高校受験の悩み

高校入試の真っ最中に大地震が発生した場合について

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

大学3年生の娘と高校3年生の息子がいます。

年明けから大きな地震がありました。

被災した受験生たちの勉強する機会が奪われませんようにと願っています。

この記事では「高校入試の直前や真っ最中に大きな地震が発生したらどうしたらいいのか」についてまとめます。

ケロケロママ
ケロケロママ

いつ起こるか分からない災害を心配し過ぎる必要はありませんが、いざと言うときの心構えは常に持っておきましょう。

スポンサーリンク

高校入試の真っ最中に大地震が発生した場合

むすこ
むすこ

入試を受けている最中に地震が発生したらどうしたらいいの?

ケロケロママ
ケロケロママ

監督官の指示のもと避難することになるよ。

大地震なら、試験中でもすぐに避難しなければなりません。
何よりも命が大切なので。

避難したあと「中止」になるか「延期」になるかは、被害の程度や、試験の状況などで違いますが、入試において公平さは重要なので特定の人が不利にならないよう計らわれるはずです。

大学入試は各大学ごとに対応が変わると思いますが、高校入試が中止になったのなら時期をずらしてやり直すことが考えられます。

能登半島地震の高校入試の対応について

今回の能登半島地震は「受験シーズン」を直撃しています。

受験生の息子がいる母親として、被災地の受験生たちは勉強するスペースはあるのか?出願できるインターネット環境はあるのか?と心配です。

調べてみたところ、高校、中学校の入試は受験日が延長になるよう文部科学省から通知が出されていることが分かりました。

また、高校や中学校の入試は被災した受験生の状況を踏まえ
▽出願期間の延長や簡素化
▽受験日の延期
▽それに追試験の実施など受験機会の確保に向けて弾力的な対応を取り
受験生に周知するよう求めています。
引用:NHK NEWS

大学入試でも、沢山の大学で被災された方が進学を断念することのないよう対応しています。

  • インターネット環境がなく、Web出願ができない方
  • 郵送ができない方
  • 検定料の支払いができない方

このような方たちは大学の入試課に相談することで、特例措置を受けることができます。

ケロケロママ
ケロケロママ

震災が起きて出願できない状況になった場合、まずは受験する予定の大学の入試課に問い合わせしましょう。

東日本大震災が、国公立の中期後期日程の時期でした

むすこ
むすこ

他にも受験シーズンに大きな地震が起こったことはあるの?

ケロケロママ
ケロケロママ

ちょうど東日本大震災が、国公立の中期後期日程の時期だったよ。
(2011年3月11日)

国立大では後期試験(3月12日)が始まるところでしたが、被災地にある大学では後期日程は中止となり、センター試験のみで合否を判定されました。

当時の朝日新聞には私立と国公立の合計32大学で後期の入試が中止になったと書かれています。

 朝日新聞DEGITAL

ケロケロママ
ケロケロママ

東北地区の大学では、大学施設が避難所として活用され、入試どころではない状況だったので仕方がありませんでした。

被災地の大学では、新年度スタート時に開校できる状態になかったため入学もかなり遅れていたと記憶しています。

ところで、被災した地域の受験生 ⇒ 被災しなかった地域の大学を受験した場合ですが、例年通り受験は行われました。(当日受験できなかった生徒には追試験などで対応していました)

防災ボトルはご存じですか?

我が家ではダイソーグッズだけで作る「防災ボトル」を家族分作って玄関の靴箱の上に置いてあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

いざというときは持って逃げるように家族に伝えてあります。

X(旧Twitter)でこのような内容でボトルを作っている方がいました。

Amazonでも購入することができます。

うちの息子は羊羹を食べないので、代わりにチョコや飴を入れたり、小さなジップロックに小銭を入れておいたり、100均で選んだもので自分で自由に作るのも楽しいですよ。

最後に

この記事を書いている今、被災地の受験生は塾にも行けず、食料もギリギリの状態でやれるときに勉強をやっている状態だと思います。

むすめ
むすめ

静かに勉強できる環境だけでも整えてあげたいよね。

本当に微力なのですが、先月のブログの収入を寄付させていただきました。

「受験ほど平等な競争は他にない」という記事を以前読んだことがありますが、私は受験ほど不平等なものはないと考えています。

むすこ
むすこ

大学入試そのものが不平等だからね。

高い塾に毎日通わせてもらえる受験生もいれば、学校の授業だけで入試に挑む受験生もいます。

私立高校に行きたくても学費が高いという理由で公立高校にしか進学できない生徒もいます。

そしてたった今、被災地で必死に勉強している受験生もいるのです。

ケロケロママ
ケロケロママ

震災が起きたら…と不安になる気持ちは分かりますが、全ての受験生は与えられた環境で頑張るしかありません。

思えば、娘の大学受験と息子の高校受験はコロナ渦で6月まで学校は休校、塾も休みで自習室はどこも閉まっている状態でした。

何度も繰り返しますが、高校入試の真っ最中に大地震が発生した場合ですが、監督官の指示のもと避難してください。

宮城学院の公式ホームページに記載されている「学校内にいるときに地震が起こったら」に避難の方法などが書かれています。

受験生ではなくてもいざと言うときの参考になりますので、読んでおいてくださいね。

 宮城学院公式ホームページ 緊急対応ガイド

備えて安心の長期保存食です!

町内会のイベントに参加するとこちらの保存食をいただくことが多かったのですが、先日子どもたちと試しにわかめご飯とひじきご飯を食べてみたところ、とても美味しかったので、災害用に買い足しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

町内会の災害用にもこちらの長期保存食を倉庫に備蓄してあります。