大学生活

大学の講義をサボるのは当たり前!?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘の大学生活も後期に入り、高校時代とは違う生活リズムにも慣れて来た様子です。

1~2年生は必修の授業が多く、娘は教職課程も取っているので毎日大学に行っています。

そんな中、同じ学部の友達が時々授業をサボり出したとのこと。

むすめ
むすめ

グループワークやグループディスカッションの日にサボられると人数が足りなくなるから、こっちの負担が増えて困っちゃうよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

どうせなら講義型の授業を中心にサボって欲しいねぇ

娘の通う大学では、授業の3分の1までなら休んでも単位は落ちないそうで、日数を計算しつつサボっているそうです。

私立大学においては、1授業につき4000円近く払っている計算になるので、親からしたら「サボった分の金を返せ」と言いたくなりますねぇ…。

結論から先に書きますと、今どきの大学生は意外としっかり授業に出てました。

むすめ
むすめ

私の友達でもサボりまくってるのは1人だけだよ~

スポンサーリンク

全体の出席状況は?

今どきの大学生ってどのくらい真面目に授業に出席しているのかな?と気になったので調べてみました。

ベネッセ教育総合研究所に、学年・学部別の出席率の一覧表がありました。↓

全体の分布をみると、「10割」という回答が41.0%にものぼる。ほぼ全出席にあたる9割以上の出席は69.7%、8割以上では84.0%を占め、平均して8.7割の出席となっている。これらの数値から、現在の大学生の授業への出席率の高さが裏づけられよう。        引用:ベネッセ教育総合研究所

ケロケロママ
ケロケロママ

大学・学部・学科によっても違うことが分かりました!!

男子よりも女子の方が出席率が高い傾向にあるそうです。

代返はできません

娘の通う大学では、コロナ渦以降、座る席が決められるようになりました。

むすめ
むすめ

座席間隔を1m程度空けて座ってるよ~

なので、休んでいる子は席を見れば直ぐに分かるそうです。

サボる子に代返は頼まれないの?と娘に聞いたところ「代返って何?」と逆に聞かれてしまいました。

娘に説明したところ…

むすめ
むすめ

もし代返がバレたら私も罰を受けることになるんでしょ?

ケロケロママ
ケロケロママ

そうだね~。後々トラブルになっても困るから最初から代返は絶対にしないって公言しておくといいよ!!

大学側もこっそりサボる子の対策は練っています。

講義の最初にプリントや小テストが配られて、講義が終わったあとに提出することで出席扱いになる授業もあるそうです。

むすめ
むすめ

高校の授業のように先生が質問して生徒を当てることもあるよ~

授業を欠席する理由

大学の授業では、「用事があるので休みます」が通用しません。

※「公欠」もありますが、大学ごとに認定基準は異なります。

授業を欠席するのに理由や言い訳は必要ありません。

大学をサボる子の対策の話を上に書きましたが、私はそんな対策は必要ないと考えていますし、サボりたいだけサボればいいと思っています。

ルールを逸脱して単位不足の留年・落第・試験不合格となるのは、本人の責任です。

救済措置なんて一切必要ありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学は自分で選んで行くところなのですから…

林修先生の言葉

「子供が大学をサボりますがどうすればいいですか?」という親の質問に対して、林修先生は

「嫌ならやめなさい 勉強は贅沢なんだから」

「高い授業を払ってくれる恵まれた環境にいる、それなのにやる気にならない、自分がいかに恵まれているかも分からない人間が勉強したって意味がない」

と答えていました。

この言葉を娘や息子にも伝えました。

息子は私に似て(笑)サボり癖が少々あるので、今から強めにくぎを刺しています。

卒業要件が厳格化している?

6年ほど前の毎日新聞に載った記事です。↓

2015年1月に、文部科学省は卒業要件を厳格化する方向で、2015年度中に「大学設置基準」を改正する方針を明らかにしました。

「入り口」の入試改革を進めると同時に「出口」である卒業要件を厳格化するということですが…

ケロケロママ
ケロケロママ

卒業要件よりも先に単位認定方針を変えたほうがいいんじゃない?

と、当時は思いました。

娘が大学生になった今、更にその気持ちが強くなっています。

大学の授業はつまらない?

ケロケロママ
ケロケロママ

そんなにサボりたくなるほど大学の授業ってつまらないの?

むすめ
むすめ

1年制は必修が多いからつまらない授業が多いって先輩からも聞いたよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

日本国憲法の授業とか確かにつまらなそうだよね(笑)

むすめ
むすめ

私の学部では1年生はほとんど座学だから面白くないんだって!!2年生になると身体を動かす系の面白い授業が増えるって聞いたから今から楽しみなの!!

必修はつまらない授業が多い…と娘も言っていますが、第二言語(中国語を習ってます)など、自分で選んで履修した授業は楽しい!!と言っています。

最後に

人間楽な方に流される生き物ですよね。

実は私も小学生の頃は学校をサボる癖がありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

頭が痛いと言えば親が簡単に休ませてくれました…

小学校高学年から月に1~2回はサボる生活を続けていました。

中学生になってからは、これじゃ駄目だ!!と自分で気づき、学校に休まず行くようになりましたが、休んでも家でゴロゴロしているだけだったので、小学校生活を損した気持ちに今頃なっています(笑)

サボり癖ってすごく簡単についてしまうので、少々面倒でも大学には行くことをおすすめしますよ。

おすすめ記事

「大学生活」とりあえず教員免許を取ろうとする学生たち

おすすめ目覚まし時計です!!大音量より身体をゆすられる方が確実に起きれるそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

どうしても寝坊してしまう学生さんにおすすめです!!

もう少し自然な目覚めが欲しい方にはこちらをどうぞ~!!↓



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ