疑問大学受験

「大学受験」最初から浪人を視野に入れるのは?

高校三年生の娘がいます。

秋になり、毎週のように模試が行われています。

結果を見て一喜一憂する日々です。

今年の受験生は、コロナ渦による休校があったので成績が伸びるのは
11月に入ってから!

そう先生に言われたそうですが、全員勉強を頑張っているこの時期から
「判定」を上げるのは至難の業だと娘は実感しています。

とある名古屋市内の進学校では、
「4年かけて行きたい大学に行くのが当たり前」

とのことで…

学年の半分近くは浪人すると聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ある意味恵まれている子たちよね…

だって予備校代も高いですよー!!

ちなみに娘の通う高校では、浪人する子は少ないです。

むすめ
むすめ

浪人は絶対におススメしない!って先輩たちから言われたよ~

正直、この秋までは「現役でどこか入れる大学に行くのが当たり前!」
と私も娘も考えていました。

でも、毎日勉強を頑張っていても第一志望の大学の模試の判定が厳しい
状況が続いていて、落ち込んでいる娘を見ると「浪人してもいいからね!」

と言いたくなりました。

私立大学の入学定員の厳格化が行われたりと、一般受験組には滑り止めの
大学も年々厳しい状況となっています。

私立大学6校受けたけど、5校落ちて最後の1校でどうにか合格できた!
と喜んでいた先輩もいたそうです。

むすめ
むすめ

今までなら合格できたはずの大学に落ちる先輩が多数いたよ…

もちろん、他人事ではありません!
今まで考えたことも無かった「浪人」について本気で調べてみました。

スポンサーリンク

浪人する人の割合は?

浪人率のデータです。

文部科学省の「学校基本調査」のデータを参考に見てみると、2018年度の大学現役進学の割合は79%、浪人生は21%。つまり全国の大学生の5人に1人は浪人生という結果が出ています。
さらに男女別に見てみると、男性の現役進学率75%、浪人生は25%。女性の現役進学率84%、浪人生は16%と男性の方が浪人生率が10%も高くなっており、4人に1人が浪人生という高い数値になっています。
出典:エデュナビ

私の学生時代は3人に1人は浪人していた記憶があります。
浪人する子は減ってるんですね。

ケロケロママ
ケロケロママ

東京藝術大学美術学部の現役合格者数は
約3割程度なんだって!

むすめ
むすめ

浪人して入るのが当たり前の大学もあるのね…

東京藝術大学の受験のリアルが詳しく書かれている漫画です。
絵が上手なだけでは入れない大学なんですね。

浪人中の生活

・予備校に通う
・自主的に勉強する(自宅浪人)

この二択になりますね。

予備校に通った場合、年間60万~100万かかるそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

模試代と季節講習代は含まれていないよ!

浪人すると成績が上がる?

「大学受験」は小学校~高校までの12年間の集大成を測るもの、
と考えています。

ここで1年間プラスして頑張ったところで、大きく成績は変わる
のかな?と前々から疑問でした。

ちょうど娘の通う高校が「現役合格」を目指す校風なので
浪人することで今より偏差値を大きく伸ばすことが出来るのか?

娘から先生に質問して貰いました。

塾の先生
塾の先生

浪人生でも、現役の時に勉強を頑張った子と頑張らなかった子がいます。当たり前ですが、「頑張らなかった子」は浪人すれば成績は伸びますよ。

むすめ
むすめ

確かにそうですね。
でも、浪人して真面目に勉強することで偏差値は上がりますよね?
更に上の大学を目指せたりするんじゃないですか?

塾の先生
塾の先生

実際のところ、浪人して第一志望の大学に合格できる子は少ないんです。この高校の生徒(浪人生)では、せいぜい1割くらいかな…
それもあって高校では「現役合格」に拘るんですよ!

1割は大袈裟じゃない?と思ったので、様々なサイトで検索してみましたが
浪人生が第一志望の大学に合格できる割合は、やはり1割~2割とのこと。

ケロケロママ
ケロケロママ

浪人生にとっても受験は厳しい世界なのね…

BFの大学は本当に誰でも入れるのか

偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
出典:河合塾Kei-Net

それ以外にも
・偏差値35未満の大学
・定員割れにより、偏差値が算出できない大学

以上の大学もBF(ボーダーフリー)大学と呼ばれます。

「誰でも入れるか?」に対しての答えは、

ケロケロママ
ケロケロママ

落ちることもあります!

河合塾のサイトにも「不合格者数が少ないため」と書いてありますが、少なくても
不合格者はいるってことなんです。

とは言え、定員割れしている大学なら受験者全員入れるところもある様です。

ただ、将来的に間違いなく「無くなる大学」ですよね…。

夫の話では、中小企業なら高卒も大卒も「生涯賃金」は変わらないそうです。
大金を払って行く価値がある大学なのか、よく考える必要がありますね。

後期まで頑張る覚悟

むすめ
むすめ

部活の先輩が後期試験まで頑張ったけど落ちちゃったんだって…

ケロケロママ
ケロケロママ

それは残念だったね…

むすめ
むすめ

でも、最後まで頑張ったから悔いはないって言ってたよ。
第一志望の大学じゃないけど楽しむ!って気持ちを切り替えてた!

ケロケロママ
ケロケロママ

後期試験は狭き門だけど、先輩のように挑戦してみるのもいいね!

むすめ
むすめ

3月まで勉強しなくちゃいけないから大変だけどね~!

最後に

タイトルにした「浪人を視野に入れて大学を受験するのはあり?」
ですが、調べて行くうちに「なし!」になりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

最初から「浪人」覚悟で勉強するのは甘えが出ると言う
理由もあります!

まずは合格する気持ち全開で受験して、ダメだったらその時に考えよう
くらいが丁度良いのかな?

 

推薦で大学が決まったと言う話を聞くと、頑張って一般受験することに
価値があるのかな?と悩むこともあるそうです。

そんな時、林修先生の本を読んで励まされたと娘が言っていました。
「受験する意味」を教えてくれる本です。

合格が全てじゃない、そう言った考えを持った予備校の講師は少ない
んじゃないかな?

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ