内申・偏差値

オール3の子が行ける高校のレベルとは?【愛知県の高校受験】

大学1年生の息子と高校1年生の娘がいます。

突然成績の話になりますが、息子の中学3年生の最後の内申はオール3でした。

中学2年生までの授業態度の悪さが足を引っ張り…、中学3年生になってから少しでも評価を良くしようと本人なりに頑張っていましたが、最後まで内申は上がりませんでした。

息子の内申の話はこちらにまとめてあります!!↓

「高校受験」息子の内申がどうしても上がらなかった理由

志望校選びは最後まで迷いました。

なぜそこまで迷ったかと言えば、息子は内申と模試の偏差値にかなりの開きがあったからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

模試を返却されるときに、内申合計書き間違えてないよね?と塾の先生から聞かれたことが何度もありました。

同じ内申がオール3の子同士でも、模試の偏差値は驚くほど違います。

特に男の子はうちの息子のように内申が低くつけられている子が多くいて、模試の偏差値は高い子が多かったです。

今回は息子の受験の時の体験を元に、オール3の成績の子が選んだ高校についてまとめます。

高校選びに迷っている受験生の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

オール3の子が行ける私立高校は?

一般的にオール3の子の偏差値は45前後とのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

てっきり平均ど真ん中で偏差値50かくらいかな?と思っていたのですが、それより下でした。

息子が通っていた公立中学校では、3年生の2学期にオール3(内申合計27)あれば、偏差値44~48辺りの私立高校の推薦をもらうことが出来ました。

実際、息子の周りのオール3だった友達7人中5人が、そのくらいの偏差値帯の私立高校の推薦をもらっていました。

実は息子も、48辺りの偏差値の私立高校の推薦を担任の先生からすすめられていましたが、行きたい私立高校ではなかったので丁重にお断りしました。

ちなみに、息子の通っていた中学では偏差値50~55辺りの私立高校だと内申合計が32以上は必要でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の行きたい私立高校は偏差値57以上だったのでオール4以上の生徒しか推薦はもらえませんでした!

息子の全県模試の偏差値は55くらいでしたが、英語で高得点が取れたり、全体の問題の相性が良くて点数がしっかり取れれば偏差値60を超えることがありました。

なので「当たって砕けろ!」と偏差値57の私立高校を受験させたのですが、模試の判定では合格率80%以上でしたが、残念ながら不合格となりました。

入試の自己採点では合格圏内だと塾の先生に言われてたので、内申に泣かされることになった受験でした。

他には偏差値48の私立高校を2校受験しましたが、こちらは無事合格をもらうことができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

結論:オール3の子が一般で受ける高校は48前後が最多です。

当日点だけを重視する私立高校

大学受験のごとく、愛知県内には当日点しか見ない私立高校も存在します。

ケロケロママ
ケロケロママ

そんなこと言いながら、内申の最低ラインはあるんでしょ?

私はずっとそう思っていましたが、息子の友達で「内申合計24」の子が、当日点勝負の偏差値70の私立高校に合格したので、本当に当日点だけしか見ていないことが判明しました。

ちなみに、偏差値70の高校に合格できたのに、なぜ内申合計が24だったのかを息子に聞いてみたところ、「どの授業でもずっと寝てたからね…」とのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

そりゃ内申低くなるね…。

とても賢い子で、高校でも授業を聞いているだけで完ぺきに理解できてしまうとのことで、「休憩時間に必死で勉強しているクラスメイトの気持ちが全く分からない」と言っていました。

むすこ
むすこ

一度で良いからそんなセリフ言ってみたい!!

ツッコミどころの多い友達ですが、息子ととても仲良しで時々勉強を教えてくれています。
(先生より分かりやすく教えてくれるそうです)

ケロケロママ
ケロケロママ

将来がとっても楽しみな友達です!!

オール3の子が行ける公立高校は?

愛知県では中学3年生の3学期の内申が公立高校の受験に使われます。

息子は2学期に内申を2つ上げましたが、3学期に再び2つ下がってしまったので結局オール3となりました…。

ケロケロママ
ケロケロママ

正直、受験終わった…と思いました。

最初に書いた通り、オール3の子が行けるのは「偏差値45前後」の公立高校です。

偏差値55前後の公立高校を選ぶのは息子にとっては高望み過ぎました。

なので、息子の志望校は塾の先生からは「今まで受験した子の最低内申は29でそれ以下で合格した子は一人もいません」と言われてしまいました。

息子は受験者の平均内申より6低いとのことで…模試の偏差値は十分に足りているのに、また内申が足を引っ張るのかと落ち込みました。

ただ、息子は「当日点取ってみせるから大丈夫!!」と謎の自信を持っていたので、担任の先生と塾の先生の両方から「合格は絶対に無理」と言われていましたが、私の判断でチャレンジ受験させることにしました。

ケロケロママ
ケロケロママ

結果、受験校の平均より20点近く高い点数を取れたことで無事合格することができました!!

息子の塾の友達で、受験者の内申平均が37の高校に、内申29で受験に挑んだ子がいましたが、当日点を110点中104点取って合格していました。

むすめ
むすめ

104点ってトップ校レベルじゃない?

104点取れたことを聞いて娘も驚いていました!!

公立高校を受験する際に「内申」は大きな加点要素となりますが、当日点をしっかり取れる子なら内申平均より多少低くても挑戦してみる価値はあります。

内申は最後のテストで合計が決まってしまいますが、偏差値は努力次第で受験日当日まで上がり続けます。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は塾で最後に受けた公立高校の模擬試験より入試本番ではプラス20点取れていました!!

最後に

オール3の子が行ける高校のレベルをまとめます。

内申を重視する私立高校の場合だと、偏差値44~48辺りの高校が受験する子が多いです。

公立高校だと、内申が実力相応の子は偏差値45辺りの高校を受けていましたが、上にも書いた通り「当日点次第」でもあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校の倍率も関係していますからね!!

ただこれは、愛知県の平均的なレベルの中学の目安ですのでご注意下さい。

私立でも公立でも、それ以上の偏差値の高校に挑戦することはもちろんできます。

むすこ
むすこ

当日点で勝負できる高校を選ぶことが大事だよ!!

「内申」に高校を決められてしまう悔しさはよく分かります。

息子も「あと3つ内申が上がっていれば、第一志望の私立高校に合格できたのかな…」と不合格通知を見ながら目を赤くしてつぶやいていました。

でも、終わったことを後悔していても何も始まりません。

自分の持っている内申で行ける高校を前向きに探すしかないのです。

偏差値44~48辺りで行きたい私立高校があれば推薦をもらうのもありですし、息子のように当日点で勝負して一般入試で戦う道もあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験生本人が後悔することのない志望校を選んで下さいね!!

「映像授業で本当に集中して勉強できるのか?」と心配している保護者の方へ

ご安心ください!
集中力がかなり少ない息子でも偏差値を上げることができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

5分程度なら繰り返し勉強するハードルも下がります!!

反復演習をこなすことで、模試の偏差値は順調に上がり続けました。
スタディサプリには本当に感謝しています。

スタサプ