高校受験の悩み

「高校受験」受験生の親をやっていて一番疲れた!と感じた日

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

今年の春まで、私はダブル受験生の母でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

年明けから3月末まで、高校受験生の息子と大学受験生の娘の入試のフォローに、ひたすら追われ続けた日々でした!

我が家の今年の1月から3月までの「入試のスケジュール」は以下の通りです。

1月中旬 娘の共通テスト

2月初め 息子の私立高校 一般入試 (3校受験)
2月末~ 娘の私立大学  一般入試 (2校受験)

3月初め 娘の国立大学  前期日程
3月中旬 娘の国立大学  後期日程
3月中旬 息子の公立高校 一般入試 (1校受験)

この合間に、娘と息子の願書の提出や2人分の保護者会がありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

2人分のインターネット願書の提出はとても時間がかかり大変でした。

2人はコロナ渦の受験生だったので、毎朝体温をチェックしたり体調管理にとにかく気を使いました。

息子の卒業式の日は、数日後に本命の公立高校の入試が控えている状態だったので、「卒業式が終わったらすぐに受験か…」と考えていたら涙は出ませんでした。

娘の卒業式では、大学受験がまだ終わっていない生徒が教室で必死に「後期試験」の勉強している姿が目に入り、別の意味で涙が出ました。

むすめ
むすめ

私もまだ終わってなかったけどね!

そんな精神的にも体力的にも忙しかったダブル受験ですが、受験期間の一年間を通して、何度か寝込む直前まで疲れが一気に出る瞬間がありました。

今回は受験期間を通じて、疲れが出た瞬間についてまとめます。

受験生のお母さんたちが、くれぐれも無理することのないようにと願います。

ケロケロママ
ケロケロママ

年明けから一気に忙しくなりますが、母も適度に息抜きしてくださいね!

スポンサーリンク

受験生の親として一番疲れた!と感じた日

受験生の親として一番疲れた日ですが、実は2日間ありました。

1日目は娘の私立大学の合格発表後(2月末)です。

私立大学の第一志望校に合格したと分かった途端、完全に気が抜けて、その日は仕事も家事も全く手につかない状態になりました。

2日目は息子の公立高校の合格発表後(3月中旬)です。

息子は担任の先生と塾の先生から「絶対に合格できない」と言われていた高校を受験したので、合格を確認してホッとしたその日の夜に熱を出しました…。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子も合格発表後に体調を崩していました。

息子の公立高校の受験1カ月前から「大きな口内炎」が口の中に5~6個できた状態で、薬を飲んでも治らなくて柔らかい物しか食べれない状態になっていましたが…

受験が終わった数日後、熱が下がると同時に口内炎も治っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

子どもたちの前では明るく笑顔で接するように心掛けていましたが、身体は正直でした。

願書を出すのも疲れる?

ケロケロママ
ケロケロママ

願書を出し終えたらホッとして気が抜けてしまった…と言っていた友達もいました!

その気持ちは本当によく分かりました!

なぜなら娘の高校受験時には愛知県内で数校しか「インターネット出願校」は無かったのが、息子の高校受験時にはほぼ「インターネット出願」となっていたからです。

むすめ
むすめ

たった3年でこんなに変わるんだね!

高校受験における「インターネット出願」は親が必要事項の入力をしなければなりません。

息子は私立高校を3校受験したので、それぞれの高校の出願要項を読みつつ入力する作業はかなり時間がかかり…本当に大変でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

そして、そんな息子の願書を上回るほど大変だったのが娘の国立大学の願書の入力でした!

国立大学の願書の入力作業があんなに大変だとは思いませんでした。

写真をスキャナーで取り込んで所定の位置に「決められた大きさ」で取り込んだ写真を貼り付けるとか、本当に難しくて…。

前期分の入力だけで2時間以上かかりました…。

実際、国立大学の願書を出しても不備があって返却される子が多かったそうです。

むすめ
むすめ

願書に不備がある場合は高校に郵送されていたよ!

国公立大学は、受験者数(倍率)を確認しつつギリギリで願書を出す生徒もいたそうですが、我が家は不備があって願書が受理されず受験できなくなる方が怖いので早めに出しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

幸い戻って来ることはありませんでした!

子どもたちのインターネット出願で失敗したこと

スポンサーリンク

合格発表後も忙しくて疲れますが…

合格発表後も、必要な用品の買い出しや入学書類の提出やらに追われて親は大変です。

それでも、入学する学校の準備のための忙しさは楽しかったです!

ケロケロママ
ケロケロママ

疲れの種類が全然違いました!

高校の制服の準備、大学の入学式のスーツの準備など、新しい生活に向けて走り回るのは全然苦にはなりませんでした。

高校で指定された入学準備品以外で購入したものをまとめました!

最後に

ダブル受験生で2人とも一般入試組、と本当に大変な1年間を過ごしました。

娘と息子の模試の結果に一喜一憂したり、志望校決めで眠れないほど悩んだり…
励ましたり、叱ったりと感情の起伏がとても激しい1年でした。

12月に入ると「目が覚めたら4月になっていて全てが終わっていないかな?」なんて寝る前に本気で考えたりしていました。

実は娘と息子は第一志望にしていた高校・大学にはご縁がありませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

2人とも第二志望の高校・大学に進学しました!

それでも息子は「この高校で部活に入れて良かった!」と毎日話しをてくれて、娘も「休みの日も大学に行きたいくらい楽しい!」と言ってます。

子どもたちが行くべき高校と大学に入ったんだな、と思っています。

受験生本人が一生懸命がんばったのなら、どのような結果であれ笑顔で「おめでとう」と言ってあげてくださいね。

 

12時間で咲く不思議な桜シリーズ【Magic桜】

入学祝にいただいたMagic桜ですが、満開になるにつれて部屋の中が明るくなりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

自分で育てる喜びと、見る楽しさ、散るはかなさを、本物そっくりに体験できます!