高校受験の悩み

高校受験で失敗した友達が、大学受験でリベンジを果たしました!

高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

9月に入り、娘の通う高校では推薦型選抜の高校内の内定が決まりました。
違う高校に進学した友達からも「校内推薦が通ったよ!」と連絡が入り娘は喜んでいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

校内推薦が通るとホッとしますね!

今年は去年までの「指定校推薦」とは内容が変わって、学力テストも受ける必要があるとのことで、どの子も引き続き勉強を頑張っています。

これからは推薦試験のための準備に取り掛からなければなりません。

むすめ
むすめ

小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目のテストと準備がすっごく大変なんだって!

娘は大学は一般入試を受けるため、共通テストに向けて勉強しています。
娘の高校で大学の推薦をもらえる子は10人くらいで、成績優秀な子ばかりです。

むすめ
むすめ

推薦をもらえるのは評定がほぼオール5の子ばかりなんだよ!

さて、娘の仲良しの友達(Kちゃん)も無事に校内推薦に通ったと連絡がありました。

Kちゃんは高校受験で失敗した過去を持っていますが、進学先の高校で必死に勉強して学年1位の成績を取り続け、1つだけあった有名大学の指定校を勝ち取りました!

とても嬉しかったので本人に確認して記事にさせてもらうことにしました。

今回は高校受験で失敗しても、大学受験で見事にリベンジを果たしたKちゃんの話です。

この記事を読んで、高校受験で失敗してもその先の進路は自分次第だと気持ちを切り替えてくれたら幸いです。

スポンサーリンク

第一志望の高校に不合格になったKちゃん

うちの娘と同じ塾に通っていたKちゃんは、娘より少しレベルが上の偏差値の高校を第一志望校に決めて勉強を頑張っていました。

中学2年生の冬休みにスマホを解約して、毎日遅くまで塾で勉強する日々を送っていました。

「すごく頑張っているKちゃんだから絶対に合格しているはず!」と娘も言っていました。

ところがKちゃんは入試が終わった日に、塾に来て自己採点をして合計点を確認したあと先生に向かって「落ちました」と言って大泣きしてしまったとのことで…

娘は同じ教室にいましたが、かける言葉がなく隣に行って立っていることしかできなかったそうです。

むすめ
むすめ

何て声をかけたら良いのか分からなかったの。

第一志望校に不合格になったKちゃんは、かなりレベルを落として受験した第二志望の高校に進学することになりました。

スポンサーリンク

高校入学後も勉強を続けていました

同級生は、高校受験が終わると同時に塾をやめましたが、Kちゃんだけは続けていました。

Kちゃんの通う高校は、自由な校風の高校だったのであまり勉強熱心な子がいないとのことでした。

ただそれを逆手に取り、皆が遊んでいる高校1年生から勉強を頑張り続け、Kちゃんは評定平均5近くの成績を取り続けました。

むすめ
むすめ

土日に図書館の自習室に行くと必ずKちゃんがいたんだよ!

努力の甲斐あって、Kちゃんの最終的な評定は4.9でした。

むすめ
むすめ

家庭科だけ4を取っちゃったって言ってたよ。

塾の先生はあまり生徒を褒めない人でしたが、Kちゃんの頑張りは手放しで褒めていたそうです。

大学でリベンジを果たしました!

学年で一桁順位、そして評定4.9取れたKちゃんは、中学時代から目指していた有名私立大学の推薦型選抜の内定をこの秋貰うことができました。

娘はKちゃんから図書館の勉強中に小声でこの話を聞き、思わずキャーッと声を上げて喜んでしまったとのことで、図書館の係員さんに注意されたそうです(笑)

むすめ
むすめ

嬉し過ぎて涙が出たよ!

推薦試験の本番はまだこれからですが、図書館で小論文や英語の試験の勉強をコツコツ頑張っているKちゃんなので絶対に合格できるはずです!

➔ その後Kちゃんは無事に合格することができました。

高校は通過するだけなのか?

ケロケロママ
ケロケロママ

高校は何の為に行くのでしょうか?

大学に進学するために行くのだとしたら、高校は通過点に過ぎません。
入学した高校で、志望する大学に進学するために使える手段を出来るだけ早くから考えておいてください。

もちろんKちゃんのように「推薦型選抜(旧指定校推薦)」を貰うために高校1年生から定期テストを頑張り続けるのも、大学に入学するためのひとつの手段です!

Kちゃんは大学の内定が出たあとも、自主的に英語の勉強を頑張っていました。

むすめ
むすめ

大学に入る前に英検準1級を取るって目標を立ててたよ!

最後に

Kちゃんと同じ高校に入学した中学時代の同級生が何人かいます。

残念ながらKちゃん以外の子は勉強を頑張らなかったので「遊び過ぎちゃって行ける大学がないのよ…」と親が嘆いてました。

その話を聞いて、やはり高校生活は自分次第なんだな、と思いました。

高校受験に向けた勉強を目一杯頑張ったのに、第一志望校に不合格になってしまって、これからどうしたら良いのか分からない…そんな中学3年生もいると思います。

でも、受験勉強を頑張り抜いた子は、高校に入学してからも同じ様に頑張ることができるので、早く次の目標を決めて気持ちを切り替えてくださいね。

のんびりしていると高校3年間はあっという間に終わりますよ!

むすめ
むすめ

私もKちゃんに負けないように受験勉強を頑張るね。

娘が高校在学中にずっと購読していた雑誌です。
毎月色々なテーマで読み応えがあり勉強になりました。