高校生活

「高校生活」一般入試なら定期テストの勉強をする必要はない?

大学受験では内申点と呼ばず「評定」となります。

定期テストの度に「評定」が出されて、評定平均も記載されます。

大学を推薦試験で受ける場合は、この「評定」がとても重要になりますが、一般入試しか受けない受験生にとって、基本的に高校で出される「評定」は関係ありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

一般入試で良い点数を取ればいいんです!!

定期テストの点数は低くても模試の成績が良ければOK!と言う考えのクラスメイトもいるよ、と娘が言ってました。

娘の通っている高校では、高校三年生の二学期の期末テストが「最後の定期テスト」になりますが、受験勉強に配慮されたかなり簡単なテストだったそうです。

でも、定期テストとそれに伴う「評定」は一般受験では全く関係ないのかな?と気になったので調べてみることにしました。

スポンサーリンク

評定が必要になる場合

大学入学後、奨学金を借りる場合にある程度の評定が必要となります。

ケロケロママ
ケロケロママ

評定が高いと無利子で借りられる場合もあります!!

奨学金も様々ですし、評定以外にも家族の人数、収入によっても変わりますので早めに調べておくことをおススメします。

大学の一般入試では、必要なのは当日点です。

高校のレベルも様々なので、評定では判断できませんよね。

高校の授業は必要です!

どの高校にも「カリキュラム」が存在します。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校の公式ホームページにカリキュラムが書かれています!

そのカリキュラムを学ぶ意志がある人が高校に入学するんですよね。

先生方もカリキュラムに沿って勉強を教えます。

なのに、そのカリキュラムを丸っと無視するのはおかしいですよね。

ちょっと厳しいことを書きますが、「高校の勉強が無意味」と考えてカリキュラムの内容を学びたくないのなら、最初から高校には入らず「受験予備校」に通えばいいと思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験科目に関係の無い教科でも、実社会に出る上で大事な教養になるんですよ~!

特に「情報」の授業で習うパワーポイントのスライド発表は、大学に入ってすぐに役立つんじゃないかな?

こんなことを書きながらも、先月にあった体育の筆記テストはさすがに「適当でいいよ!」と娘に伝えました(笑)

赤点を取ると…

高校は義務教育ではありません。

高校にもよりますが…娘の通う高校では赤点を取ると補習が行われ、その後に「追認考査」があり、そこで規定の点数が取れないと留年となるそうです。

留年になった場合、大抵の子が高校を中退してしまうと聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

中退する子が意外と多くてびっくり…!

定期テストで赤点を取らないことはもちろんですが、出席日数も単位を取るために必要です。

当たり前のことですが、赤点や出席日数で卒業できなくなれば、大学に合格しても意味がなくなります。

ご注意下さいね!

最後に

「高校で習う内容を理解できていないと、大学の講義について行けなくなるよ~!」

と娘に話したことがあります。

先日、高校三年生の最後の定期テストが終わりましたが、先生方には「頼むから赤点取らないで~!」と言われたそうです(笑)

この時期に補習をする時間が勿体ないですし、先生的にも全員卒業させてあげたいと思いますよね。

むすめ
むすめ

赤点取らないように勉強するのって逆に難しいよ

受験勉強って高校一年生からの長い日々の積み重ねです。

定期テストで1週間程度、時間を取られても結果は変わらないですよね。

むすめ
むすめ

先生が、定期テストの勉強がちゃんとできている子は模試の成績も必ず上がるって言ってたよ~!

定期テストの勉強をして欲しくて言ったのかもしれませんが(笑)頑張る子は全てのテストで手を抜かないってことかもしれませんね!

 

私は忘れっぽいので仕事でも「ふせん」をよく使います!
確かに、勉強でも役に立ちますね。

100均でもふせんは売ってますが、粘着力が弱いので困ります。
スリーエムさんのふせんは、しっかりくっつくのでおススメですよ!

このふせんが欲しい!と娘に頼まれました(笑)

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ