中学生活人間関係

休日に友達と遊びに出かけようとしなかった娘

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は中学生時代、自分から積極的に友達と遊ばない子でした!!

本人曰く、学校では沢山友達がいるから休日にまで遊ぶ必要はないとのこと。

確かに、学校のグループ決めの時は必ず誰かに声をかけてもらったので一人になることはありませんでしたが、それでもモヤモヤとした気持ちになりました。

娘は部活のキャプテンを務めていたこともあり、同級生や後輩と学校外で偶然会えば楽しそうに話してました

担任の先生からも、「友達と毎日楽しく過ごしていますよ!」と言われてたので、学校内の生活は特に心配していませんでした。

ただ、学校内では友達と楽しく過ごしている娘が、一歩学校を出ると全く出かけなくなるのが不思議で仕方ありませんでした。

ある日「たまには友達と遊びに行かないの?」と聞いてみたところ、やっぱり同じ返事が返って来ました。

むすめ
むすめ

遊びに行きたいと思えないの~

「休みの日は家でのんびり過ごしたい」と言いながら一人で録画したドラマを見ている娘…。

ケロケロママ
ケロケロママ

近所の同級生たちは、部活のない放課後や休日はお友達とワイワイ出かけているのになぁ…

せっかくのお休みに、どうして友達と出かけないんだろう?と心配ばかりしてました。

ただ、今振り返ってみると娘は中学時代は基本的に忙しく過ごしてました。

部活にクラブチームに習い事…

月にたった1~2回の何の予定も無い日は、とても貴重な1日だったことが今なら分かります。

最近、近所のお母さんから「娘がお友達と遊ばなくて心配」と相談されました。

その話を聞いて、「中学生が友達と遊ばない」のは実はよくある悩みなのかもしれないなぁと思いました。

結論を先に書くと、大学生になった娘は自分から積極的にお友達を作り、部活も掛け持ちしていて夏休みは予定でいっぱいです。

家にいる日はほとんどありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学時代の娘ともっとお出かけしておけば良かったと後悔しています!!

友達と遊びに行かない我が子に対して心配しているお母さんに、「大丈夫ですよ」の気持ちを込めてまとめます。

スポンサーリンク

中学時代のお友達

上にも書きましたが、中学生時代の娘は自分からお友達と約束してくることはありませんでした。

たま~に部活の集まりなどで声がかかって出かける日もありましたが、基本的に予定のない日は家でずっとゴロゴロして過ごしてました。

私は休みの日に全然出かけようとしない娘に対して、いつも悶々としてました。

休日はいつも友達と出かけて行くお友達の子の話を聞く度に「羨ましいな」と思ってました。

ケロケロママ
ケロケロママ

私の気持ちに変化があったのは、娘が中学三年生の受験生になってからです

常にお友達と遊んでいる子たちは、塾や図書館の自習室も友達と約束しないと出かけない子が多かったのですが、娘は誰とも約束せずひとりでサッサと出かけて行きました。

自分のやりたい時間勉強してから帰宅する娘の姿を見ていたら「お友達に必要以上に依存せず、ひとりで行動できる子で良かった」と初めて思いました。

高校受験後の春休み

公立高校の受験が終わった後の春休みは、お友達と出かける日もありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

やっとお出かけするようになって嬉しい!!

卒業旅行に行けるくらいの仲良しグループは娘には出来ませんでしたが、お友達と近所のショッピングモールにご飯を食べに出かけたりと、楽しそうに過ごしていました。

むすめ
むすめ

受験が終わった解放感もあったから出かけたくなったの!!

高校生からのお友達

高校に入学してからはお友達と出かける日が増えました。

ケロケロママ
ケロケロママ

と言っても月に2回くらいです!!

娘と似たタイプの「ひとりで行動できる」お友達がたくさんできたので、誘いやすくなったそうです。

むすめ
むすめ

高校では一緒に出かけたいと思うお友達がたくさんできたよ~

中学時代のような「家が近所やクラスが一緒」といった友達作りの縛りが一切なくなり、ようやく娘が心を許せるお友達ができました。

大学生になってからは?

大学に入学後は自分から積極的に声をかけたとのことで、たくさんのお友達が出来ました!!

むすめ
むすめ

大学で受け身では友達は出来ないから自分から声をかけてたよ!!

部活にもひとりで見学や体験に出かけ入部しましたが、娘の後に何人か入部したとのことで楽しくやっています。

学科の違うお友達とも仲良くなりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

空きコマにお友達とランチに出かけるのが楽しみの一つとのことです!!

ひとりで行動できる子は、大学に入学すると更に自由に行動することが出来るので、様々な場所で友達をすぐに作ることができます。

むすめ
むすめ

大学ではひとりの方が行動しやすいよ!!

ただ、明らかに気の合わない子には近づかないようにしているそうです。

息子の交友関係は

現在高校1年生の息子ですが、こちらもどちらかと言えば受け身な性格なのですが、何故か友達からの誘いが多い子です。

むすめ
むすめ

なんでこんなに誘いが多いの…?

ケロケロママ
ケロケロママ

いつもニコニコしていてノリがいいからかな?

むすこ
むすこ

誘われたら断らないようにしてるからだって!!

息子に対してお友達のことで悩んだことは一度もありません。

下の子なので何かと要領が良いのかもしれません。

最後に

中学時代、毎日お友達と遊ばないと満足できないタイプの子もいますが…

ケロケロママ
ケロケロママ

娘のように数か月に1回遊べば満足するタイプの子もいます!!

娘のようなタイプの子に、「遊びに出かけること」を強要すると、休みの日がただ疲れるだけで終わってしまいます。

娘が大学生になって気づいたことですが、高校・大学と友達との関わり方はどんどん変化して行きました。

なので中学の時期にずっと家にこもっていても何も心配することはありません!!

ケロケロママ
ケロケロママ

家でゆっくり過ごす時間は大切です!!

娘の友達関係の話から逸れますが…
実は私もたくさんのお友達が欲しいと思ったことがありません。

何でも話し合える友人が数人いればそれだけで十分幸せです。

職場の人間関係も深入りしないと決めていますし、家でのんびり一人で過ごすのが大好きです。

むすめ
むすめ

人のこと言えないじゃん!!

私の性格の一部分だけ娘に遺伝したのかな?

おすすめ記事

我が家の対照的な性格の姉弟の話を書きました。
男女の兄弟はいつまで仲良し!?

娘は付箋マニアです。最近のおすすめはこちらです!!

むすめ
むすめ

ノートにペタペタ貼るのが楽しいの!!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ