高校受験の悩み

「高校受験」受ける高校のレベルを下げるのは良くないことなのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

娘の仲良しの友達は、県内トップレベルの高校を狙えるくらい成績が良い子でしたが、学校名より学びたいことを優先して志望校を決めました。

模試の偏差値70近くあった友達が、偏差値55の高校を選んだことを娘から聞いたときは、正直「勿体ない!」と思ってしまいましたが、本人はとても充実した高校3年間を送ったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校を首席で卒業したあとは専門学校に進学して、今は難関国家資格の取得に向けて毎日夜遅くまで勉強を頑張っています!

娘の友達の話を聞いたとき、高校のレベルって一体何なんだろう?と考えさせられました。

何故かと言えば、当時の私は、娘と息子に対して少しでも上のレベルの高校に入って欲しいと望んでそれを伝えていたからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

少し上のレベルの高校を常に子どもたちに勧めていました!

今回のテーマの「受ける高校のレベルを下げるのは良くないことなのか」ですが、娘は滑り止めにしていた私立高校はかなりレベルを落としていたことを思い出しました。

娘がなぜレベルを落とした私立高校を受験したのか、そして娘と同様に「高校のレベルを自ら下げて受験した友達」の話も合わせてまとめます。

高校のレベルを落とそうか迷っている受験生の志望校選びの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

受ける高校のレベルを下げるのは良くないこと?

ケロケロママ
ケロケロママ

行きたい高校があるというのは素晴らしいことです!

うちの息子はたくさんの選択肢があることで迷ってしまって自分では決められず、ギリギリまで志望校が決まらず大変でした。

息子以外でも消去法で志望校を選んだり、「みんなが行くから」という消極的な選び方をする生徒の話もよく聞きました。

まだ中学生ならそれが当たり前だと思います。

上のレベルの高校の中で必死に勉強を続けるのか、下のレベルの高校の中で楽に上位の成績をキープしながら過ごすのかで迷う人もいるかもしれませんが、人それぞれの価値観です。

最終的には保護者と受験生本人との話し合いで決めることになりますが、

レベルを下げた高校を受験することについて、保護者の方が理解して応援してくれるなら何も問題はありません。

むすめ
むすめ

自分がやりたいことが決まっている状態で進学した友達は、高校に入学してからも勉強を頑張っていたよ!

その高校を受ける目的がしっかり決まっているのなら、レベルを下げて受験することに罪悪感を抱く必要はありません。

もし上のレベルの高校に入ったとしても、入学後の成績は自分の努力次第です。↓

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

娘がなぜ高校のレベルを落として受験したのか

娘は最初から自分で公立高校を第一志望、私立高校を第二志望に考えていました。

進路希望調査票にはこのような順番で提出していました。↓

  • 第一志望校 公立○○高校  偏差値60
  • 第二志望校 私立△△高校  偏差値50
  • 第三志望校 私立◎◎高校  偏差値55

進路希望調査票を出したあと、担任の先生と、進路指導の先生から、もっと上のレベルの私立高校を滑り止めにしてみたら?と何度か勧められたそうです。

むすめ
むすめ

同じくらいの成績の子はもっと上のレベルの私立高校を受験するよ、って言われたよ。

娘は先生に、「第一志望の公立高校に落ちたら、この私立△△高校で学びたい勉強があるんです」とハッキリ伝えたところ、そこからは何も言われず応援してくれたそうです。

私は娘と一緒に私立△△高校の学校説明会に行って、娘がやりたい勉強ができる高校だということが分かっていたので、第二志望に選んだときは反対はしませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

学校説明会に出かけて高校の雰囲気をしっかり把握しておくと安心です。

「愛知県高校入試」学校説明会の日程が発表されました!!

大きくレベルを落として受験した友達の話

息子の高校の友達で地頭がとても良く、少し勉強するだけで学年一桁順位を余裕で維持できている子がいます。

むすこ
むすこ

授業だけで完全に理解できるから、家では宿題くらいしかやらないんだって!

中学時代の内申も40以上あったとのことで、第一志望校に落ちて仕方なく入学したのかな?と息子は思っていたそうですが、「最初からこの高校しか受けてないよ!」と笑って言われたそうです。

友達曰く、勉強に厳しくない自由な校風の高校に入りたかったから選んだ、とのことでした。

その友達のお兄さんも賢くて、愛知県ではトップ6に入る高校に進学しましたが、大学に行く気は最初から全くなく、模試では県内トップ大学がA判定だったにも関わらず「興味のある勉強がしたいから」と言って専門学校に進学したそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

お兄さんは航空整備士になるのが小さな頃からの夢だったので、毎日楽しく専門学校に通って勉強しているそうです!

この優秀な兄弟のお母さんは、子どもたちの進路に一度も口を出したことはないとのことで、「行きたい学校に行けばいい」と常に言われて育ったとのことです。

成績についても一度も口出しされたことがないとのことです。(優秀だから言う必要がないのかも?)

むすめ
むすめ

こんなに子どものやりたい事に理解があるお母さんって珍しいよね!

放任主義のお母さんなのかな?思ったのですが、友達が遊びに来たときに靴を揃えて上がったり、お菓子のゴミを片づけ自分で持ち帰り、挨拶をして帰る姿を見てしっかり躾をされていることが分かりました。

本当に学びたいことは何なのか?を考える

娘が通っていた高校のクラスメイトで、入学してすぐに勉強について行けなくなり、「楽しい高校だって聞いていたのに、親に騙された」と言って1カ月もしないうちにやめてしまった子がいました。

むすめ
むすめ

塾の先生と親が勧めたからこの高校を受けたのに…と言っていたよ。

中学生だと親から勧められた高校を受ける子が多いです。

むすめ
むすめ

偏差値や名前だけで志望校を決めたことで、入学後「失敗した…」と言っているクラスメイトもいたよ。

損得ではなく、本当に自分のやりたい学びがあるところに入学するのが一番理想なのですが、大学進学を目指して高校を選ぶ場合、どうしても偏差値で選んでしまい勝ちです。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子もそうでした!

娘が大学に入ってから思ったことですが、高校は通過する場所に過ぎません。

長い人生で考えて、学びたい勉強のために「通過する場所」として学ぶに相応しい高校かどうかを考えてみるのも良いですよ!

大学に入ってからやりたいことを探す?

高校選び以上に大学は「名前や偏差値」で選ぶ子が多いです。

娘も大学選びは、学部を最初に決めてから偏差値の上の大学から順番に志望校に選んでいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

そこそこ興味のある学部を選んで大学に入学する学生はとても多いのですが、それで全然OKです!

大学はいろいろなことを学ぶ学びの場です。
4年間かけて自分にとって何が興味があることなのかを、試行錯誤しながら探って行く時間だと思います。

娘はまだ就職について悩んでいる状態なので、「今は様々なことを勉強して、一つがダメでも別の道もあるという状況を作り上げておけばいいんだよ」と伝えています。

その方が、進路を決める際に柔軟に対応することができるはずです。

最後に

せっかく高校に入学しても、進級できるギリギリまでしか学校に来ない生徒もいますし、不登校になり学校をやめてしまう生徒もいます。

「学校基本調査」(文部科学省)をもとに卒業率を計算すると、2016年4月入学、2019年3月卒業の学年における全日制高校の卒業率は、約95.3%となります。ほとんどの人が3年間で全日制高校を卒業しているといえるでしょう 引用:明聖高等学校 通信高校生ブログ

逆を言えば、4.7%の生徒が卒業していないんですよね…。

娘が通っていた高校では、毎年1~2人の生徒が学校をやめていました。

息子の通っている高校でも「高校をやめたい」と言っている生徒がいるとのことで、毎日のように先生やカウンセラーの方と話し合っているそうです。

高校のレベルを下げることに関して書きましたが、実際のところ「レベルとか関係なく3年間しっかり通える高校を選んで欲しい」というのが本音です。

ケロケロママ
ケロケロママ

レベルを下げても行きたい高校があるのは素晴らしいことです!!

そして、レベルを下げて入った高校でも驚くほど賢い子がいることもあるので、油断は禁物です。

志望校を決めたなら、是非「入学式で答辞を読むぞ!」の勢いを持って受験勉強を頑張って下さいね。

見ているだけで楽しいクーポンサイトです♪

最大97%OFF!通販アイテムも充実のクーポンサイト「くまポン」