高校生活の悩み

高校生の息子に「勉強しなさい」と1年間言わずに過ごした結果を発表します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

  • 子どもに「勉強しなさい」と言うのは逆効果
  • 東大に合格する子の親は「勉強しなさい」と言わない

今まで子育てをして来てこのようなセリフは幾度となく耳にしましたし、そのようなタイトルの本も沢山見かけて来ました。

実際、親の顔色を見ているわけではなく「勉強しなさい」と言われなくても自主的に勉強する子はいます!

ケロケロママ
ケロケロママ

うちの娘がそうでした!

娘は小学1年生の頃から「宿題をやりなさい」と言う前に終わらせる子で、ピアノの練習も一度もこちらから「練習しなさい」と言ったことがありません。

学校のプリントもすぐに出しますし、明日の持ち物も寝る前までに完ぺきに揃えていたので、忘れ物をしたこともほぼありませんでした。

娘がもし一人っ子だったら、間違いなく「子どもは勉強しなさいと言わなくてもやる」と思っていたはずです。

ところが3歳差で生まれた息子は「宿題をやりなさい」「時間割を揃えなさい」「プリントを出しなさい」「水筒を出しなさい」と全てにおいて指示を出す必要がある子でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

プリントに至っては紛失していたこともありました…。

一緒に暮らしている姉弟でこんなに違いがあるのか…と驚くと同時に、「勉強しなさい」と言う・言わないは生まれつきの子どもの性格によるものが大きいことが分かりました。

小学1年生から中学3年生まで同じ指示を出し続けて来ましたが、中学を無事に卒業したある日、「息子も高校生になることだし、そろそろ自主的に勉強するべきだよね」と思い至りました。

義務教育は終わったので、高校で勉強せずに大学受験で失敗したとしても自己責任です。

そこで「高校生からは勉強しなさいと言わないよ」「勉強するために必要な塾があれば自分で探して来なさいね」「ゲームの時間は自分で決めなさい」と伝えました。

息子はこちらが口うるさく言わなくなることに最初は大喜びしていましたが、1年言わずにいたところ意外なことを言い出しました。

今回は「高校生の息子に対して勉強しなさいと1年間言わずに過ごした結果」と「勉強しなさいと言わなくなった私に対して息子が言った意外な言葉」についてまとめます。

この記事が「勉強しなさい」と言ってもやらないお子さんに困っている保護者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

勉強しなさいと1年間言わずに過ごした結果

息子が高校1年生の間、勉強しなさいと言わなかった結果ですが…

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強をやらない子は、放置するとますますやらなくなります!!

むすめ
むすめ

やっぱりね…。

息子は中学時代の内申は最悪でしたが偏差値は余裕を持って入った高校だったので、入学してすぐの実力テストや定期テストはクラスで1桁順位を取ることができていました。

「このまま勉強を頑張ってくれるといいな!」と期待していたのですが、高校1年生の2学期・3学期と成績は下がり続け、最後の定期テストでは後ろから数えた方が早いくらいの順位となり…

高校2年生の1学期の定期テストでついに赤点を取りました!

「高校生活」1学期に取ってしまった赤点は2学期に挽回できるのか?

私が以前読んだ本には「子どもを信じて温かく見守る」ことが大事だと書かれていましたが、さすがに赤点を取ると「そんな悠長なこと言ってられるかぁ!」となります。

息子を温かく見守っていたら、大学受験どころか高校を卒業できなくなってしまうことが分かりました!

ケロケロママ
ケロケロママ

仕方なく、ゲームの時間をセーブさせて再び勉強について口出しすることに決めました。

息子が言った意外な言葉

赤点を取ってからは、中学時代のように「勉強しなさい」と声をかけるようになりましたが、息子曰く

隙あらば勉強をサボろうと考えてしまうから、親から勉強しなさいと煩く言われるくらいで丁度いいんだよ」とのことでした。

むすめ
むすめ

サボらずにやれば良いだけでしょ!

さすが高校生、自己分析がしっかり出来ていて「自分のような勉強しない子どもを完全に放任しておくと大変なことになるよね、赤点取るとか!」と言っていたので笑ってしまいました。

高校生の息子に対して「勉強しなさい」と上からの物言いはしませんが、出来るだけやんわりと「実力テストまであと○○日だよ」と伝えるようにしています。

息子の場合、危機感を持たせるような言い方をすることで、「勉強しよう」と言う気になるそうです。

勉強させるための動機付けは…

夏休みに入ってすぐ、息子と一緒に大学のオープンキャンパスに出かけて来ました。

息子は大学では「データサイエンス」を学びたいと希望していますが、「建築系」や「外国語系」も面白そうだと興味津々で見学していました。

家の中でパンフレットを広げて「どの大学に進学したいのか」を話し合うよりも、大学に出かけて学生さんから直接大学生活の話を聞く方が100倍参考になります!

息子はオープンキャンパスに出かけたことで「データサイエンス以外で学びたい学部が見つかった」と嬉しそうに言っていました。

英検準1級を頑張って取っておくと受験で有利になるよ」と外国語学部の学生さんにアドバイスを貰ったので、帰宅後は早速単語帳を読んでいました!

ケロケロママ
ケロケロママ

行きたい大学の学部(ゴール)を先に決めることが勉強を頑張るための動機付けになりました!

娘の受験時から買い続けている雑誌です。

勉強しなさいではなく、勉強いつするのが正解?

「勉強しなさい」ではなく「勉強いつするの?」と子どもに選択を委ねる言い方をするのが正解と聞いたのですが…

ケロケロママ
ケロケロママ

やる気がない息子にはどんな言い方をしても無駄でした。

あらゆる「言い方」を試してみましたが、残念ながら息子には何の効果もありませんでした。

ただ、子どもによって全然タイプが違うように、この言い回しがとても効果的な子もいるはずです!

ケロケロママ
ケロケロママ

良かったら試してみてください!

最後に

息子の場合、「百の言葉より一つの行動」が合っていて、実際に大学を見学することで勉強のやる気が出た様子でした。

オープンキャンパスの帰り道に、息子と2人で遅めのランチをしたのですが、いつもはあまり進路の話をしない息子が「建築の学部ではどんなことを学べるのか?」とかパンフレットを見ながらあれこれ話してくれました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子とじっくり話す必要があるときは、家の中ではなく外に出た方が良いことが分かりました。

娘のオープンキャンパスに付き添ったときにも思いましたが、母+息子ペアでオープンキャンパスに来ている人は意外と多く見かけました!(理系の学部は母+息子ペアが多い印象でした)

ケロケロママ
ケロケロママ

うちは息子が自分から動かないタイプなので、半ば強引に連れて行くことになりましたが、共通の話題が出来たので一緒に行って本当に良かったです。

息子はビリギャルのさやかちゃんと同じ楽天家タイプなので、出来るだけ明るい未来の話をしたり、意識して褒めるようにしています。

「人間は9タイプ」を読んで受験生の息子に対する声掛けが変わりました!

息子に対して「勉強しなさい」と頭ごなしに言う事はあまりしないように気を付けているのですが、ゲームの時間があまりにも長いとチクリと言ってしまいます。

息子からは「勉強しなさい」と言ってもOKが出たので、今後必要なときはどんどん言うつもりでいます!

学習に必要な栄養素をバランス良く配合しています!!

受験までラスト3か月間息子に飲ませていたサプリメントです。
DHA・EPAが脳に必要と聞いても、毎日魚料理を食べさせるのは難しいな…と思い頼りました。
ストレス環境のサポートとして知られる「GABA」も配合されているので、私も一緒に飲んでいました。
「このサプリメントのお陰でケアレスミスが減った!」とは言いませんが、息子の集中力が高まるキッカケになってくれたかな、と思っています。

厳選した最高級の原料を使用しています!
学習アップサプリメント【Dr.Dekisugi】