中学生活の悩み

休日に友達と遊びに出かけなかった娘

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は中学生時代、自分から積極的に友達と遊びに出かけない子でした!!

本人曰く、学校では沢山友達がいるから休日にまで遊ぶ必要はないとのこと。

確かに、学校のグループ決めは必ず誰かに声をかけてもらったので一人になっている様子はありませんでしたが、それでも家にいる娘を見ているとモヤモヤとした気持ちになっていました。

担任の先生からは、「友達と毎日楽しく過ごしていますよ!」と言われてたので、学校での生活は特に心配していませんでした。

ただ、学校内では友達と楽しく過ごしている娘が、一歩学校を出ると全く友達と出かけなくなるのが不思議で仕方ありませんでした。

ある日、家でノンビリ過ごしていた娘に「たまには友達と遊びに行かないの?」と聞いてみたところ、いつもと同じ返事が返って来ました。

むすめ
むすめ

休みの日にまで遊びに行きたいと思えないの~

休みの日は家でのんびり過ごしたい」と言いながら一人で録画したドラマを見ている娘…。

ケロケロママ
ケロケロママ

近所の同級生たちは、部活のない放課後や休日はお友達とワイワイ楽しそうに出かけているのになぁ…

当時は「せっかくのお休みなのに、どうして友達と出かけないんだろう?」そんな心配ばかりしてました。

ただ、今振り返ってみると娘は中学時代は基本的に忙しく過ごしてました。

部活にクラブチームに習い事…月にたった数日の何の予定も入っていない休日は、とても貴重な1日だったことが今なら分かります。

ただ、それでも「月に1回くらい友達と出かければいいのに…」と悶々としていました。

最近、近所のお母さんから「娘がお友達と遊びに行かなくて心配」と相談されました。

その話を聞いて、「中学生が友達と遊ばない」のは実はよくある悩みなのかもしれないなぁと思いました。

結論から先に書くと、大学生になった娘は自分から積極的にお友達を作り、「人並み」に遊びに出かけるようになりました!!

バイトも始めたので、家でゴロゴロ過ごす日はぼぼありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

今は中学時代の娘と過ごす時間をもっと大事にするべきだったな、と後悔しているくらいです。

今回は、友達と遊びに行かない我が子に対して心配しているお母さんに、「大丈夫ですよ」の気持ちを込めて娘の話をまとめます。

スポンサーリンク

中学時代のお友達

上にも書きましたが、中学生時代の娘は自分からお友達と約束してくることはありませんでした。

たま~に(半年に1回くらい)部活の集まりなどで声がかかって出かける日もありましたが、基本的に予定のない日は家でずっとゴロゴロ過ごしてました。

私は休みの日に全然出かけようとしない娘に対して、いつも複雑な気持ちを抱えてました。

「休日はいつも友達と出かけて行って家に全然いないの」そんな話を聞く度に「羨ましい!!」と思ってました。

ケロケロママ
ケロケロママ

私の気持ちに変化があったのは、娘が中学3年生の受験生になってからです。

常にお友達と一緒に行動している子たちは、塾や図書館の自習室も誰かと約束しないと出かけられない子が多かったのですが、娘は誰とも約束せずひとりでサッサと出かけるようになりました。

自分のペースで勉強しに自習室に出かけて行く娘の姿を見ているうちに、「ひとりで行動できる子で良かった」と初めて心から思うことができました。

高校受験後の春休み

公立高校の受験が終わった後の春休みは、お友達と出かける日もありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

やっとお出かけするようになって嬉しかったです!!

卒業旅行に行けるくらいの仲良しグループは娘には出来ませんでしたが、お友達と近所のショッピングモールにご飯を食べに出かけたりと、楽しそうに過ごしていました。

むすめ
むすめ

受験が終わった解放感もあって出かけたくなったの!!

とは言え、春休み中毎日遊びに行くようなことはなく…多くても週に2~3日程度でした。

高校生からのお友達

高校に入学してからはお友達と出かける日が増えました。

ケロケロママ
ケロケロママ

と言っても月に2回くらいです!!

娘と似た「ひとりで行動できるタイプ」の友達がたくさんできたので、誘いやすくなったとのことでした。

むすめ
むすめ

高校では一緒に出かけたいと思える友達がたくさんできたよ~!!

中学時代のような「家が近所やクラスが一緒」といった友達作りの縛りが一切なくなり、高校に入ってようやく心を許せる友達ができました。

大学生になってからは?

大学に入学後は自分から積極的に声をかけたとのことで、たくさんのお友達が出来ました!!

むすめ
むすめ

大学で受け身では友達は出来ないから、自分から声をかけたよ~!!

ここでもひとりで行動できる性格が役に立ちました。

部活やサークルもひとりで見学や体験に出かけて入部を決めて来ましたが、娘の後に1年生が何人か入部したとのことで楽しく過ごしています。

部活を通して学科が違うお友達とも仲良くなりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

空きコマにお友達とランチに出かけるのが楽しいと言ってます!!

ひとりで行動できる子は、大学に入学すると更に自由に行動することが出来るので、いろいろな場所ですぐに友達を作ることができます。

むすめ
むすめ

大学ではひとりの方が何かと行動しやすいよ!!

息子の交友関係

現在高校1年生の息子ですが、どちらかと言えば受け身な性格なのですが、何故か友達からの誘いが多い子です。

むすめ
むすめ

なんでこんなよく誘われてるの…?

ケロケロママ
ケロケロママ

いつもニコニコしていてノリがいいから?

むすこ
むすこ

誘われたら絶対に断らないようにしてるからだよ!!

息子に対してはお友達のことで悩んだことは一度もありません。

性別も関係あるのかもしれません。

最後に

中学時代、毎日のように友達と遊ばないと満足できないタイプの子もいますが…

ケロケロママ
ケロケロママ

娘のように数か月に1回遊べば満足できるタイプの子もいます!!

娘のようなタイプの子に、「遊びに出かけること」を強要すると、休みの日がただ疲れるだけで終わってしまいます。

遊びに行かない時期は私が一人で勝手に心配していましたが、上にも書いた通り、高校・大学と上がるうちに行動範囲は自然と広がって行きました。

お子さんが遊びに出かけなくて悶々として心配する気持ちはよく分かります!!

ただ、自分が望めば必ず外に出て行くようになるので、今はお子さんを急かしたりせず、長い目で見守ってあげて下さいね。

中学生のあいだ、ずっと家にこもっていても何も心配することはありません」

ケロケロママ
ケロケロママ

家でゆっくり過ごす時間は大切です!!

2022.3追記

大学生になって自由に遊びに出かけるようになった娘ですが、中学・高校と遊びに行く回数が少なかった理由を聞いてみたところ、「中学は部活が忙しくて家でノンビリ過ごしたかったけど、高校生の時は親のお金を使うのが申し訳なかった」と言われて驚きました。

むすめ
むすめ

部活のユニフォーム代や打ち上げ代も出してもらっていたしね!!

娘の中では「お小遣い = 親のお金」だったそうです。

高校生の頃はお年玉やお祝いのお金は全額渡していたので、娘はそれでギリギリまでやりくりしてました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は今、2つのバイトを掛け持ちしていて、稼いだお金で自由に遊びに出かけています。

日本最大級のマンガ(電子書籍)【eBookJapan】

・取り扱い冊数がマンガを中心に80万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービスです。
・常時2,800冊を超える、無料のマンガをお楽しみいただけます。

ケロケロママ
ケロケロママ

初回ログインの方限定!最大6回使える!【半額クーポン】配布中です!!

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!



家にいる時間、漫画を読みまくるのも贅沢で良いですね!!