息子と大喜びしたのですが、実は息子は当日点をかなり取れていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

塾内の最高得点が取れていたと聞きました!!

ボーダーラインから考えると、先生に言われて諦めたもう1校も「合格ライン」に達していました。

息子の内申の低さから、志望校にストップをかけた担任の先生は何も悪くありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

私が担任でも止めていたと思います!!

まだ義務教育中である、中学生の受験校の最終的な判断は親なのです。

私が最後まで2校受験すると言い張らなかったことを今でも後悔しています。

受けて落ちた後悔より、受けなかった後悔の方が大きいことを息子の高校受験で学びました。

受験中、息子に叱り過ぎたこと

娘には中学に上がってから高校生いっぱいまで、「勉強しなさい」と言ったことが一度もありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は言われなくてもこつこつ勉強する子でした!!

でも、息子は「勉強しなさい」と言われてもやらない子でした。

中学の3年間は「勉強しなさい」と言い続け、叱り続ける毎日だったので、息子はすっかり叱られ慣れてしまいました。

むすこ
むすこ

塾の先生に叱られたけどへっちゃら!!

受験が終わってから気づいたことですが、息子はちゃんと自分のペースで勉強をしてました。

公立高校の自己採点の点数を聞いて、それが分かりました。

最後まで叱り過ぎた自分を反省しています。

高校に入学した息子

第二志望の高校になりましたが、「こっちの高校に入学できて良かった!!」と言うほど楽しく学校に通っています。

息子が高校生になってから、私の心境に大きな変化がありました。

それは、「息子には失敗から学ばせたい」という気持ちです。

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強をやらないなら大学に行かなくてもいいよ!!と笑顔で言えるくらい気持ちに余裕ができました。

最後に

実は息子の高校受験で後悔しているのは私だけです。

息子に「もう1校も受験しておけば良かったと思う?」と聞いたところ、「全然思わないよ!!」と元気に返されました。

むすこ
むすこ

今の高校で友達がいっぱいできたし、部活も毎日楽しいしね!!

後悔していないのは、それだけ今が充実しているってことなのでホッとしました。

最後になりますが、愛知県の高校受験は、私立高校3校・公立高校2校受けることができます。

「内申と偏差値が足りなくて先生から止められているけど、どうしても受けてみたい」

そんな高校があるのなら、私は受けることを強くおすすめします。

息子は第一志望の私立高校はチャレンジ受験でしたが、本人なりに努力した結果不合格だったので、私も息子も全く後悔しませんでした。

むすめ
むすめ

頑張った結果駄目だったことにはちゃんと諦めがつくんだよ

娘が以前言っていた言葉は本当でした。

受験生の皆さんが少しでも悔いのない受験ができますように。

ケロケロママ
ケロケロママ

応援しています!!

おすすめ記事

公立高校の結果をまとめた記事です。

→ 「高校受験」息子の公立高校の受験結果が出ました!!

今気になっている本です。

息子が高校でもお世話になっています。絶対に解約するなと言われています。


ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ