志望校

「高校受験」行きたい高校が1校も見つからなかった息子

今年の春から高校生になった息子がいます。

息子の中学3年生の高校受験のときはそれはもう大変でした…。

担任の先生と息子の相性が悪過ぎて、そのせいで内申が上がらなかったり…成績絡みの困ったことは沢山あったのですが、

一番大変だったのは「息子の行きたい高校が1校もなかった」ことでした。

高校の見学会に行けば、行きたい高校の1校くらい見つかるのでは?と思っていたのですが、

ゴールデンウィーク明けから始まる予定になっていた高校説明会は、コロナ渦の影響で延期になってしまい、行くことが出来ませんでした。

「高校の説明会や文化祭に出かけて夏休み前までに行きたい高校を決める」そんな手段を考えていたのですが白紙になり途方に暮れました。

中学3年生の夏休み前の三者懇談では『進路希望調査表』に書いた志望校について先生と話し合うことになっていたので、私立高校と公立高校を1校ずつだけでも急いで決めなければなりませんでした。

パンフレットを広げて何度話し合っても、志望校を決められない息子だったので、「とりあえず成績のことは100%無視していいから、少しでも行きたい高校があったら教えて!!」と伝えたのですが、

むすこ
むすこ

高校生にはなりたいんだけど、特に行きたいところが無いんだよ…。

と、暖簾に腕押し状態の、何の意味もない話し合いで終わってしまう毎日でした。

高校に進学する気が無いのかな?」と思いましたが、高校をすっ飛ばして大学に進学したいと言い出していたりして、イライラして口喧嘩になる日もありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学に進学する気があるのなら普通科の高校がいいのかな?

とりあえず県内で通える範囲にある高校を全て調べよう!!」と決めて改めて息子と向き合ったところ、小さな声で意外な高校名を口にしました。

回は、息子の高校受験の志望校決めについてまとめます。

「行きたい高校が1校も見つからない」そんなことを言われて困っている保護者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

息子が行きたかった高校は?

ケロケロママ
ケロケロママ

息子が行きたかった高校は、大学が付属でついている「私立高校」でした!!

「私立高校」を志望校にすることの何がそんなに意外なの?と言われそうですが、

愛知県は伝統的に「公立高校」に進学する子が多い県なのです。

ケロケロママ
ケロケロママ

大半の公立中学校にお子さんを通わせている家庭では、私立高校は公立高校に落ちたら行かせるイメージがあります。

「公立高校の中堅~上位校は、進学実績が同偏差値の私立高校よりも良いところが多いので、多額の費用をかけてまで私立高校に行く必要はない」

そう考えているご家庭が多いですし、我が家も娘の受験時には同じ意見でした。

息子が私立のトップ校に合格できるくらいの成績を取っているなら話は別ですが、中堅進学校に入って大学を目指すなら「公立高校」で充分だと思ってました。

そんな私の考えは息子にも分かっていました。

娘が公立高校に進学したこともあり、自分だけが「私立高校に行きたい」とは言い出せなかったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

私立でお金がかかるけど、息子の第一志望の私立高校に通わせてあげたい…。

夫とも一緒に話し合った結果、

第一志望の私立高校に一般受験で合格することができたら通ってもOK!!
落ちたら公立高校を受験してもらう!!

この条件の元、息子の行きたい私立高校を受験しても良いことに決めました。

行きたい高校を受けてもいいと分かった途端、息子は勉強を頑張り出したので、もっと早く志望校の話し合いをしておけば良かったな…と思いました。

ケロケロママ
ケロケロママ

志望校は2年生の間に決めておくことをおすすめします!!

半年遅かった決断

息子が第一希望に決めた私立高校は、1学期の息子の内申では合格できないレベルの高校でした。

ただ、夏休み中に過去問を何度か解かせてみたところ、5教科全てが8割以上問題を解くことができていました。

模試でも「点数」だけなら毎回合格圏内に入っていました。

当日点で合格できるかも?と期待したのですが、残念ながら不合格となりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

内申が完全に足を引っ張った結果となりました。

本人曰く「2年生から行きたいと思っていた高校」だったそうで落ち込んでいましたが、すぐに公立高校の受験に切り替えていたので、受験したこと自体に後悔はしていない様子でした。

楽だった娘の高校受験

娘の高校受験はとても「楽」でした。

行きたい高校は最初から決まっていましたし、内申もしっかり取れていたので最終的に推薦を貰うこともできました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験生時代の娘への心配事は、体調管理くらいでした!!

私は娘の高校受験が息子にも当てはまると勝手に思い込んでいました。

「息子も中学3年生になれば、自分で志望校を決めて勉強を頑張るはず」

そんな大きな勘違いをしていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

子どもは一人一人進路の考え方が違います。

まだ中学生で、「高校」自体がどんなところか理解できていない子も沢山いるはずです。

自分で志望校を決めかねている子は早めに親が動いてあげる必要があります。

最後に

息子が志望校を決められなかったのは「公立高校に入るのが当たり前」という、親の圧力をずっと感じていたことが原因でした。

これを読んでいる受験生がいたら、行きたい私立高校があれば早めに親に相談してみて下さいね。

私立高校を視野に入れても「本当に1校も行きたい高校が見つからない!!」そんなお子さんもいるかと思います。

かなり体育会系な考え方になりますが…

見つからないのならいっそのこと、2・3ランク上の「高望みの高校」を志望校に決めてしまえばいいと思います。

夏休み前ならどこの高校を選んでも、合格する可能性は十分にあります!!

志望校がないからこそ、少しでも上のレベルの高校を目指してみませんか?^^♪

実のところ息子が行きたがっていた私立高校は、「内申的に受けても9割は合格しないだろうな」と分かっていましたが残りの1割の希望にかけて受けさせることに決めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子にも合格が難しいことは伝えてました。

「落ちる可能性が高くても挑戦だけはさせて欲しい」

そう言ってからの息子の受験勉強への頑張りは凄かったです。

最終的に、息子は第一志望にしていた私立高校に落ちましたが、第二志望の公立高校には合格することができました。

全ての受験が終わって、入学準備をしているときにこう話してくれました。

「中学2年生から自分で何か目標を決めて勉強するべきだったなぁ。行動するのが遅すぎたよ。高校では同じ間違いをしないように心を入れ替えて1年生から勉強を頑張るよ」

息子が「受験の失敗」からちゃんと学べていたことが分かって嬉しかったです。

しかし「人間万事塞翁が馬」とはよく言ったものですね。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は大学受験でリベンジできるかな?

「映像授業で本当に集中して勉強できるのか?」と心配している保護者の方へ

ご安心ください^^♪
集中力がかなり少ない息子でも偏差値を上げることができました。

なぜならスタサプは、学校の50分授業の要点をプロ講師がまとめて平均時間5分ほどに凝縮しているため、飽きっぽい息子でも最後まで集中して見ることができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

5分程度なら繰り返し勉強するハードルも下がります!!

スタンダードコースは5教科で月額2187円(税抜)なので塾と併用できました!!

スタサプ