高校生活の悩み

高校入試終了後の点数の開示請求について調べてみました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

受験生は志望校に合格するために、来る日も来る日も遊びに行くことも、ゆっくりテレビを見ることも我慢して勉強を頑張ります。

ようやく受験が終わり、自己採点では合格圏内に入っていたのに、いざ合格発表を見に行ったら結果は不合格…。

そして何故か、自分よりかなり自己採点が低かったはずの友人が合格している…。

ケロケロママ
ケロケロママ

毎年ひとりはそんな話を耳にします…。

納得いかないのは当然です。

自分も友人も自己採点が間違ってたのかな?と親子で気になって仕方がないはずです。

そのような時のために公立高校の受験者には「試験の成績を開示請求できる権利」が存在しています。

私の娘は公立高校に推薦で合格していたのですが、一般受験で入学できる点数は取れていたのかな?と疑問に感じたことがありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

入学後の最初のテストが「ビリ」に近かったので余計にそう思いました。

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

結局、娘は開示請求はしなかったのですが、我が家のように受験後に様々な理由で「点数」を確認したいと思うご家庭はたくさんあると思います。

この記事が、「点数を調べようか、どうしようか?」と迷っている受験生や保護者の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

開示請求できる期間

開示請求できる期間は、各試験の結果を発表した当日からその翌月同日までです。
ケロケロママ
ケロケロママ

合格発表から約1か月と、とても短い期間なので早めに手続きして下さい!!

開示請求の手続きの流れですが、まずは受験した高校に電話します。

電話に出た事務所の方に「個人情報保護法に基づく成績開示請求をしたいのですが、いつまでにどのような手続きをすればよいのか教えて下さい」と質問します。

高校側は開示請求の時期と方法を決めているので、すぐに対応し手続きする方法を教えてくれます。

点数は、県立高校なら受験した高校の事務所、名古屋市立高校なら市役所で開示されます。

開示請求には正式な手続き「身分証明&受験番号の提出」が必要です。

ケロケロママ
ケロケロママ

電話越しにいきなり点数を教えてくることはないのでご安心下さいね!

教えてもらえること

開示請求ですが、受験で書き込んだ”解答用紙”を見せてもらえるわけではありません。

点数開示(各科目の点数)だけを教えてもらえます。

名古屋市の公式HPには【口頭で開示できる簡易開示】と書かれていますので、名古屋市立高校の方は市役所にて、点数だけ口頭で伝えられるのだと思います。

県立高校は、合格発表の次の日から高校の事務所に行けば教えてもらえると娘が言ってました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は現在県立高校に通っているのですが、入試終了後に、試験官の先生から開示請求についての説明があったそうです!

過去の開示請求人数

名古屋市の公式HPに載っていた 公立高校の点数の開示請求人数です。

平成28年度  9件
平成29年度 19件
平成30年度 25件
ケロケロママ
ケロケロママ

意外と少ないんですねぇ…。

塾から頼まれて開示請求するお子さんもいるそうです。

開示請求の際に分かるのは、自分の得点だけなので、他の受験生の点数を教えてもらえるわけではありません。

点数を確認したあとは…

開示された結果を見て納得できなければ、中学や高校、教育委員会などに問い合わせする必要が出て来ます。

そして最後の手段は裁判となるのですが、判決が出るまでに時間がかかります。

開示された点数を見て納得行かなければ、お子さんと「裁判を起こしてでもその高校に本当に入学する意思があるのか」を話し合う必要が出てきます。

仮に合格を勝ち取ったとしても、すでに新学期は始まってしまっている状態になりますので…。

自己採点の怪しさ

私の娘の話ですが、今まで受けた「模試の自己採点」と「実際に送られて来た模試の点数」は一度も合計点数が合っていたことがありません。

先日受けた「高校3年生のマークシート形式の模試」でも、クラス全員が自己採点を間違えていたと言ってました。

むすめ
むすめ

2点違いの子が一番自己採点が近かったと先生が言ってたよ!

高校入試は記述式の問題もあるので、記述が合っているかどうかでも点数は変わります。

(娘の通う塾では、記述式の問題は全て0点で計算するように指導されてました)

娘が高校に入学した後の話ですが「この学年は入試の漢字の間違いがとても多かった!!」と先生から言われたそうです。

実は漢字のミスで減点されていることもあるのかもしれません。

ちなみに採点ですが、教職員3人態勢で3回チェックして、最後に校長・教頭もチェックするとのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

これだけの人数で採点しているなら間違えることは無さそうですね!!

最後に

合否は入試得点のみで決まるものではないですし、得点に対しての「傾斜のかけ方」は受ける高校によって違います。

そして内申書の評定のみを参考にすることはないですし、ボーダーぎりぎりの子が何人かいた場合は、欠席日数や部活動の状況等による総合的判断もされています。

上記の点を含めて、開示請求するかどうかをお子さんとよく話し合ってください。

ここまで少し厳しめのことを書きましたが、調べてみたところ過去に開示請求によって合否がくつがえることが事実としてありました。(愛知県外の高校の話です)

ずっとモヤモヤと合否をひきずるくらいなら、点数を教えてもらってスッキリしたい気持ちはよく分かります!

私と娘も点数を教えてもらわなかったことを後悔しているので、息子の時は開示請求するぞ!!と決めています。

ケロケロママ
ケロケロママ

インターネットなどでもっと気軽に開示請求できるようになったら良いんですけどね。

学年全員で「せーの!!」で開示請求すれば、本当の合格点(ボーダーライン)も分かりますよね。

最後になりますが、結局どこに入学しても、充実した高校生活が送れるかは自分次第となります。

第一志望校に不合格になった娘の友達はたくさんいましたが、今ではどの子も楽しい高校生活を送っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

開示請求をしたらしっかり「点数」という事実を受け止め前に進んで下さいね!!

2021.8.16追記

息子の開示請求をするのをすっかり忘れていましたが…、息子の友達が開示請求を行ったので話を聞いてみました。(友達は愛知県立の高校に通っています)

開示請求は親が高校に電話で連絡してお願いしたそうです。
当日は友達一人が別室(事務室?)に呼ばれ、口頭で点数を教えてもらったそうです。

私が驚いたのは、友達の点数が塾で言われていた「ボーダーライン」を大きく下回っていたことでした。

160点取らないと入れないと言われている高校で130点で入れたくらいに大きな差がありました。

友達が最低ラインであったことは間違い無いのですが(本人もそう言ってました)公立高校はチャレンジ受験すれば、実は入れたりするのかも…なんて思いました。

ケロケロママ
ケロケロママ

その年の倍率が下がっていたのも関係していたと思いますけどね!!

娘が高校生になってからずっと購読している雑誌です。
高校受験が終わったら大学受験に向けて気持ちを切り替えましょう。