高校受験人間関係

「高校受験」見返してやる!と言う一見マイナスのパワー(追記あり)

「私立高校の推薦を決めれば早く楽になれるよ」

これは11月の三者懇談で、息子が担任の先生から言われた言葉です。

ケロケロママ
ケロケロママ

先生は間違ったことを言っていません!

私立高校の推薦が決まれば、合格が決まったも同然です。

受験勉強からは解放されます。

むすこ
むすこ

年末年始は勉強しなくて良いんだよね!

我が子が初めての受験生の親御さんも読んでいると思うので、中学校の私立高校の推薦を貰うまでの流れを書きますね。

11月の三者懇談で、先生から私立高校の推薦を希望しているかどうかを聞かれます。

ケロケロママ
ケロケロママ

我が家はまだ悩んでいる、と伝えました。

その後12月の三者懇談で内申が足りていれば、担任の先生が推薦の希望を出してくれます。

推薦希望者は「校内推薦会議(職員会議?)」にかけられ、そこで無事に通れば、担任の先生から電話で連絡が来ます。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘が公立高校の推薦が通った時も、担任の先生からその日の内に電話で連絡をもらいました!

中学校の推薦会議に通れば、「高校側の推薦基準」を満たしていることになります。

私立高校の推薦試験は、当日によほどのことが無い限り不合格にはなりません!!

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の同級生で、試験の開始時間に大幅に遅刻して落とされた子が一人いたけどレアケースだと思います…

上の子(現在高校三年生)は三年前に公立高校の推薦をもらいました。

むすめ
むすめ

でも公立高校の推薦入試は合格率50%だって先生から言われたよ!

私立高校の推薦だったら確実に合格できるのにね!と娘と話した記憶があります。

それぞれの推薦の違いも書いておきますね!

公立高校の推薦

・担任の先生にこちらから頼んで推薦会議にかけてもらう
・中学校内で推薦がもらえても合格率は50%(各高校の推薦希望者の倍率にもよります)

私立高校の推薦

・私立高校を志望する子で内申が足りていれば担任の先生から声がかけられる
・中学校内で推薦会議に通れば、よほどのことが無い限り合格する

息子も第一志望の私立高校の推薦がもらえるなら、断ることはありませんでした。

ただ、残念ながら息子に来た推薦は第二志望の私立高校でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

第一志望の私立高校は内申が全然足りなかったので推薦はもらえませんでした!

第二志望にしている私立高校の推薦をお願いするか…

第一志望の私立高校を一般試験でチャレンジするか…

公立高校は受けるかどうか?

この一か月、息子と何度も話し合いました。

最初は「早く受験を終わらせたい」と言う気持ちが強かった息子でしたが、最初にも書いた担任の先生の「私立高校の推薦を決めれば早く楽になれるよ」の一言が相当くやしかったそうで…

推薦の話は断り、一般受験することを決めました!

ケロケロママ
ケロケロママ

担任の先生の言葉に対する「怒り」が息子が勉強を頑張るきっかけとなりました!

今回は担任の先生に対する「怒り」が息子の受験勉強のやる気に繋がった話を書きますね。

スポンサーリンク

ずっとバカにされ続けていた息子

担任の先生は、60代のベテランの男性教諭です。

息子が三年生になって仲良くなって一緒にいるクラスメイトが、学年順位一桁台の賢い子揃いだったこともあり、先生から「比較される」発言を度々受けていたそうです。

12月の三者懇談で一般で私立高校を受けることを伝えたら、椅子から立ち上がって「絶対合格できません!」と大声で言われて、息子に話しを聞いてみたところ発覚しました。

塾の先生の言葉

担任の先生に「息子さんの実力では、一般受験では第二志望の私立高校にも絶対に合格できない」と言われました。

でも、第一志望も第二志望も模試では90%以上の合格可能性が出ています。

塾の先生に相談してみたところ…

届いたばかりの全県模試の結果を持って来て「今回も合格可能性は90%になっています。今のペースで勉強を続ければ必ず合格できるはずですよ!」と言ってくれました。

春の模試で合格可能性が10%だった志望校が90%まで上がったということは、息子も相当頑張ったんだなぁと感心しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

こんなに頑張っているなら一般受験に挑戦させてみようかな!

娘はこの時期に公立高校の第一志望校の合格可能性が40%だったけど、最後まで頑張り抜いて合格できたことを思い出しました。

娘からも「本当に行きたい高校を受けないとずっと後悔するよ」と言われました。

ちなみに娘は内申美人タイプでした。(息子とは真逆です)

内申の低い息子には、当たり前ですが「内申の加点」低くしか付かないので実力勝負の戦いとなります!

ケロケロママ
ケロケロママ

当日点勝負と、精神的にかなり辛い戦いです!

「それでも一般受験で頑張りたい」と息子が言ったので、私も全力で応援することに決めました。

受験におけるマイナスのパワーとは?

娘が受験勉強を頑張ることができたのは「○○高校に入りたい」と言う目標があったからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校に対する憧れが受験を頑張るパワーとなってました!

でも息子が受験勉強を本気で頑張ると決めたのは、担任の先生の発言に対しての怒りからです。

むすこ
むすこ

絶対に合格して担任の先生を見返してやる!!

最初は、そんな動機で受験勉強を頑張れるの?と心配でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

イラついて勉強できなくならない?

でも、勉強に対するモチベーションをしっかりと保ち続けている息子の姿を見ていたら、「誰かを見返してやる」と言う感情も受験勉強をやる動機にちゃんと繋がるんだな、と納得できました。

息子は担任の先生が「怒り」の対象でしたが、中には親・兄弟・友達に対してこの「見返してやる」と言う感情を持つ子もいるんじゃないかな…。

ケロケロママ
ケロケロママ

頑張って合格して見返してやって欲しい!!

最後に

息子はうっかりミスが多く本番に弱いタイプです。

担任の先生が「内申で行ける範囲の私立高校の推薦を受けさせたい」と思う気持ちも分かります。

それでも、息子が決めたことを頭から否定するのはやめてただ見守って欲しいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

12月の三者懇談の後、ずっと先生から嫌味を言われたそうです…

中学校の先生って、私立○○高校に何人生徒を入れなければならないと言うノルマとかあるのかな?

何にせよ、今回は担任の先生の発言(失言?)のお陰で息子は頑張る気持ちを持つことが出来ました。

親として後はどーん!と構えておきたいところですが、結果が出るまではハラハラと落ち着かない日々です。

2021.5.16追記です。

第一志望の私立高校には落ちましたが、第二志望の公立高校に合格して楽しく通っている息子です。公立高校が合格したことを担任の先生はとても喜んでくれ、おめでとうと手紙も貰いました。中学三年生の担任として、生徒をどこかの高校に合格させなくちゃと言う使命感もあったのかもしれません。

 

合格のお祝いに可愛らしいぬいぐるみはどうですか?お値段もお手頃です!

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ