高校生活

「高校生活」自分の実力より上の高校に入ったら苦労する?

以前こちらの記事に書きましたが、私の娘は「自分の実力以上の高校」に推薦で入学することができました。

入学して最初のテストは320人中294番とビリに近い状態だったので、正直高校選びを間違えたかな?と悩みました。

ケロケロママ
ケロケロママ

このまま卒業までビリかと思ってました!!

いよいよ受験シーズンが到来しましたね!

私の娘のように、実力より上のレベルの高校にチャレンジする受験生も多いのではないでしょうか。

いざチャレンジする際に心配なことは
「入学できたとしても授業について行けるのかな?」と言うことですよね!!

頑張ってギリギリ合格しても、入学してからずっとビリの成績を取り続けるかもしれない…

それくらいなら一ランク落とした高校で上位の成績を取った方が楽なのかな?

少しでも上の高校にチャレンジするべきか?
無理なく入れる高校にするべきか?

悩んでいる受験生のために娘の体験談をまとめました。

高校選びの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

実力以上の高校へ入学した娘

私の娘は推薦入学でしたが、筆記テストの自己採点では一応合格ラインは超えてました。

塾の先生からも「入学後は真ん中くらいの成績でやって行けるよ」と言われていたので安心していたのですが、最初のテストではビリに近い成績を取りました。

ケロケロママ
ケロケロママ

もう一ランク下の高校を受けさせれば良かった!と心から思いました…

そう言えば近所の先輩ママさんが…

「実力以上の高校に入れて親子で大喜びしていたのに、最初から最後までテストで常に最下位を取り続けたから高校生活が大変だったよ!」

と言っていたのを思い出しました。

常に赤点だらけで、先生のお情けでなんとか卒業できたとのこと。

娘も同じことになるのかもしれないな…と心配ばかりしてました。

高校生の勉強量は…

むすめ
むすめ

中学時代の10倍の量に感じてるよ!!

中学との最も大きな違いは、勉強すべき量が格段に増え、内容も難しくなるということ。体感としては、高校での勉強量は中学での勉強量の5~10倍ほどになります。そのため、定期テストの対策は早く始め、受験勉強も早めから意識して勉強しなければ間に合いません。
出典:高校生新聞

上記の出典にもあるように、勉強量は5~10倍になると考えておいて下さい。

高校受験は中学三年生になってから猛勉強してどうにか志望校に入れた子もいましたが、
大学受験では高校三年生になってから頑張っても手遅れになるのは勉強量からも分かります。

中学時代の10倍勉強しなければならない「高校」では、どれだけ成績に余裕を持って入学したとしても、少しの油断ですぐに成績は落ちます。

ケロケロママ
ケロケロママ

志望大学はおろか偏差値も中学時代のまま止まってしまうことがあります…

ただ、ギリギリの成績で高校に入っても心を入れ替えて1年生からコツコツと高校の勉強を
頑張れば順調に偏差値は伸び続けます。

自分よりレベルの高い高校に進学するメリット

むすめ
むすめ

周りが自分より勉強ができる子だらけだから、分からないところは
教えて貰えるよ!!

娘は第一志望校として入学しましたが、高校には第二志望校として入学している子もいます。

その子たちは本当に勉強が出来るそうで…娘は教えてもらいながらも負けなくない!と思ったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強の仕方とか、クラスメイトから常に良い刺激を貰ってました!

デメリット

自分は勉強が出来ないんだ!と思い込んでしまうことですね…。

娘のクラスメイトで最初のテストの点数が悪すぎて、そのまま不登校になり高校を自主退学してしまったクラスメイトがいました。

むすめ
むすめ

私より順位は良かったのに!

入学するために頑張り過ぎて入学後燃え尽きてしまう子も中にはいます。

高校受験がゴールではありませんので、よく考えて進路を選んで下さいね。

娘の友人の話

娘の友人は、自分よりかなり偏差値が下の高校に入学しました。

本来なら三年間上位の成績を取れたはずですが、成績に余裕があると言う油断から三年生の春まで遊んでしまい、成績も最終的には下から数えた方が早いくらいでした。

志望校の学校推薦も貰えなかったそうで…

むすめ
むすめ

少しでも上の高校を目指せば良かったと言ってたよ!

周りの環境に流されやすい子は、勉強する環境の整っている少しでも上のレベルの高校を目指したほうがいいのかもしれません。

最後に

これは私の個人的な考えですが、まだ「志望校」の段階なら自分のレベルより高い高校を目指しておくべきだと思います!!

ケロケロママ
ケロケロママ

その方が勉強頑張らなきゃ!って思えますよね!!

我が家には高校受験生の息子がいますが、願書を出すギリギリまで「レベルの高い高校」を書いて提出しています。

そして三者懇談のたびに先生に渋~い顔をされています。

ケロケロママ
ケロケロママ

志望校の変更は願書を出す前日でも大丈夫!

娘が高校に入って気が付いたことですが、
「高校」はぶっちぎりに成績がいい子もいれば、ずっとビリを取り続ける子もいます。

むすめ
むすめ

ビリでも全然気にしてない子が多いよ!!

ぶっちぎりに成績の良い子以外は、かなりの学年順位の変動があります。

そもそも入学試験に通っている時点で、その高校でやって行ける学力はあるはずなのです!!

後は自分の努力次第なんですよね。

入試に100%は存在しないので、安易に「上の高校を受けてみなよ!」なんて言えませんが…

心配事が「入学後の成績」でしたら、チャレンジするのもありだと思います。

むすめ
むすめ

私は最初は成績悪かったのに、いつの間にか成績がよくなった人って
言われてるよ!

愛知県は私立高校3校、公立高校2校受けることができますからね!!

 

我が家でお世話になっているオンライン学習システムの人気講師関正生先生と伊藤賀一先生が書いた本です。本自体は数時間あれば読めます。

ケロケロママ
ケロケロママ

読むとやる気が出る!と子どもたちが言っていました!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ