中学生活の悩み

「人間は9タイプ」を読んで、息子の接し方の間違いに気づきました

大学1年生の息子と高校1年生の息子がいます。

娘は小学生の頃から家に帰るとすぐにその日貰ったプリントを出し、水筒を洗い、宿題に取り組んでから習い事や遊びに出かけて行く子でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

ピアノの練習も言われる前に毎日やっていました!!

娘に対して特別厳しくしつけをした覚えはなく、1~2回「やってね」と伝えただけで毎日やるようになりました。

そんな娘とは反対に息子は「何度言われてもやらない子」でした。

大袈裟ではなく、100回は同じ注意を繰り返し言いましたがそれでもやろうとはしませんでした。

「プリントを出しなさい」「水筒を出しなさい」「洗い物は洗濯機に入れなさい」とひとつずつ毎日言われなければ出さない息子にうんざりしてました。

ここまで毎日言わなければならないのは、息子の発達に問題があるから?と悩んだ時期もありました。

公立の小・中学校の通常の学級において、学習面又は行動面において著しい困難を示す児童生徒が6.5%程度の割合で在籍していることが文部科学省の調査において明らかになったところである。引用:文部科学省

こちらの文部科学省のデータにある通り、息子が通っていた小学校でも、クラスに1~2人は何らかの発達障害を抱えている子がいました。

発達障害と言っても症状は個人差があり、娘の友達でも、教科書の漢字は読めないけど計算がものすごく得意な子、暗記が得意で社会の教科書を隅々まで覚えれる子など様々でした。

息子にもし発達障害があるのなら、早い段階で得意・不得意を知っておきたいと思い、小学2年生の時に友人の紹介のもと発達テストを受けさせたのですが、どのテストも特に問題は見られないという結果に終わりました。

先生から「発達に問題がある子は部屋に入って来た瞬間に分かるけど、息子さんにはそれはありません」と言われて、逆に途方に暮れてしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

発達に問題がないと言う事は、育て方?それとも生まれつきの性格?

私の育て方が悪かったのかなぁ…と落ち込む日々を送っていたところ1冊の本に出会い、目から鱗が落ちました。

読んだとき、息子は中学1年生だったので「もっと早くこの本に出会いたかった!!」と思いました。

息子と同じように「何度同じ注意をされても理解してくれない子」を育てていて、程度の差はあれ悩んでいるお母さんは沢山いるのではないでしょうか?

ケロケロママ
ケロケロママ

今回ご紹介する本を読んで、お子さんとの関係が少しでも良好になってくれれば幸いです!!

スポンサーリンク

ビリギャルの著者、坪田先生の本を読んで

私がおすすめするのは、ビリギャルの通っていたカリスマ塾講師の坪田先生の本です。

実は私はビリギャルの本は1回読んだものの、あまり興味が無く…
うちの子に当てはまらない内容だな~」くらいの感想しかありませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

うちの娘はイケメン目当てで慶應受けたい!!とはならないだろうなぁ…。

なので、最初に「人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書」を本屋で見かけた時も、坪田先生の本かぁ…とそれほど期待せずパラパラっと読みました。

そこには、以下の文章が書かれていました。

日本の多くの親御さんや指導者が、相手を改善したいと思うあまり、「相手につい、自分の疑念や不満、失望の表情をぶつけ、欠点を指摘してしまいがち」であるのが、大間違いであり、逆効果である!とぜひ知っていただきたいと思います。

※この文章はAmazonの試し読みで読むことができます。

何度言っても分からない息子に、不満をぶつけたり欠点を指摘し続けている毎日に疲れていたので、この文章が心に刺さり…本を買ってじっくり読んでみることにしました。

息子のタイプを調べてみたところ、なんと!!ビリギャルのさやかちゃんと同じ「楽天家タイプ」であることが判明しました。

慌てて改めて「ビリギャル」の映画を見てみたところ、確かに息子の性格に当てはまることだらけでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

自分のタイプも調べてみたところ完璧主義者タイプでした!!

ちなみに親が完璧主義者タイプ、子どもが楽天家タイプの相性は良くないそうです(笑)

自分のタイプも調べてみて良かった~、と思いました。

何度言えばわかるのか?

「何度言ったらわかるの!」と、つい子どもに言ってしまいますが、坪田先生は200人くらいの子どもたちに実験してみたところ、平均532回でわかってもらえたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

532回も言わなきゃ駄目なの!?

「100回言っても分かってくれない」と思っていた私はまだまだ甘かったです。

この話を読んで「うちの息子は何度言ってもわかってくれない」と悲しくなっていた気持ちが「何度も言うのが普通なんだ」と分かり、ホッとすることができました。

子どもが中学生にもなると、2~3回の注意で理解してくれないとイライラしていましたが、ひたすら根気強く伝えなければならない子も普通にいると言う事が分かり、心が軽くなりました。

息子の接し方

本に書かれている対処法を100%実行できた訳ではありませんが、少しづつ親子関係は改善されて行きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は中学3年生から反抗期に入りましたが、焦らず見守ることに決めました。

最初に息子の発達を疑った話を書きましたが、私の親友は発達障害を持っていて(ADHDです)宿題や提出物を期日までに提出することが出来ない子でした。

でも友達がとても多い子で、苦手な教科はそれぞれ得意な友達に教わって勉強を頑張り、無事に大学に合格し、就職もして、今は二児の母をやっています。

娘、息子の友達も何人か成長過程で「発達障害」と診断された子がいましたが、親や周りの友達のサポートのもと、本人たちの希望する進路に進んでいます。

そんな経緯もあって、息子が「発達障害」の診断が降りたとしても、苦手な分野が分かるし、今後のサポートの仕方もわかるから助かる!!と、肯定的に受け止める気満々でした。

「診断」という形にはなりませんでしたが、息子の発達にはグレーの部分があると思っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

グレーの部分がない人の方が少数派かも!?

どんな結果であろうと可愛い息子であることには変わりませんし、今後、親としてできる限りの自立できる手助けはして行きます。

高校1年生になった今も、「プリントは?お弁当箱と水筒出して~!!」と帰宅した息子に声をかける毎日ですが、一声かければサッと持ってくるようになったので、それでいいと思っています。

「このタイプの子は就職するとしっかりするよ!!」と先輩ママさんから言われたので、その言葉を信じて子育て頑張ります。

そして家にいるあいだは、しつこく何度も言い続けます。

ケロケロママ
ケロケロママ

就職するまでに532回は軽く超えちゃいますね~!!

「9タイプ」にピタリと当てはまる人ばかりではないと思いますが、意外な結果が出るのが面白かったので、気になる方は是非、本を購入して試してみて下さいね。

こちらは英文法ノートです。
慶應に合格できる英語力が身に付くといいな…と思わず買ってしまいました。

塾はコチラです。息子も近所だったら絶対に通わせてました!!

個別を超えた「子」別指導【坪田塾】