高校受験受験結果

「高校受験」私立高校の受験結果が届きました!!

高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

息子は今週の火曜日から木曜日までの三日間、私立高校の一般入試を受けましたが合格発表は金曜日から始まりました。

むすこ
むすこ

合格発表早いね~!!

合格を知る方法は以下の4通りです。

  • QRコードで読み込む
  • 合格通知を郵送する
  • ホームページでパスワードを入れて確認する
  • ホームページで確認後、郵送が来る
ケロケロママ
ケロケロママ

上の子の時は郵送だけだったことを思うと、3年間でかなり進化しました!!

ちなみに3年前の娘の高校受験は郵送でしたが、封筒を開ける瞬間、娘の手が震えていたのを覚えています。

むすめ
むすめ

ホームページで合否の確認ができる高校もあったけどまだ少なかったよ!!

私立高校は受験してから合格発表までの期間がとっても短いです。

息子が受験した高校は、

火曜日と水曜日に受験した高校 → その週の金曜日

木曜に受験した高校 → その週の土曜日

と、ドキドキする間もないくらいの速さの合格発表でした…。

しかし私立高校は、受験後の採点が大変ですね。

受験者数の多い高校はどうやって採点してるのか気になります。

ケロケロママ
ケロケロママ

先生、寝る暇ある?

私立高校の採点方法はどこも明らかにされていませんが、

3年前、娘が受けた私立高校は内申35あればテストの点数に関係なく合格と言われてました。

でも、娘より内申が「5」低かったお友達が特待生合格をもらい、娘は一般の合格だったので、内申だけではなく、しっかり点数の確認をしていることが分かりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

特待生として合格したお友達は、合計内申は低いけど5教科の内申は高い子でした!!

たとえ内申が高くても油断することがないように、過去問を解いて受験対策をしっかりしておいて下さいね。

さて、今回は息子の私立高校の結果をまとめます!!

今回、C高校の数学がめちゃくちゃ難しかった!と息子が騒いでいましたが、娘はスラスラ解いてました。

むすこ
むすこ

さすが大学受験生!!

むすめ
むすめ

中学生の問題だから解けなきゃ困るでしょ…

スポンサーリンク

私立高校の受験結果

愛知県では私立高校は3校まで受験することが出来ます。

ただ3校受けるとなると、3日間連続で受験しなければなりませんから、中学生にとって負担がかなり大きいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

なので大抵の子は2校受験にします!!

我が家も最初は2校受験する予定でした。

ただ第一志望にしていた私立高校は、息子の担任の先生から

「推薦じゃないと絶対に受からない!」と断言されて息子が不安がっていたので、本人の希望もあり3校受験することに決めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験費用はかかるけど、本人が安心できるなら仕方ないです

さて、受験結果ですが

A高校(担任の先生から絶対に受からないと言われた私立高校)➔ 合格!!

B高校(第二希望の私立高校)➔ 合格!!

C高校(第一希望の私立高校、チャレンジ校)➔ 不合格…

第一志望に考えていたC高校は残念ながら不合格となりました。

C高校は息子より成績の良い子たちも不合格だったので、早々に諦めもついた様子でした。

ちなみに、不合格だったC高校は合格通知が郵送だったのですが、郵便を受け取った瞬間に合否が分かるくらいペラッペラでした。

開封する前から「これは絶対落ちてるわ~!!」と息子と大笑いしてしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

合格している場合は、振込用紙や案内書など一緒に入っているのでペラッペラではありません!!

私と息子が大騒ぎしている姿を見て、郵便局の方は「受け取った瞬間泣いちゃう子もいるんですよ」と複雑そうな笑顔で言っていました。

さて、合格できたA高校とB高校は同偏差値の高校ですが…

むすこ
むすこ

A高校は驚くほど試験問題が簡単で、B高校は時間が足りなくなるほど難しかったよ!!

同じくらいの偏差値の私立高校でどちらを受けるか迷ったら、過去問を見てから決めるという手があります。

ケロケロママ
ケロケロママ

国語に力を入れている高校や英語の問題がやたら難しい高校など、試験問題にかなりの違いがありますよ!!

担任の先生は…

年末に「絶対に受からない」発言をした担任の先生でしたが、年明けの息子との面談で

「A高校とB高校は合格できると思うよ」とうっかり口を滑らせたそうです(笑)

担任の先生の発言には何かとイライラさせられましたが、受験前日には

「落ち着いて受ければ大丈夫!3日間頑張って来いよ!」

と言って、息子の背中をポンと叩いて応援してくれたそうです。

担任の先生は、息子自身の普段の生活態度の悪さから「絶対に受からない」と言って来たんだろうな、と分かってました。

先生の立場上、受け持ちの生徒から不合格者を一人でも減らしたい気持ちはありますよね。

ケロケロママ
ケロケロママ

だからこそ、しつこく息子に私立推薦をすすめて来たんだと思います…

合格発表のあと、息子にそのことを話すととても反省していました。

最後に

私立高校の受験日(3日間)はとても寒い日でした。

でも、最寄りの駅に中学3年生の先生方が立っていて「頑張れよ~!!」と応援してくれたそうです。

生徒たちは受験校が違えば電車に乗る時間も違います。

ケロケロママ
ケロケロママ

寒空の下1時間くらいの間ずっと応援していてくれたのかな?

息子の受験は「私立高校の推薦」を断るところから始まりました。

行ける高校があるのかな?と不安に思い眠れない日もありましたが…

息子が志望校に向けて必死で勉強する姿を見ることが出来たので、正しい選択だったと思います。

第一志望の私立高校が合格したら受験は終わる予定でしたが、残念ながら不合格でした。

息子は最初の約束通り、第二志望である公立高校を受験することになりました!!

ケロケロママ
ケロケロママ

3月まで頑張れ!!

しかし、今年は例年なら絶対合格できるはずの子が私立高校に不合格した話を何件か聞きました。

推薦入学者の枠を広げて多く取ったことで、一般受験者の枠が減ったのかもしれません。

そのくらい今年の私立高校の推薦は大人気でした。

娘と息子、2人の受験を通して分かったことですが、高校にもご縁というものがあります。

息子のように私立高校の第一志望校に落ちてしまった子は、公立高校の受験に向けてすぐに気持ちを切り替えましょう!!

ケロケロママ
ケロケロママ

頑張った子は、ご縁のある高校に必ず入学することができます!!

さて、もう1か月、息子の受験勉強を見守る日々が続きます。

おすすめ記事

「高校受験」息子の高校受験でずっと後悔していること

やたらとチョコレートを食べたがる息子のためにまとめ買いしました!!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ