中学生活の悩み

【書評】人間は9タイプを読んで、受験生の息子への接し方が分かりました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学1年生の息子と高校1年生の息子がいます。

娘は小学生の頃から家に帰るとすぐにその日貰ったプリントを机に出し、水筒を洗い、宿題を片づけてから習い事や遊びに出かけて行く「親に言われたことをしっかり守れる子」でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

ピアノの練習も毎日決まった時間にやっていました。

娘に対して特別厳しくしつけをした覚えはなく、1~2回「やっておいてね」と伝えただけで毎日やるようになったので、子育てはそんなものだと思ってました。(子育てを甘く見過ぎです)

ところが3学年違いで生まれた息子は「親に何度言われてもやらない子」でした。

決して大袈裟に表現しているわけではありません。

100回繰り返し毎日注意しても、机の前に大きく貼り紙をしても、プリント・水筒は出し忘れる毎日で、宿題も親が監視していないとやろうとしない子でした。

「プリントを出しなさい」「水筒を出しなさい」「(体操服など)洗い物は帰ったらすぐ洗濯機に入れなさい」毎日毎日同じことを言い続けるのにいい加減ウンザリしてました。

ここまで毎日言わなければ行動できないのは、息子の発達に問題があるから?と悩んだ時期もありました。

公立の小・中学校の通常の学級において、学習面又は行動面において著しい困難を示す児童生徒が6.5%程度の割合で在籍していることが文部科学省の調査において明らかになったところである。引用:文部科学省

こちらの文部科学省のデータにある通り、息子が通っていた小学校では、クラスに1~2人は何らかの発達障害を抱えている子がいました。

発達障害と言っても症状には個人差があり、娘の友達でも「教科書の漢字は読めないけど計算がものすごく得意な子」「計算は苦手だけど暗記が得意で社会の教科書を隅々まで覚えれる子」など様々でした。

息子にもし発達障害があるのなら早い段階で得意・不得意を知っておきたい」と考え、小学2年生の時に友人の紹介のもと発達テストを受けさせたのですが、テストの結果は年相応の発達でした。

先生からも「発達に問題がある子は部屋に入って来た瞬間に分かるけど、息子さんにはそれは無かったです」と言われて、本来なら喜ぶべき結果なはずなのに途方に暮れてしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

発達に問題がないと言うことは育て方が悪かったのかな…。

母親失格だ…と落ち込んでいたところ、偶然1冊の本が目に入り、読んでみたところ目から鱗が落ちました。

こちらの本を読んだとき、息子はすでに中学1年生だったので「息子が小学生の頃にこの本に出会いたかった!」と心の底から思いました。

この記事で紹介する本は、うちの息子と同じように「何度同じ注意をされても理解してくれないお子さん」を育てていて、毎日悩んでいる親御さんに是非読んでもらいたいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

本を読むことで、お子さんとの関わりが良好になってくれたら幸いです!

スポンサーリンク

ビリギャルの著者、坪田先生の本を読んで

私がおすすめするのはビリギャルの通っていたカリスマ塾の講師である、坪田先生が書いた本です。

実は私はビリギャルの映画を観たものの、正直内容にあまり興味がありませんでした。

当時息子は9歳・娘は12歳だったので、大学受験のことは考えておらず「ビリギャルのさやかちゃんとうちの子たちの性格は全然違うからなぁ」くらいの感想しか持てず、慶應合格なんて遠い世界の人の話だと思っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

うちの娘は「イケメン目当てで慶應受けたい!」とはならないだろうからなぁ。

なので、最初に「人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書」の本を見かけた時も、あの映画で見たビリギャルの坪田先生の本なのね…とそれほど期待せずパラパラっと立ち読みしました。

たまたま開いたページに以下の文章が書かれていました。

日本の多くの親御さんや指導者が、相手を改善したいと思うあまり、「相手につい、自分の疑念や不満、失望の表情をぶつけ、欠点を指摘してしまいがち」であるのが、大間違いであり、逆効果である!とぜひ知っていただきたいと思います。

※この文章はAmazonの試し読みで読むことができます。

何度言っても分からない息子に、不満をぶつけたり欠点を指摘し続けたりして失望し続けている毎日に疲れていたので、この文章が心に刺さり…本を買って帰ってじっくり読んでみることにしました。

家に帰って早速「息子のタイプ」を調べてみたところ(息子は嫌がらず質問に答えてくれました)なんと!ビリギャルのさやかちゃんと同じ「楽天家タイプ」であることが判明しました。

そんなことある?と驚いてもう一度「ビリギャル」の映画(録画)を見たところ、確かに息子の性格と共通しているところが数多くありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ついでに自分のタイプも調べてみたのですが完璧主義者タイプでした。

ちなみに親が完璧主義者タイプ、子どもが楽天家タイプだと相性は良くないそうです(笑)

何度言えば分かるのか?(答え:532回です!)

今まで「何度言ったら分かるの!」と息子を叱って来ましたが、坪田先生は200人くらいの子どもたちに実験したところ、平均532回で分かってもらえたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

平均532回???

「100回言っても分かってくれない」と思っていた私はまだまだ甘かったことが分かりました。

この話を読んで「うちの息子は何度言っても分からない」と悲しくなっていた気持ちが「何度も繰り返し言って伝えるのは当たり前のことなんだ」と納得したことでストンと肩の力が抜けました。

中学生になり反抗期に入った息子に対して何度も繰り返し注意することは大変でしたが、ひたすら根気強く伝えなければならないことが分かったので、堂々と何度も伝え続けました。

息子に対する接し方が大きく変わりました

本に書かれている対処法を100%実行できた訳ではありませんが、声掛けを本に書かれていた通り「褒める方向」に変えてから、少しづつ息子の勉強に対する意識が変わり始めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

何を言っても変化がなかった息子が少しでも変わったのは嬉しい変化でした!

本を読むことで「子どもに対する声掛け方法」はひとつではないことが分かり、娘は娘、息子は息子の声掛けをするようになりました。

息子の発達のことについて

息子の発達を疑った話はとても本人にとってデリケートな部分なので、実は書こうかどうしようかとても迷いました。

ただ、私の親友(発達障害・ADHDの診断済み)は宿題や提出物を期日までに提出することが出来なくて学生時代散々悩んでいましたが、苦手な教科は友達に教わって必死で勉強を頑張った結果、第一志望にしていた大学に合格して、その後就職・結婚もして、今は二児の母となっています。

そんな友達が身近にいるため、私は障害に対して全くマイナスなイメージは持っておらず、息子の検査を申し込んだときも今後の接し方を知るための「前向き」な気持ちが大きかったです。

娘、息子の友達で成長過程で「発達障害」と診断された子が何人かいましたが、親や周りの友達のサポートのもと、本人たちの希望する進路に進んでいます。

息子は「診断」という形にはなりませんでしたが、親から見て発達にグレーの部分があると感じることがあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

グレーの部分が全然ない人の方が少ないのかもしれませんけどね!

ただ、どんな息子でも可愛い我が子には変わりはありません。

高校1年生になった今も「プリントは?お弁当箱と水筒を早く出して~!!」と帰宅した息子に声をかける毎日ですが、一声かければサッと持ってくるようになりました。

532回以上声をかけ続けて来た成果がようやく出始めています(笑)

「息子くんはきっと就職するとしっかりするよ!」と先輩ママさんから言われたので、その言葉を信じて息子の自立に向けて、これからもしつこく何度も声をかけて行きます。

ケロケロママ
ケロケロママ

就職するまでに1000回は軽く超えるんだろうな!

最後に

こちらは『ビリギャル』著者の坪田信貴が塾長を務める個別指導の学習塾です。

息子は小学生の頃から、受け持ちの担任の先生次第で大きく成績が変わる子です。

坪田塾では「心理学を用いた科学的な指導メソッドを導入して、生徒さん一人ひとりのタイプに合わせて指導方法を変えている」と書かれていて、教室で大勢で受けるような大手塾のやり方が合わない息子でもきっと上手に伸ばしてくれる塾なんだろうな、と通わせたくなりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

頭ごなしに叱らない先生だと言うことは、映画を見ていれば分かりますよね!

そして何より「人間は9タイプ」に書かれていた生徒さんたちは、決して優等生ばかりではありませんでした。

教室が近くにないのが残念ですが、オンラインコースもあるので、高校2年生の夏休み中に説明会に参加します。

共通入試にも対応しています!
個別を超えた「子」別指導【坪田塾】