高校受験疑問

「高校受験」合格率40%でも挑戦する?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は中学3年生の夏休み後半に行われた模試で、第一志望校の合格率が40%でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

夏休み前に受けた模試でも合格率40%だったので、全く上がっていませんでした…

夏休み直前に行われた中学校の三者面談で、担任の先生からは「もう少し頑張らないと難しいかな」と言われ…

9月に入ってからの塾の先生との面談では「このままだと第一志望校は厳しいです」とはっきり言われました。

むすめ
むすめ

もう精神的にボロボロ…

中学3年生の2学期にもなると、受験生全員が勉強を頑張り出します。

娘が皆と同じように勉強を頑張ったところで「成績を現状維持」するのが精一杯なことは、私でも簡単に予想がつきました。

ケロケロママ
ケロケロママ

塾の先生の言うことはごもっともでした!!

第一志望校は娘が中学1年生の頃からずっと行きたがっていた高校でした。

合格率50%でしたら「受けてみたら?」と背中を押してあげたのですが、2学期に入った時点で40%だと正直不安しかなく、私からは何も言うことはできませんでした。

担任の先生、塾の先生の両方から志望校を下げるよう提案されましたが、娘は最後まで第一志望校を受けることを諦めませんでした。

娘と同じように模試の判定が上がらず、志望校のレベルを下げようか?と迷っているお子さんはいますよね。

今回は、娘が合格率40%でも挑戦することに決めた理由についてまとめます。

※娘が受験していたのは「愛知県全県模試」です。合格率は全てこちらの模試を参考にしています。

スポンサーリンク

合格率40%からの挑戦

合格率40%と言うことは、単純に考えると5回に2回は受かる計算となります。

正直、落ちる確率の方が高いんです。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験するかどうかの最終的な判断は本人とご家庭次第となります。

80%でも不安になる子もいれば、30%でも挑戦する子はいます。
90%で不合格になった子もいれば、20%で合格した子も知っています。

公立高校の受験の場合、年明けから最後の追い込みをかけている子が殆どです。

この「最後の追い込み」で合格率を上げて行く子は実はとても多いです。

私は娘の夏休み中の勉強の頑張り方を見ていて、最後の追い込みをかけられるタイプだと判断しました。

担任の先生や塾の先生より、普段一番近くで我が子の勉強を見守っている大人(母親が多いんじゃないかな)が最終的に「受験させるかどうか」の判断をするのはありだと思います。

冷たい母親かもしれません

最後の模試の判定が40%でも、娘が受けたいと言うなら私は受験させました。

受験しないで後悔するよりも、頑張った結果落ちた結果なら娘の諦めもつくだろうな、と考えたからです。

受験は長い人生の通過点に過ぎません。

ケロケロママ
ケロケロママ

一生懸命に勉強を頑張った結果、不合格になったのならそれで良し!!

むすめ
むすめ

不合格になっても良し!!と言われてもなぁ~

娘からは「少しは期待してよ」と言われましたが(笑)、そのくらいの覚悟がなければ受験させる気持ちにはなれませんでした。

娘は最終的に内申を上げたことで最後の模試の合格率が80%まで上がりましたが、実際のところ模試の点数的な偏差値はそれほど伸びていなかったので、高校に入学してからとても苦労しました。↓

「高校生活」内申美人で高校に入学できた娘

公立高校は僅差の戦いです

大事なのはボーダーです

娘の受験時は、最初は合格者の内申平均、当日点平均を気にしていましたが、本当に大事なのは平均ではなく、ボーダーでした。

ボーダーラインとは、文字どおり「合格者と不合格者の境界線」のことを言います。
ボーダーラインを超えていれば合格です。

ケロケロママ
ケロケロママ

合格者最低点と考えて差し支えありません!!

合格発表前に受験者がボーダーラインを越えているかどうかはわかりません。

その年の倍率や受験者のレベルによってもボーダーは変わりますので、去年のボーダーを越えていたからと言って安心はできません。

娘の通っていた高校では、突然ボーダーが10点上がった年もあったので、例年のボーダーより20点くらい取っていないと安心はできませんでした。

チャレンジ受験する子はどのくらいいるのか?

公立高校の受験は無謀なチャレンジをする子をあまり聞いたことがありません。

確実に公立高校に入りたい子は確実に合格できるであろう安全校を受験するからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

愛知県は2校受けれるので、多少のチャレンジ受験はする子はいます!!

娘の友達で明らかに無謀なレベルの高校にチャレンジ受験した子は1人だけでした。

むすめ
むすめ

行きたい私立高校が合格していたから、公立高校は全てチャレンジ受験にしたって言ってたよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

合格してたらラッキーって感じだったのね!!

その友達は残念ながら公立高校は不合格でしたが、私立高校に楽しく通っていました。

合格率40%だった息子の受験

娘は最終的に内申を上げたことで80%まで上げることができたのですが、最後の最後まで合格率が40%だったのは実は息子でした。

息子は夏休み最後の模試の結果は25%で、最後の模試でも合格率は40%でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

しかも受験に必要な3学期の内申は過去最低となりました…

担任の先生、塾の先生の両方から「絶対に合格できない」と宣言されましたが、無謀なチャレンジ受験をした結果、見事に公立高校に合格することができました。

むすこ
むすこ

受験に合格したことを伝えに行ったら塾の先生たち全員が驚いてたよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

私も言葉には出しませんでしたが、息子が受かる確率はかなり低いと思っていました!!

息子は第一志望にしていた私立高校に落ちたことが悔しくて勉強のスイッチが入り、起きている間は、食事とお風呂以外はずっと勉強していました。

入試では塾内最高当日点が取れていたと塾の先生から言われました。
(本人の自己採点の結果です)

息子の受験では、「最後まで伸び続ける子もいる」と実感しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ラスト1か月でも本気で勉強すれば偏差値は上がり続けます!!

最後に

受験に不安はつき物です。

安全圏内の高校を受験をして、自己採点で去年のボーダーを確実に越えていたとしても、合格発表までは気を抜くことはできません。

娘と息子はチャレンジ受験だったため、受験当日は緊張で鉛筆を持つ手が震えたと言っていました。

チャレンジ受験は親子ともに精神的にとても辛い戦いです。

あまりおすすめはできません。

ケロケロママ
ケロケロママ

ストレスで1か月以上、口内炎が治らなくなりました…

それでもただひとつ言えるのは、「受験しない限り合格はしない」ということです。

受験に100%は無いので、挑戦した方がいいなんて軽はずみな発言はしません!!

それでも、受験生本人が勉強を頑張っていて「チャレンジしたい」という意思が強くあるのなら、応援してあげて欲しいな…と思います。

むすめ
むすめ

滑り止めはしっかり確保してね!!

【成績アップの新常識!リクルート【スタディサプリ小学・中学講座】】

息子が最後の追い込みで頼ったのは、塾ではなくスタディサプリでした。

むすこ
むすこ

スタディサプリの講座を見て総復習したよ!!

息子は勉強のスタートが遅すぎましたが、もっと早くから講座を見て復習をしておけば良かった、と受験が終わってから後悔してました。

  1. 圧倒的低価格、月額1,980円(税抜)!
  2. 専用教材の購入の必要なし!自宅のパソコン・タブレットが塾になる!
  3. 月額たったの1,980円でプロ講師のわかりやすい講義動画で苦手克服から学習習慣の定着ができる
  4. 今なら2週間無料でお試し可能
  5. 5教科18科目1万本以上の講義動画はいつでもどこでも見放題
  6. ドリルの正答率で、ニガテなポイントを見える化。 7.お子さまの学習記録を、保護者にお知らせする機能も充実!
ケロケロママ
ケロケロママ

有料登録を行った場合でも、最大2週間無料です!!

中学講座



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ