大学受験

「大学受験」大学に全落ちしたしたら直ぐにやるべきこと

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は模試では常にA判定で、担任の先生からも「ここなら絶対に合格できます」と言われていた私立大学に落ちました。

「大学受験」娘がA判定だった滑り止めの大学に落ちた話です

一番最初に結果が届いた大学だったので、この偏差値の大学に落ちたなら他の大学なんて絶対に合格できないんじゃない?と不安で仕方がありませんでした。

幸い、私立大学の中の第一志望校に合格できたので、安心して国立大学の入試に挑めましたが、最初の「合格通知」を見るまでは眠れない日々を送りました。

ケロケロママ
ケロケロママ

2021年度の受験は本当に厳しかったです…

娘以外にも、「絶対に受かると思っていた私立大学」に落ちてしまった子はいました。

2月末の時点で7人のお友達が、大学の合格通知をもらえていない状況でした。

3月最初の週に高校の卒業式がありましたが、その日でも教室で黙々と勉強しているお友達がいたそうです。

7人のお友達とは、卒業式以来会っていませんでしたが、この夏休みに久しぶりに集まって近況報告をし合ったそうです。

今回は、大学に全落ちしてしまったお友達がその後に選んだ進路についてまとめます。

受験生の参考になれば幸いです。

大学に全落ちした後にやるべきこと

娘が私立大学に落ちた時、私が考えた進路は以下の4つでした。

  • 私立大学の後期試験を受ける
  • 興味のある専門学校に進学する
  • 就職先を探す
  • 浪人する

私立大学の後期試験を受ける

私がまず最初に考えたのは、私立大学の後期試験でした。

娘は滑り止めの大学に落ちたショックで頭が真っ白になっていました。

「前期に受けた全ての大学の結果が出そろってから考える」と言いましたが、待っている間にも申し込みが締め切りになってしまう大学がありました。

動かない(動けない?)娘の代わりに私が後期に受けれる大学を全て調べました。

「私立大学 後期試験 日程」と入力するとまとめてくれているサイトが出て来ます。

私が参考にしたのはコチラのサイトです。 → Kei-Net大学検索システム

Kei-Net大学検索システムを使った検索のやり方です。

  1. 「大学所在地から探す」をクリックして県を選択
  2. 出てきた大学名をクリック
  3. 一般選抜の入試日程をクリック

あとは興味のある学部で入試(後期試験)の日程と出願の締め切り日を調べました。

※他にも色々な検索のやり方があります。

ケロケロママ
ケロケロママ

最新情報を知るためにも、必ず大学WEBサイトをチェックして下さいね!!

娘が「行ってもいい」と興味を持ちそうな大学の後期試験を片っ端から検索して洗い出し、一覧表にしてまとめました。

調べていて気づいたことですが、後期試験のある私立大学は思った以上に沢山ありました!!

ちなみに娘は「落ちた大学の後期試験」は絶対に受けない!!と言ってました。

興味のある専門学校に進学する

約30年前の私の話ですが、大学に全て落ちたので仕方なく専門学校に進学しました。

そこで気づいたのですが、専門学校は職業訓練校のようなものでした。

毎日、資格取得のための勉強をする日々で、キャンパスライフなんてものは存在しませんでした。

最初から学びたいことがハッキリしていて専門学校を選ぶのなら何も問題はありませんが、一度でも大学を目指した子に専門学校は、正直おすすめ出来ません。

ケロケロママ
ケロケロママ

専門学校のお友達と、毎日「大学生はいいな~」なんて話をしてました!!

専門学校の話はこちらにまとめました。

→ 「高校からの進路選択」大学ではなく専門学校を選ぶことについて

就職先を探す

娘の高校から就職した子はいるのかな?と探してみたのですが、過去5年間のデータでは就職者はゼロでした。

卒業してから就職した子は「浪人」と書かれているのかもしれません。

大学に全て落ちたあと就職を探すことになると3月後半になるので、ほとんどの企業では採用選考が終わっている状態です。

大企業への就職は望めません。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校生で就職する子は10月には決まっていますしね。

もし娘が就職を選ぶのなら、とりあえずフリーターをやらせて、9月から始まる「地方初級公務員試験」を受けさせるかなぁ…と思いました。

浪人する

浪人を選ぶ子が圧倒的に多いのですが、娘には断固拒否されました。

「会社の同期が1学年下になるのは嫌」とのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

女の子の1学年差は大きいですよね…

お友達が決めた進路は…

卒業式の時点で7人のお友達の進路が決まっていない状態でした。

7人のその後の進路についてまとめます。

A君(後期試験を受けて補欠合格)

後期試験を受けて補欠合格になったA君は、浪人覚悟で待つことに決めたそうです。

その結果、3月末に繰り上げ合格の連絡が届きました。

むすめ
むすめ

ほとんど繰り上げ合格しない大学だったから、大喜びしていたよ!!

4月から念願の大学に通っています!!

B君(私立大学後期試験も全落ち、北海道の公立大学に進学)

私立大学の前期・後期ともに全部落ちたB君でしたが、共通テストでA判定だった北海道の公立大学を受験したところ、見事合格しました!!

親は県内の私立大学に進学して欲しかったそうですが、本人は意気揚々と北海道に旅立って行ったそうです。

むすめ
むすめ

4月なのに雪が降っている写真が届いたよ~

C君(自宅浪人生)

親からのすすめで浪人を選んだC君ですが、金銭的負担を考えて夏期講習までは自宅で勉強することに決めたそうです。

むすめ
むすめ

浪人生活中に行きたい大学が変わったんだって!!

ケロケロママ
ケロケロママ

じっくり進路について考えたんだろうね!!

D君(予備校に通う浪人生)

前期試験で合格した大学はあったけど、本当に行きたい大学ではなかったので浪人することに決めたD君。

むすめ
むすめ

東京の私立大学を志望しているんだって!!金持ちだ~!!

予備校で勉強を頑張っていて、久しぶりに友達と会ったと喜んでいたそうです。

Eさん(看護大学に落ちて看護専門学校へ)

看護大学に全て落ちてしまい、看護専門学校に進学したEさん。

看護師になるための勉強を頑張っているそうです。

むすめ
むすめ

講師の先生がすっごく優しくて、クラスに男の子が3人もいるんだって!!

男性看護師さんは年々増えているそうです!!

Fさん(4年制大学に落ちて2年制大学へ)

行きたかった4年制大学に落ちてしまったので、その大学が提携している2年制大学(短期大学)に進学したFさん。

行きたかった大学に3年次編入できる制度があるとのことで、編入試験に向けて勉強を頑張っているそうです。

むすめ
むすめ

成績上位者は短大から推薦してもらえるんだって!!

とても勉強熱心なFさんだったので、編入できると思います!!

Gさん(家事手伝い→予備校へ)

ずっと連絡が取れず、誰に聞いても行方が分からなかったGさん。

大学に全部落ちたあと、誰とも連絡を取らず家に引きこもっていたそうです。

親も温かく見守ってくれたとのことで、7月から予備校に通って来年の受験に向けて頑張り出したとのこと。

むすめ
むすめ

Gちゃんはとても成績の良くて努力家だったから、次こそは志望する大学に行けるはず!!

まだ完全に傷は癒えていないとのことで、娘を含めて2人しか連絡を取っていないとのことでした。

大学に落ちた傷はなかなか癒えるものではありませんが、私の経験上、時間が解決してくれます。

ケロケロママ
ケロケロママ

来年には満面の笑顔で大学に通っていて欲しいです!!

3月に連絡があった繰り上げ合格

大学側は、合格者の入学金の振り込み具合を見て、「補欠合格」や「後期試験の合格者」の人数を決めます。

そして入学者の人数が足りなかったのか、3月中旬に繰り上げ合格の連絡があった大学がありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

補欠合格の通知も入っていなかったので、突然の合格の連絡に驚きました!!

実は娘が第一志望にしていた私立大学より偏差値が少し高い大学だったので、思わず「こっちの大学にする?」と聞いてしまいました。

娘はその大学の雰囲気が全然合わなかったと言っていたので、残念ながらお断りしました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学に通うのは娘ですからね!!

娘の周りでは、生徒数の多い大学から3月になると繰り上げ合格の連絡が来た、と言う話を何件か聞きました。

娘のように補欠の用紙が入っていなくても、突然連絡が来ることがありますので、外出する際は必ず留守電をセットしておいて下さい。

最後に

受験に絶対はありません。

「滑り止め」の大学に落ちた娘でしたが、その日はずっと泣いていて、2~3日ふさぎ込んでしまい話ができませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

普段は心臓に毛が生えてるの?と思うくらいにメンタルの強い娘でもそんな状態になりました…

大学に落ちると、子どもはショックでふさぎ込んだり、熱を出したりする場合もあります。

そんな時は親が最大限のフォローができるように、前もって「不合格」だった場合の対策を考えておいて下さい。

子どもが泣く姿を見ているとこちらも辛くなりますが、時間は待ってくれません。

私も心の中で泣いて、娘の前ではひたすら作り笑いをしてました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験する大学は、後期試験まで調べておくことをおすすめします!!

おすすめ記事

あらゆる可能性を考えておくべきですね。↓

「大学受験」思ってもみなかった大学に進学すること

押し付けがましくなく、サラッと読めるから疲れている時におすすめです!!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ