高校の志望校選びについて

「高校受験」内申が6足りなかったのに公立高校の入試に挑戦した理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

中学生時代の息子が最初に受けたいと言って志望していたのは、受験者の平均内申がオール4の私立高校でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の内申はオール3しかなかったので受ける前から結果が分かってました。

模試の偏差値は毎回60ほど取れていたので、息子は「実力だけはオール4あるはず!!」謎の自信を持って一般入試に挑みましたが、当日点は取れたものの、やはり不合格となりました。

むすめ
むすめ

いくら当日点が取れてても内申が9足りなかったら合格は絶対に無理だよ!

娘は内申が確実に合格圏内に入っている高校しか受けたことがなかったので、「よくその内申でチャレンジしようと思ったね…」と息子の行動力に呆れつつも感心していました。

娘の言う通り、内申が9足りない高校に受験する子なんて今までに聞いたことがありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

ほとんどの受験生は、娘と同じように内申・偏差値が合格圏内の高校を選びますよね!

※ちなみに息子は私立高校は内申が9足りず、公立高校は受験者平均より内申が6低い状態でチャレンジしました。

内申が9足りなくても息子が怯まずにチャレンジ受験したのはなぜなのか?そして、同じ偏差値の私立高校に落ちて公立高校には合格できた理由を下にまとめます。

これから志望校を決める受験生の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

内申が足りなくても挑戦した理由

私立高校の志望校決めの時点で、息子は自分の内申の低さについて全く気にしていませんでした。

模試では合格圏内に入っていて、過去問は8割以上問題が解けていたことから謎の自信を持っていて「当日点さえ取れれば合格できる」と思い込んでいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

内申が足りなくても挑戦した理由は息子が「アホだったから」です。

むすめ
むすめ

本当にその通り。

そして最初に書いた通り、私立高校の第一志望校は「不合格」となりました。

塾の友達で、自分より当日点が全く取れていなかった子が合格したと聞いて、息子は初めて内申の加点の重要性に気づきました。

むすこ
むすこ

もう一度中学3年生の最初からやり直したいよ!!

むすめ
むすめ

だから内申が大事だって何度も言ってたでしょ!!

実は息子は「当日点だけで合否を判断する」私立高校を受験したのですが、ちょうど息子の学年から「内申も考慮して合否判定されるようになった」と不運が重なりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

入試の点数を見る前に内申だけで落とされていた可能性が大です。

私立高校に落ちたことで初めて危機感を持って勉強するようになったので、その点だけは良かったと思っています。(危機感を持ったのが遅すぎでしたけど…)

公立高校の志望校も内申が足りませんでした

タイトルにある通り、息子は公立高校の志望校も平均内申に6足りていませんでした。

私立高校に落ちたあとの公立高校の志望校決めだったので、さすがに自分の内申の低さは自覚していましたが、模試や過去問の解いた手応えから、絶対に当日点を取れる自信があると言っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

滑り止めの私立高校は合格していたので、公立高校の志望校も本人に選ばせることに決めました。

担任の先生・塾の先生から「志望校のレベルを下げて下さい」と面談の度に言われましたが「落ちてもいいから受けさせてやって下さい」と頭を下げ続けました。

唯一大学生アルバイトの塾講師の先生だけが「模試の偏差値は十分足りているよ!自分が受けたいと思うなら諦めずに挑戦してみたら?」と息子の背中を押してくれました。

むすこ
むすこ

ひとりだけでも応援してくれる先生がいて嬉しかったよ!

息子はビリギャルのさやかちゃんと同じ「楽天家タイプ」の人間です。↓

「人間は9タイプ」を読んで、息子の接し方の間違いに気づきました

ビリギャルのさやかちゃん同様、人から煽てられると調子に乗って頑張るタイプなので「この偏差値なら当日点で挽回できるよ」とアルバイトの塾講師の先生に言われたことが嬉しくてやる気を出していました。

※息子の志望校に大反対していたのは塾長です。

そしてアルバイトの塾講師の先生が上手に褒めて息子にやる気を出させてくれたこともあり、最後まで志望校を変えることなく挑戦し、無事合格することができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子自身が最後まで合格すると諦めなかったことが合格に繋がった受験でした!

私立高校に不合格になった理由

ケロケロママ
ケロケロママ

受験した私立高校が内申を見て合否の判定をしたからです。

息子のように「内申が低くて偏差値が高い」お子さんは、当日点だけで合否の判定をする私立高校を選ぶことをオススメします。

もちろん息子も当日点だけで合否を判断する私立高校を選んだつもりでいたのですが…突然入試の制度が変わったことには対処の仕様がありませんでした。

息子のようにならないためには、内申・実力ともに確実に合格できる高校を受験しておいた方が安心です。

愛知県は私立高校を3校受験できるので、1校チャレンジ校にして、残り2校を確実に合格できる高校を受ける生徒が多くいて、息子も3校受験した結果、チャレンジ校以外の2校は合格することができたのでホッとしました。

公立高校に合格できた理由は…

すべての公立高校の一般入試では内申は必ず加点要素として使用されます。

愛知県は当日は1教科22点・合計110点なので、内申の加点がマイナスな息子にとって上積みの余地が少ないため「当日点勝負」させるのはとても不安でした。

息子の志望校ではⅢ型の当日点重視型だったので、当日点さえ取れれば内申の低さを補うことができましたが、他の受験生より最低でも12点多く点数を取るのは正直厳しいな…と思いました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験生全員が1点でも多く取ろうと毎日勉強を頑張っていますからね!

息子の場合ですが、苦手な国語で点数を落とさなかったこと得意な英語で確実に点数を取れたことが功を奏し合格に繋がりました。

娘の高校受験のときは、得意な国語で点数が取れなかったことで合計点が伸びなくて焦ったので、得意教科に頼り過ぎず「苦手教科」で1点でも多く点数を伸ばす努力をすることが大事です。

愛知県の公立高校の受験の仕組み

愛知県では各高等学校があらかじめ選択した以下のⅠ、Ⅱ、Ⅲのいずれかの方式によって校内順位が決定します。

Ⅰ ( 評定得点) +( 学力検査合計得点)       → 内申・当日点均等型
Ⅱ {( 評定得点) ×1. 5 } +( 学力検査合計得点) → 内申重視型
Ⅲ ( 評定得点) +{( 学力検査合計得点) ×1. 5 } → 当日点重視型

Ⅰ 内申書と学力検査が均等型」「Ⅱ 内申書(通知表)重視型」「Ⅲ 学力検査重視型」となりますが、偏差値50以上の大学進学を見据えている高校はほとんどⅢを取り入れています。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の受験した高校もⅢ型でした!!

2023年度の入試から以下の2つの方式が新たに加わりますが、どこの高校で採用されるのかはまだ発表されていません。 ※2022.4発表されました!

Ⅳ(内申点45×2)×2 +(当日点110) → 内申めっちゃ重視型
Ⅴ(内申点45×2)+(当日点110)×2   →  当日点めっちゃ重視型

むすこ
むすこ

当日点めっちゃ重視型ができるの?

Ⅴ型は内申が取れないタイプの子が救済される方式になりそうですね。

息子の友達には、内申が取れなかったばっかりに当日点が100点以上取れてもかなりレベルを落とした高校に進学した子がいたので、実力相応の高校を選べる子が増えるのは嬉しいです!

最後に

この記事を書きながら、常に息子の希望通りの高校を受けさせてきた私ってかなり理解のある懐の広いお母さんに見えてるんじゃない?とふと思いましたが…

実際のところ私立高校に不合格になった日は、息子の落ち込む姿を見て胃が痛くて夕飯が食べれなくなりましたし、公立高校の合格発表の2週間前からストレス性の口内炎がたくさんできて痛みで眠れなくなったくらいの超小心者です!!

ケロケロママ
ケロケロママ

ストレス性の口内炎は高校受験が終わったら自然に治りました。

合格発表の日はWebで確認するために、1時間前からパソコンの前で待機して、いざ確認するときは息子も私もマウスを持つ手が震えるくらいに緊張してました。

このように、内申が足りない状態の志望校を決めるのは本当に勇気がいることです。

いくら偏差値が高かったとしても、内申が足りていなければ志望校のレベルを落とすように先生から何度も言われるので落ち込むことだらけでした。

もしそれでも受験すると決めたなら、内申のことは考えず当日の試験で点数を取ることだけに集中して勉強をがんばって下さい。

むすこ
むすこ

1点でも多く点数を取るために過去問や参考書を何回も解く」受験当日までできることはそれだけだよ!!

Ⅲ型の当日点重視型やⅤ型の当日点めっちゃ重視型なら、当日点次第で内申の低さをひっくり返す可能性は上がります。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は塾のデータに載っている「○○高校の合格者の最低内申」を2つ低く塗り替えました!

本当に成績アップが望める教材です!

私はこのブログの記事内で紹介する教材は、本当に成績アップを望めるものだけにすると決めています。

ケロケロママ
ケロケロママ

なぜなら子どもたちが「受験」という厳しい世界で必死に戦っている姿を見て来たからです!

家計が苦しい中で努力を重ねているお子さんなら、スタディサプリだけで公立高校の上位校に入ることが可能です。

実際、塾との相性がとても悪かった息子は、中学3年生の夏休み明けからスタディサプリの勉強に切り替えたところ、模試の偏差値は順調に上がって当日点も8割を超えて取ることができました。

スタディサプリを使うコツは、分からない単元は1.5倍速にして繰り返し何度も視聴することだと息子は言っています。

むすこ
むすこ

都道府県別の公立高校対策講座もあるから、入試の前にやっておくといいよ!

自分から学習する習慣があるお子さんにとって「もっともコストパフォーマンスが高い教材」なので、少しでも興味のある方は、14日間の無料体験から始めてみてくださいね。

スタデイサプリ中学講座はコチラからどうぞ