指定校推薦大学受験

「大学受験」娘が指定校推薦をもらわないことに決めた理由

高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

関東以外の地域では、大学進学において国公立至上主義の高校が多いと聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

愛知県も例外ではありません!!

娘の通う高校では「県内の私立大学」より「地方の国公立大学」の進学をやたらとすすめて来る先生がいます。※全員ではないです。

むすめ
むすめ

なんちゃって進学校あるあるだよね~

「トータルの進学費用的には県内の私立大学より地方の国公立大学の方が安くなります」と何度も聞かされて来たので、一時期、娘はすっかり洗脳されていました。

薬学部などの理系の私立大学に通わせるならその通りですが、文系大学に通わせるのなら地方国公立大学の方が下宿代を含めると高くつきます。

ケロケロママ
ケロケロママ

文系なら地方の国立大学に行かせるより、自宅通学できる私立大学に通わせた方が安いんです。

困ったことに高校の一部の先生方は、「国公立大学ならどこでもOK!!」と考え、県外のしかも山奥にある大学でも平気ですすめて来ます。

先日の模試で娘が「奈良県の国公立大学がA判定だった~!!」と喜んでいたので思わず真顔で「大仏が好きなの?」と聞いてしまいました。

とても素晴らしい大学ですが、娘の希望する学部なら通える範囲の私立大学に沢山あります。

むすめ
むすめ

模試には県外の国公立大学も書くようにと言われたから書いたんだよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

せめて東海三県の大学にしておいて…

このままでは「合格できるなら!!」という理由でかなり遠方の国公立大学を受験しそうで怖いです。

どうか県内の大学に合格できますように、と今から祈っているところです。

さて、そんな娘の通う高校でも、毎年10人程の生徒が私立大学の指定校推薦を申し込んでいます。

先生は指定校推薦を使うことを嫌がるそうですが、評定などの条件を満たしているなら申し込む権利はあります!!

ケロケロママ
ケロケロママ

受験方法の選び方は人それぞれですから!!

さて今回のテーマにした「指定校推薦をもらわない選択をした娘」ですが、文字通りもらえる評定があったにも関わらず申し込みをしませんでした。

続々と指定校推薦が決定した友達の話を聞き始めた高校3年生の11月現在、娘がどんな気持ちでいるのかをまとめます。

この記事が指定校推薦をもらおうか?と迷っている受験生のお役に立てれば幸いです。

※2020年から推薦入試は学校推薦型選抜に名称が変りましたが、分かりやすくするために去年までの名称である『指定校推薦』と書いています。

スポンサーリンク

指定校推薦の申し込み条件

娘の通う高校では、指定校推薦の申し込みは「評定」以外では以下の条件が必要となります。

  • 遅刻、欠席の数(上限日数が決められています)
  • 取得資格(検定等)
  • 課外活動(ボランティアなど)
  • 部活動
  • 模試の点数

これらを満たしているのなら指定校推薦にエントリーさせてもらえるそうです。

※推薦がもらえる条件は高校によって異なります。

これだけの条件を満たすのも大変だなぁ…と思っていたのですが、更なる追加の条件がありました。

「高校一年生からずっと同じ大学(学部)を進路希望調査書に書いていること」

ケロケロママ
ケロケロママ

この条件だけでもかなり人数が減らされます…

国立大学に行きたいと言われて…

娘は、高校1年生から行きたい国立大学がありました。

高校1年生の前半では散々な成績を取りましたが後半からはしっかりと巻き返し、ずっと評定4.8以上をキープし続けて来ました。

娘の散々な成績の話はこちらです。↓

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

「評定が高いから県内の私立大学ならどこでも指定校推薦がもらえるはずだよ」と先輩から言われていたそうです。

高校2年生の時の担任の先生からも

「県内の私立高校ならどこでも指定校推薦が取れますよ」と言ってくれていました。

そんな経緯もあったので、高校3年生の夏休みに入る前、「指定校推薦を申し込む選択肢もあるんだよ」と伝えたのですが、

「国立大学に一般受験するから指定校推薦は申し込まない」と意志を変えませんでした。

むすめ
むすめ

国立大学が第一志望だから、私立大学の指定校推薦はもらわないよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

指定校推薦だったら年内には決まってるのに~

「後期まで受けることになると3月まで勉強し続けることになるよ?」と伝えましたが、

「それでもいい!」とのことだったので、娘の意志を尊重することにしました。

11月現在の受験生活

毎朝5時半に起きて1時間勉強してから朝食を食べ、高校の門が開くタイミングで登校し、授業前に1時間自習室で勉強をしています。

お昼も大急ぎで食べて自習室に行き、放課後も学校の門が閉まるギリギリまで自習室で勉強している毎日です。

ケロケロママ
ケロケロママ

授業のある平日でも7時間は自習しています!!

受験生はこれから年末年始と勉強ばかりの日々を送ります。

1日が長く感じているのかな?と娘に聞いてみたところ…

むすめ
むすめ

毎日があっという間だよ~!時間が全然足りないよ!!

と、かなり焦っていました。

「もし今からでも指定校推薦がもらえるならどうする?」と聞いてみたところ、

むすめ
むすめ

全然欲しくないよ!!ここまで来たらクラスの友達と一緒に一般受験を頑張りたいからね!!

クラスメイトみんなが頑張って勉強しているので、自分だけ指定校推薦をもらう気は更々ないと言われました。

それともう一つ、3月の後期試験まで頑張った結果「不合格」だった部活の先輩が、

「やるだけやったから全く後悔してないよ!!」と言って笑顔で第二志望の大学に進学した姿を見ていたので、自分も先輩のように最後まで頑張りたい、とのことでした。

娘からこの話を聞いて、2度と指定校推薦の話を出すのはやめようと心に決めました。

最後に

娘が一般入試に向けて猛勉強をした経験は、合否に関係なくこの先の人生の糧になるはずです。

ペンを持ち続けて指が赤く腫れ、手首が腱鞘炎になりましたが弱音を吐かず頑張っています。

娘は今のところ教育学部のある国立大学を第一志望にしています。

ケロケロママ
ケロケロママ

一般受験を経験しておいた方が「受験生の生徒」に寄り添える先生になれるかもしれません!!

さて、ここからが受験本番です。

コロナ渦で心配は尽きませんが、「受験生全員が万全の体調で試験が受けられますように!!」と心から祈ってます。

おすすめ記事

「大学受験」指定校推薦枠を知る裏ワザがありました!!

赤本の季節がやって来ました!!

娘はたった今、スタディサプリの「合格特訓コース」でお世話になっています。



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ