高校受験疑問

「高校受験」受験生の親の心が一番疲れるタイミングとは?

今年の3月まで私はダブル受験生の母でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

今年の年明けから3月末まで、高校受験生の息子と大学受験生の娘の入試のフォローにひたすら追われてました!

ちなみに我が家の1月から3月までの入試スケジュールを書きますと…

1月 娘の共通テスト

2月初め 息子の私立高校 一般入試 (3校受験)
2月末~ 娘の私立大学  一般入試 (2校受験)

3月初め 娘の国立大学  前期日程
3月中旬 娘の国立大学  後期日程
3月中旬 息子の公立高校 一般入試 (1校受験)

この合間に、娘と息子の保護者会もありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

2人分の願書の提出は大変でした…

とにかく体調管理に気を使った日々でした。

息子の卒業式では、数日後に本命である公立高校の入試が控えている状態だったので、正直涙は出ませんでした…。

娘の卒業式では、私立大学に全部落ちてしまった子が教室で必死に勉強している姿を見て、別の意味で泣けました…。

ケロケロママ
ケロケロママ

その子は無事に本命の大学に合格できたと聞いて嬉しかったです!!

とにかく忙しかった子どもたちのダブル受験ですが、受験期間の一年間を通して、何度か寝込む直前まで疲れが出る瞬間がありました。

今回は受験期間を通じて、私や周りのお母さんたちが「疲れがどっと出た」タイミングをまとめます。

受験生のお母さん、長丁場になりますので上手に息抜きして下さいね!

ケロケロママ
ケロケロママ

年明けから一気に忙しくなりますよ!!

スポンサーリンク

一番疲れが出たタイミングは?

私が一番「疲れた」と感じたタイミングは

娘は私立大学の合格発表後(2月末)

息子は公立高校の合格発表後(3月中旬)

でした。

娘の場合、本命の私立大学に合格したと分かった途端に気が抜けて、その日は仕事も家事も手に付きませんでした。

息子の受験した公立高校は担任の先生から絶対に合格しないと言われてました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の受験番号を見つけてホッとして、その日の夜に熱を出しました…

ちなみに息子の公立高校の受験前から口内炎が出来てなかなか治らなかったのですが、受験が終わったらすぐに治りました。

子どもたちの前では常に明るく笑顔で接していましたが、身体は正直だなぁ…と思いました。

周りのお母さんの話では…

私と同じで受験終了後のタイミングで疲れが出たと言っているお母さんが多かったです。

ケロケロママ
ケロケロママ

願書を出し終えたらホッとして気が抜けてしまったと言っているお母さんもいました!

その気持ちはよく分かります!!

なぜなら息子の私立高校の願書は「インターネット出願」だったからです。

むすめ
むすめ

私の時は愛知県内でも数校しか「インターネット出願」は無かったのにね…

紙で出す願書の場合、中学校の指導の元自分で記入して提出していたので親としては大変楽でした。

でも自宅のパソコンで必要事項を入力する「インターネット出願」は親の手伝いが必須です!!

息子は3校受験したので、それぞれの高校の出願要項を読みつつ入力する作業は本当に大変でした…。

ケロケロママ
ケロケロママ

そして、そんな息子を上回るほど大変だったのが娘の国立大学の願書提出でした!

まさか、大学の願書の入力があんなに大変だとは思いませんでした。

写真を取り込んで所定の位置に決められた大きさで貼り付けるとか…

ある程度パソコンに詳しく無いと難しいですよね!?

前期分の入力だけで2時間近くかかり、かなり疲れました。

実際、願書を出しても願書に不備があって戻される子も多かったそうです。

むすめ
むすめ

願書に不備がある場合は高校に郵送されるよ!

国公立大学は、受験者数を調べつつギリギリで願書を提出する子もいるそうですが、我が家は不備があって受験できなくなるのが怖いので早めに提出しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

幸い一発OKでした!!

入学後した後も

合格発表後、入学する高校・大学が決まった後は必要な用品の買い出しやら、入学書類の提出やらに追われて大変です。

入学後もしばらくは落ち着かない日々でしたが、受験生をフォローする精神的な疲れとは違い、入学準備を楽しむ「充実した疲れ」でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

疲れの種類が違います!!

最後に

娘も息子も、結果としては第二希望の高校・大学に入学しました。

むすこ
むすこ

行きたかった私立高校に落ちたから公立高校を受験したんだよ!

むすめ
むすめ

国立大学に落ちて私立大学に行くことになりました!

そんな2人ですが、学校は楽しくて仕方が無いとのことです!!

「中学時代は楽しいことが何も無かった」と言っていた息子は、毎日嬉しそうにその日あった部活の話をしてくれます。

娘は色んな学科のお友達が出来たとのことで、オンライン授業が終わったらランチに出かける約束をいっぱい入れています。

2人とも、「この学校以外に通う生活なんて考えられない!」と言っているのが不思議です。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験期間中は、完全に子ども中心に動いていました!

私がそうしたかったからです。

でも、先日子どもたちに「お母さんは自由になる」宣言をしました。

そしてお互いに出来る範囲で家事をやることに決めました。

「大学を卒業して就職したら一人暮らしをしたい」と言っている娘には料理もしっかりやらせています。

むすめ
むすめ

親子丼が作れるようになったよ!

息子も県外の大学に進学するなら一人暮らしになります。

もしかしたら4年後には2人ともこの家にはいないのかな?

受験のフォローで疲れて大変!と思っていた日々が懐かしく感じられる日がすぐに来るのかもしれません!!

 

子どもたちが家を出たら猫を飼おうと決めています。

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ