高校受験人間関係

「高校受験」親の見栄を捨てて子どものための進路を考えます

2019年春の東大祝辞で話題となった、上野千鶴子さんの記事を読みました。↓

「頑張ったわが子」をその成果を理由に褒めることは、裏返せば子供を条件付きで愛するということ。出来の良い子にだけ承認という報酬を与える。反対に出来の悪い子はうちの子じゃない。そういったサンクション(毀誉褒貶(きよほうへん))を子に与えて叱咤激励する親が、あまりにも多いのです。
出典:PRESIDENT Online

今の私にとって胸に刺さる言葉でした。

我が家には、高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

ダブル受験生となり、コツコツ勉強を頑張って結果を出している娘に対しては優しく接し、努力をしているけど、結果を出せない息子には厳しく接するようになっていました。

包み隠さず言えば…まさに上野千鶴子さんの言う事をそのままやっている状態でした。

私がこうあって欲しいと望んで息子に対し「叱咤激励していた行為」は親のエゴでしかなかったのです。

私は一体息子にどうなって欲しいんだろう?

少しでも上の偏差値の高校に入って欲しい?

幸せな人生を歩んでもらいたい、でもその為には勉強が必要だよね?

そう悩んでいたところ、息子から「進路希望調査書」を渡されました。

一学期はまだ「希望」を書いている状態でしたが、二学期からは「本当に受けたい」高校を書かなければなりません。

今後の勉強のやり方も含めて、息子と話し合ってみることにしました。

スポンサーリンク

私が望んでいた高校とは

一学期の時点では「まだ希望だから」と、息子の成績に見合わない高偏差値な高校ばかりを書いて進路希望調査書を提出しました。

ひとつでも上の偏差値の高校に息子を入れたい一心でした。

友人に話しても恥ずかしくない高校に行ってもらいたいなぁ、なんて考えてました。

恥ずかしいのは誰?

ケロケロママ
ケロケロママ

そもそも恥ずかしくない高校って何?

私は友達から子どもの学歴の自慢話をされたことは一度もありません。

学歴で人を判断するような友達はいません。

ご近所付き合いは挨拶程度しかしていないので、近所の子がどこの高校に入っていても全く興味がありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

近所の高校生が通りかかっても、私立かな?制服可愛いな~!!と思うくらいです。

優秀な子を育てた親と言う評価も別に欲しくないな…とまで考えて、「子どもの進路で見栄を張る必要なんてどこにも無かった!!」と気づいてから、フッと肩の力が抜けました。

息子が本当に受けたい高校

まず息子に公立、私立を抜きにして一番行きたいと思っている高校はどこ?と質問しました。

むすこ
むすこ

私立の○○高校に行きたいけど、うちは公立高校しかダメなんだよね?

ケロケロママ
ケロケロママ

かなりチャレンジ校だね!一般受験で合格できたら通っていいよ!!

むすこ
むすこ

本当に!?勉強頑張るよ!!

息子は目を輝かせて喜んでました。

私と言えば、「そんなに行きたい高校があったのに言い出せなかったのね…」と反省しました。

愛知県は私立高校を3校まで受けれるので、息子の行きたい高校(チャレンジ校)と滑り止めになる高校を2校受けることに決めました。

チャレンジ校が駄目だったら公立高校の受験をすることに息子と話し合って決めました。

最後に

「学歴なんて人生に関係ない」なんて綺麗ごとを言うつもりはありません。

かと言って、子どもの進路に対して親の価値観を押し付けるのは間違っています。

息子の高校受験では、

  • 親の見栄で高校を選ばない
  • 志望校の最終決定は本人に任せる
  • 姉と比較しない

そして「いつでも相談に乗るからね」と伝えることの大切さを学びました。

ケロケロママ
ケロケロママ

必要以上に勉強した?と聞くのもやめます!!

このツィートを見てドキッとしました。

自分に出来なかったことを息子に押し付けちゃダメですね。

さて、今日は午後から中学校の三者懇談があります。

息子の担任の先生からは、私立の推薦をやたら進められているのでこれから戦わなければなりません。

ケロケロママ
ケロケロママ

先生としても早く進路が決まって欲しいのは分かるんですけどね…

今年は私立高校が人気で、一般受験で受けるのは例年より厳しくなりそうです。

息子はそれでも一般受験で頑張りたい!!と言っているので本人の意思を尊重します。

おすすめの記事

「高校受験」倍率だけで志望校を決めるのは危険です

大学の祝辞を聞いてから、上野千鶴子さんの本を少しづつ読むようになりました。
厳しいようでいて、実は温かい言葉が多く女性向きの本と書いてありますが男性が読んでも癒されるはずです。
上野千鶴子さんのように、感情を上手く語源化してブログに発信できるようになりたいです。

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ