高校受験の悩み

成績が足りていたのに志望校を受験することが出来なかった理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

息子の友達のAくんは、娘の通っている公立高校に入りたいと中学2年生の頃からずっと言っていました。

中学3年生になり内申も順調に上がり、塾の先生から「この調子で頑張れば大丈夫!」と言ってもらえたと、夏休み明けに会った時に嬉しそうに話してくれました。

来年の春からは私の後輩になるかも!」と娘もAくんの入学を楽しみにしていました。

ところが先日行われた三者懇談で、「Aくんは私立高校の推薦が決まったよ」と息子から聞かされ驚きました!

ケロケロママ
ケロケロママ

あんなに公立高校に行きたがってたのに、どうして私立高校の推薦をもらうことにしたんだろう?

息子が「どこの私立高校の推薦が決まったの?」と尋ねたところ、暗い表情で「私立高校…」とだけ答えて高校名は教えてくれなかったそうです。

行きたい私立高校の推薦がもらえたのなら、Aくんはもっと嬉しそうに話してくれるはずなので、息子はそれ以上何も聞けなかったと言っていました。

愛知県では12月に行われる年内最後の三者懇談で「私立高校の推薦」が決まります。

※令和5年の入試からは日程が早まるので、もう少し決定月が早まるかもしれません。

ケロケロママ
ケロケロママ

最終的には三者懇談の後に行われる中学の推薦委員会で決まるのですが、担任の先生のOKを貰えた時点でほぼ推薦は通ります。

Aくんは息子の時と同じように、担任の先生から強く「私立高校の推薦」を勧められたのかもしれないな…と思いました。

私立高校の推薦をもらえば、ほぼ100%合格したも同然なので、受験勉強は終了モードに入り親子ともに「楽」になります。

私も受験生の母ですから、Aくんのお母さんが早く安全に私立高校に決めたいと思う気持ちはよく分かります。

ケロケロママ
ケロケロママ

進学先が決まると、親もようやく安心できるので…。

子どもが公立高校の受験を強く希望していても、担任の先生に「私立高校の推薦」を勧められたら大抵の親の気持ちは私立高校に傾くはずです。

新型コロナのこと、愛知県独自の授業料補助制度が始まることで、今年度の受験生の志望校の決め方は、3年前の娘の受験の時と違う流れを感じています。

一言で書くと、私立高校推薦希望者が多いです!

むすめ
むすめ

私の学年の時の3割増しでいるよね~

今回は私立高校の人気に流される形で進学先が決まったA君についてまとめます。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の通う中学に限ってのことだったらいいなぁ…と思いながら書いています!!

スポンサーリンク

上の子の時との違いとは?

愛知県は手厚く勉強の面倒を見てくれて、尚且つ進学実績が高い公立高校がたくさんあります!

なので、娘の受験時には公立高校を受験する子がほとんどでした。

むすめ
むすめ

私立高校の推薦をもらう生徒は全体の2割~3割くらいだったよ!

私立高校の推薦を貰う生徒の成績は二極化している印象がありました。

  • 県内トップレベルの偏差値の私立高校を目指す生徒
  • 成績が低いので公立高校は受けれないけど「高校」に入りたい生徒

公立高校を受けたけど残念ながら不合格となり、結果として私立高校に進学した生徒もいましたが、その子たちの人数を合わせても、最終的に私立高校に決まった子は全体の4割弱でした。

ところが息子の学年では、最初から学年の半分近くの子が私立高校の推薦を貰っている状態となっています。

ケロケロママ
ケロケロママ

公立高校に不合格になった生徒を含めると、学年全体の6割くらいが私立高校に進学しそうな人数です!

私立高校の推薦希望者が、娘の受験時からたった3年で倍近くに増えていることに驚きが隠せませんでした。

愛知県は公立王国ではなくなるのか

息子の学年から「愛知県独自の授業料補助制度」が始まります。

愛知県では、これまでは年収目安350万円未満の世帯までが授業料無償化の対象でしたが、国の就学支援金制度が大幅に拡充されることに伴い、2020年度より独自の軽減補助を年収目安720万円未満の世帯まで拡大することになりました。
これにより、無償化の対象になる世帯が増えることになります。
出典:進研ゼミ中学講座

今年に入り、この制度が発表された時点で「私立高校の人気が上がるんだろうな」と思っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

予想通りでした!

我が家も授業料無償化世帯に入っているので、私立高校に入ると恩恵を受けることが出来ます。

施設費だけで私立高校に通えるなら安いなぁ…と息子の私立高校の進学も視野に入れて考えています。

※実際は施設費以外もかかって来ます。

志望する高校は人それぞれなので、今後、私立高校の人気が高まって行くことに対しての不満はありません。
受験生が行きたい高校を受ければいいので。

ただ、今年の私立高校人気に乗じて、息子の担任の先生がやたらと「私立高校の推薦」を取らせようとして来たことに対しての不満はありました。

最初に書いたAくんのように、公立高校を志望していたのに私立高校の推薦を貰うことになったクラスメイトは既に8人はいると息子から聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

家から自転車で10分の公立高校を志望していたAくんが、電車で片道1時間半もかかる私立高校に突然行きたくなるのかな?

むすこ
むすこ

偏差値は高い高校だけどね!

担任の先生との話

息子の話になりますが、11月の三者懇談で担任の先生から笑顔でこう言われました。

「次の内申は上がるから、私立の○○高校なら推薦が貰えます。早く高校が決まった方が楽できますよ!」

12月の面談では「○○高校の推薦で良いですよね?じゃあここに丸を付けて下さいね」

と椅子に座った途端、私立高校推薦の書類を渡されました。

「公立高校の受験を志望しているので私立高校の推薦はいりません」と息子本人がはっきり断ったのですが、私立高校の推薦を取らせて早く面談を終わらせたかった担任の先生は飛び上がって驚いていました。

今志望している私立高校も、「一般なら絶対に受からない!」と断言されました。

それでも私が頭を下げることで何とか話が終わりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子が一人目の子だったら、先生の勢いに負けて私立高校の推薦に決めていたと思います。

成績が良くても推薦を勧められたSくん

息子のクラスメイトのSくんはとても成績が良い子で常に学年一桁順位を常に取っています。

とても偏差値の高い公立高校を第一志望にしていて、押さえの私立高校もレベルが高いところばかりです!!

そんなSくんでさえも「私立高校の推薦」の話を担任の先生から出されたと聞いた時は驚きました。

担任の先生から私立高校の推薦の話が出た時、Sくんは即座に「私立高校の推薦なんていりません」と答えたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

決断が早くて素晴らしい!

その話をSくんのお母さんから聞いた時、やたら私立高校の推薦の話をされたのはうちの息子だけじゃなかったんだ…と分かりました。

大人しくて勉強が苦手だったKくん

Kくんは隣のクラスの友達ですが、息子同様に担任の先生から私立高校の推薦を勧められていました。

とても大人しく優しい男の子で、12月の三者懇談で担任の先生から

Kくんが頑張ったから私立高校の推薦がもらえたんだよ、良かったね!」と褒められたと嬉しそうに言っていました。

Kくんの成績から考えると、その私立高校は一般受験で確実に入れるレベルの高校です。

中学校の先生方は出来るだけ私立高校の推薦を取らせようとしているのかな…と少し怖くなりました。

親の強い意志が必要となります

実は先生から最初に「私立高校の推薦の話」を出された時、息子より私の方に迷いが出ました。

先生の話がとても上手だったこともあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

子どもより保護者が先に折れてしまう気持ちがよく分かります。

子どもが本気で行きたい高校があるのなら、その高校以外の推薦の話は即座に断われるように、三者懇談の前によく話し合っておいて下さい。

そして「強い意志」を持って先生と志望校の話をしてください。

最後に

私立高校って一般企業みたいなものです。

ケロケロママ
ケロケロママ

生徒を入れなければ運営できません!

推薦で早く生徒を確保しておきたい」と私立高校側は考えています。

私立高校側が推薦枠をたくさん出しているのは当たり前のことですが、全く私立高校を志望していない生徒に対して、半ば無理矢理に推薦を取らせようとする先生がいることは残念でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

私立高校から○○人入れて欲しいと頼まれているのかな?

Aくんのような受験生がひとりでも減って欲しいです。

3年前の話になりますが、娘の決めた受験校に対して、当時の担任の先生はとても温かく応援してくれました。

ケロケロママ
ケロケロママ

私立高校も公立高校も実力に見合った高校を選んだね、と言ってくれました!

とても素晴らしい担任の先生に恵まれていたことに今になって気づきました。

愛知県では私立高校3校・公立高校2校まで受験することができます。

少々高望みな高校でも、受験できる5校中1校だけでもお子さんが本当に行きたい高校を受験させてみてはいかがでしょうか?

子どもたちは行きたい高校を受ける権利があります。

ケロケロママ
ケロケロママ

公立高校だと3月の入試の結果が出るまで、ハラハラした日々を送ることになりますが、その分達成感も大きいです。

最初に息子に私立高校の推薦の話が出た時に弱気になり、娘に「推薦をお願いするべきかなぁ…」と相談したところこう言われました。

「志望していない私立高校の推薦を貰う意味が分からない。そんな高校に決まったら○○(息子)は確実に勉強しなくなるし後々本人も後悔するだけだよ!最後まで一般受験で頑張らせなきゃダメ!!」

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の意見を聞いてハッと目が覚めました!

毎日、早朝から大学受験の勉強を頑張っている娘の言葉には大きな説得力がありました。

さて、来週末から冬休みに入ります。
泣いても笑ってもあと数か月、頑張りましょう!!

「映像授業で本当に集中して勉強できるの?」と心配している保護者の方へ

ご安心ください!
集中力がかなり少ない息子でも模試の度に偏差値を上げて行くことができました。

スタディサプリは、学校の50分授業の要点をプロ講師がまとめて平均時間5分ほどに凝縮しているため、飽きっぽい息子でも集中して見ることができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

5分程度なら繰り返し勉強するハードルも下がります!

スタンダードコースは5教科で月額2187円(税抜)なのでお財布に優しく、塾と並行して使うことができたのも助かりました。

スタディサプリ 中学講座