高校の志望校選びについて

「高校受験」塾に行かないと高校の情報が得られない?

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

娘がまだ中学生の頃、先輩ママさんたちから「中学校は高校の情報を教えてくれない。高校受験は塾の情報がないと厳しいよ」と聞いていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は塾に行きたくないと言っていましたが、高校の情報を得るために必要だからと説得して塾に入れました。

結論から先に書きますと、娘にとって塾は「学力アップの場」ではありましたが、「塾に行かないと情報が得られなくて不利になる」と言うことは一切ありませんでした。

そして塾に頼らなくても自分が動くことで充分に情報を得ることができました!

どのようにして情報を得たのかは下にまとめますね。

スポンサーリンク

中学で得られる高校の情報

娘の通っていた中学では、2年生と3年生で1回ずつ「進路説明会」が開かれていました。

中学校の前年度の進路実績を教えてくれたり…
近隣でよく進学している高校の先生が来て簡単な特色の説明をしてくれたり…

それ以外には就職に関する説明もされました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大体が渡されたプリントに沿った内容でした。

個人的に近隣の高校には何人くらいの生徒が進学しているのか、とか高校の偏差値(必要内申)などの情報を知りたかったのですが、残念ながらそのような情報は教えてもらえず、毎回「高校説明会や個別相談に行ってくださいね」とアナウンスされて終わりでした。

各クラスに高校の校風・生徒数・部活の数・大学の進学実績が書かれている分厚い本は置かれていましたが、高校の公式ホームページを検索すれば分かることくらいしか書いてありませんでした。

中学の先生からは、明らかに偏差値の足りていない志望校についてのダメ出しはされましたが、娘の成績や性格から高校を選んで勧めて来ることは一切ありませんでした。

基本、中学は行きたい高校があったら自分で調べておいてくださいね、と言った姿勢でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学では高校の細かい情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

塾が持っている高校の情報

中学とは違い、塾は高校の情報をしっかり持っていました。

教室の壁には県内の高校の最新の偏差値一覧が貼られていましたし、定期的に受けている模試を参考にして、志望校に対する合格率の判断もしてくれました。

塾のどんなタイプの子がどんな高校に合格したのか話してくれたり、
普通科以外の学科にも興味があると言えば、授業のカリキュラムなどを資料を出して来て教えてくれました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ただ、娘が実際に知りたいことはもっと細かい情報でした。

娘は高校では塾に通わず自分で勉強したいと言っていたので、勉強に厳しい高校に入りたいとずっと言っていました。(私とは高校の選び方が正反対でした)

  • 自分が行きたいと考えている大学に進学している生徒は毎年何人いるのか?
  • 入学後どの程度の生徒が塾に通っているのか?
  • 希望すればどの程度高校の補習を受けることができるのか?
  • 長期休みの補習の日数はどのくらいあるのか?
  • 毎日出される宿題の量はどのくらいあるのか?

これらの娘が本当に知りたい情報は塾ではひとつも得られませんでした。

むすめ
むすめ

宿題は多い・長期休みの補習あり、とかザックリと教えてもらえたんだけどね!

なので娘は実際に高校に行き、在校生や先生に話を聞いて情報を得ていました。

塾の情報が間違っていたこともありました

息子の高校受験時の話です。

息子は国際教養科に入ることを希望していたのですが、塾の先生から「普通科とそこまでカリキュラムが違わないよ」と言われたので、迷った上で普通科を選択しました。

ところが入学してから話を聞いたところ、とても手厚く英語の勉強を教えてもらえた上、資格取得も積極的に行っていることが分かりました。

むすこ
むすこ

高校説明会に行ってしっかり話を聞いておけば良かったよ。

息子の高校受験ではコロナ渦による休校で、高校説明会が本格的に始まったのは秋からと遅かったので、行くタイミングが上手く合いませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

国際教養科の説明会は定期テストと重なっていたので断念しました。

息子の第一志望校は私立高校だったので、まぁいいか…と公立高校の情報収集を怠ったのは大失敗でした。

都合が合わなくて高校説明会に行けなかったけど情報を知りたい場合、その高校に通っている生徒さんに話を聞くのが一番です!

ご近所などで通っている生徒さんがいないか探してみてくださいね。

むすめ
むすめ

高校説明会より有益な情報を沢山得られるよ!

娘の高校の情報の集め方

娘が本当に行きたい高校は1校だけでした。

なので、娘はその高校の学校説明会に足を運び、自分が興味のある部活を見学して、校内にいる先生に直接質問をしていました。

ただそれだけでは足りなかったとのことで…平日の夕方、塾に行く前に高校まで足を運び(家から自転車で5分の距離の高校でした)

高校まで行って校門から出て来た生徒のお姉さんに質問して来たよ!」と聞いたときはさすがに驚きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の質問に優しく答えてくれた高校の生徒さんたち、本当にありがとうございました…!!

このようにかなり能動的に情報収集を行い、娘なりに大学受験のサポートなどの話を聞いた上で「やっぱりこの高校に通いたい!」と結論を出していたので、娘から公立高校を1校受験したいと頼まれたときも、本人の希望通りにさせました。

情報収集力と行動力の大切さ

娘を見ていて、ただ説明会に足を運ぶだけではなく「聞きたいことは確実に聞くこと」を忘れない姿勢を持つことは大事だなと思いました。

私は「何校か見学に行って比べてから決めた方がいいよ」と伝えたところ娘はその通りにして、何校か学校説明会に回った上で志望校を決めていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

塾に行かなくても自分で行動すれば、情報はしっかり得られることを娘の受験を通して知ることができました!

むすめ
むすめ

分からないことは直で質問することが大事だよ!

ここまで「娘の行動力」について書いて来ましたが、上にも書きましたが息子は自分から全く動こうとしない子でした…。個人差がありますね…。

最後に

ケロケロママ
ケロケロママ

塾では入学までに必要な内申や偏差値を教えてもらえたので助かりました!

塾では「入学するまで」の情報は得ることができたのですが…

入学してからの「高校生活」に関係する情報は、実際に通っている生徒さんに話を聞くのが一番分かりやすかったと娘は言っていました。

むすめ
むすめ

説明会に行ったらどんどん質問してみるといいよ!

最後に、私立高校の詳しい情報なのですが、私の場合は高校説明会に行くより「私立学校展」に行った方が、ブースごと個別で分かれていたことで、先生にマンツーマンで質問することが出来て良かったです。

  • 推薦をもらうために必要な内申
  • 一般受験生の平均内申
  • 詳しい進学先
  • 普通科と特進科の学習時間の違い

以上のことを細かく教えてもらえたり、それ以外では娘はズラッと並んでいる県内の私立高校の制服を見て楽しんでいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

令和4年は10月15日(土)・16日(日)にドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で「第38回 2023愛知の私立学校展」が開催されました。

私立学校展は毎年秋頃開催されているので愛知県私学協会の公式ホームページでチェックしてみてくださいね!  ⇒ こちらです。

 

こちら少し高い本ですが、県内の高校全体の情報を知りたい方にお勧めします。