高校生活

やりたいことを探すために大学進学を目指すのは…

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

先日、息子の進路説明会がありました。

家に帰ってから息子と進路の話をしたのですが、ネームバリューだけで志望大学を決めようとしていたので口論になりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学は専門的な学問を学ぶ場所だから、大学名だけで決めると入学してからが辛いよ!!

むすこ
むすこ

やりたいことを見つけるために大学に行くのもありでしょ!?

「やりたいことが無いから」となんとなく選んだ学部に入り、勉強が苦痛になっている同級生の話を娘から聞いていたので、息子には同じ思いをさせたくないな…と思いました。

でも、どうやって説明したら良いのか分からず…

困っていたところ、あるツィートを読んで「これだ!!」と思いました。

とても素敵な内容のツィートなのでご紹介します。

進路について悩んでいる学生さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

学歴よりも大切なもの

息子と再度、進路の話し合いになったきっかけのツィートです。↓

こちらは少々長いツイートなので、全文がNoteにまとめてあります。

こちらです。→ 全体を見渡し、欠落をみつけ、それを補おうとする力

高校生で反抗期真っただ中の息子が素直に読んでくれるのか?と言った心配がありましたが、思いのほか真剣に読んでいました。

そして、「自分には何が向いてると思う?」と質問されました。

ようやく進路について向き合う気になってくれたんだな、と嬉しくなりました。

子どもが進路を決めるべきなのか

子どもが決めた進路を全力で応援する親御さんはたくさんいると思います。

娘は将来自分のやりたいことが決まっていたので、選んだ大学に対して反対することはありませんでした。

でも、息子はまだ将来やりたいことは決まっていません。

それなのに、「人気がある大学だから」という理由だけで志望校を選んだので反対することにしました。

ケロケロママ
ケロケロママ

本当に学びたいことがあるならFラン大学でもいいんです!!

高校1年生の進路は無限の選択があります。

まだ人生経験も浅いので、迷い過ぎて適当な進路を口にすることもあります。

そんな子どもの間違った進路(志望校)に反対できるのは親だけです。

特に大学は最終学歴になるので、見学に行き内容をしっかり調べた上で決めようと伝えました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学より先に「希望の職業」から決めてもいいかも!!

むすこ
むすこ

パソコンと英語を使う職業を探してみようかな~!!

息子に向いている進路

娘は志望大学を決める際、県内の偏差値が上の大学から順番に全ての学部を調べていました。

興味のある学部の資料を取り寄せて検討して、先生や友達にも相談して決めたそうです。

むすめ
むすめ

国立大学は数が少ないからすぐに決まったけど、私立大学はたくさんあり過ぎて迷ったよ~

昨年娘の取り寄せた資料があるし楽勝だ!!と思っていたのですが、そもそも娘は文系で息子は理系でした…。

姉の影響か?大学に拘る息子ですが、「大学に進学するだけが全てではない」と伝えました。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学校に進学すれば就職とセットだよ!!

むすめ
むすめ

気象大学校とかどう!?

むすこ
むすこ

偏差値70超えてるよ…大学に行くより難しくない?

息子はまだ高校1年生なので、考える時間はたっぷりあります。

人の話に左右されることなく、自分が本当に学びたいと思う進路を選べるように私も手伝おうと思います。

最後に

最初にも書きましたが、

大学名を優先させて選んだものの、いざ入学してみたら授業が全然面白くなく、興味も湧かないと言っている娘の同級生は実はひとりではありません。

むすめ
むすめ

いくつかの学部を受けて、たまたま1つだけ受かった学部に入ることにしたら失敗したと言っている友達もいたよ~

入学してから他の学部に興味が出たからと、転学部を考えている子もいるそうです。

そうならない為にも、息子には大学に入学する前に「やりたいこと」を探して欲しいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

まずはオープンキャンパスに出かけなくっちゃね!!

しかし、私の時代は29学部しかなかったのに、今は700以上の学部があるそうです。

名前のイメージで学部を決めると、入学してから「想像していた勉強と違った」となることもあるそうです。

似たような名前の学部がたくさんあるので注意が必要です。

息子が選んだ学部は私もチェックしようと思っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の進路に関わるのはこれが最後になりますから…

おすすめ記事

息子が入学する頃には、マスク無しで完全対面授業になっているといいな…と思っています。

「大学生活」高校生が考える理想の大学生活とは?

学生時代に読みたかった本です。息子もやたらと理系だけに拘っているので読ませました。

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ