高校生活

「高校生活」100点を取っても親から褒めてもらえない友達

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

息子の高校の友達で、定期テストで毎回英語以外の全教科1位を取っている子がいます。

学年順位も常に1位で、行きたい大学に向けてコツコツ勉強を頑張っています。

英語だけが唯一苦手教科とのことですが、努力して少しづつ点数を上げているそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子に爪の垢を煎じて飲ませたいっ…!!

2学期末のテストも、全教科90点代で数学が100点だったとのことで…高校に入ってから一度も90点代を取ったことがない息子に思わず「見習え~!!」と言ってしまいました(笑)

ケロケロママ
ケロケロママ

学年1位だったら大学の推薦が選び放題だね!!

むすこ
むすこ

それが、一般受験で行きたい大学があるから推薦は狙ってないんだって~

息子が代わりに推薦を貰えたらいいのに…!!と思ってしまいました(笑)

さて、そんな優秀な友達ですが、成績のことで一度も親から褒められたことが無いそうです。

どうして褒められないのか?疑問に思ったので息子に詳しく話を聞いてみました。

結論から先に書きますが、高校生になっても子どもは親から褒められたいと思っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

祖父や祖母ではなく、親に褒めてもらいたいのです!!

スポンサーリンク

100点を取っても褒められない理由

友達が100点を取っても褒められない理由ですが、親がすすめていた高校を拒否して、今通っている高校に入学したことに原因がありました。

親は「ランクを落として入った高校で満点を取るのは当たり前」という考えを持っていました。

友達の親がすすめていた高校は、偶然にもうちの娘が通っていた高校でした。

塾の先生から、「娘の通っていた高校」と「息子の通う高校」は、トップ層の成績は大差ないという話を以前聞いたことがありました。

むすめ
むすめ

高校の偏差値も3くらいしか変わらないしね!!

実際、友達の模試の偏差値は、娘の高校1年生の冬に受けた模試の偏差値とほぼ同じでした。

娘は入学直後のテストでビリに近い成績を取った経験があり、物理に至っては最後まで苦手教科だったので、友達が物理100点だったと聞き、「凄すぎる!!」と褒め称えてました(笑)

娘のどん底時代の成績の話はこちらです。↓

学年最下位になっても大丈夫!!「高校1年生初めての定期テスト」

高校生は褒めなくてもいい?

息子の友達はとても素直で優しい子でした。

私と娘が、友達の成績を「凄い!凄い!」と褒めまくっていると、とても恥ずかしそうにしてました。

娘が「テストの問題を一通り見たけど、私が通っていた高校と難易度は変わらないよ!!」と伝えたところ、顔を上げて「自信を持ってもいいですか?」と聞いてきました。

むすめ
むすめ

いいに決まってる!!

娘がそう言うと、その日一番の笑顔を見せてくれました。

友達のご両親は「息子のため」を思って普段から厳しく接しているのかもしれません。

ケロケロママ
ケロケロママ

ただ、時々は手放しで褒めてあげると子どもは喜びます!!

子育てに正解はないから難しいんですけどね。

80点を取るとケーキを買ってくれる親

息子の仲良しグループで、定期テストで80点以上の点数を取ると親からケーキを買ってもらえる友達がいます。

「小学生か!!」と娘はツッコミを入れていましたが、グループの男子全員はケーキが食べれることが羨ましいと盛り上がったそうです(笑)

高校生は普段お小遣いをもらってますし、テストのご褒美は賛否ありそうですが、私はケーキのような小さなご褒美はありと考えています!!

ケロケロママ
ケロケロママ

私も仕事を頑張ったあとに自分のご褒美を買うことがありますから!!

息子にもやる気を出させるために「ご褒美制」を取り入れようかな?

ケーキ1個で80点取ってくれるなら安いかも…(笑)

そう言えば息子の高校合格のお祝いに、夫がホールケーキを買って来たことを思い出しました。

むすこ
むすこ

嬉しかったなぁ~

親の価値観の押し付け

受験において、親の価値観の押しつけは子どもの選択肢を狭めます。

大学受験においては、受けたいと思っている志望校を親に言い出せない子は、全体の25%いるそうです。

むすこ
むすこ

4人に1人は行きたい大学を受けるのを諦めてるってこと?

ちなみに、我が家も他人事ではありませんでした。

比較的何でも話してくれる娘ですら、ぎりぎりまで学部を変えると言い出せませんでした。↓

「大学受験」年が明けてから志望学部を変更したいと言われました!!

学年順位1位の友達は、親から「推薦で進学するな」と言われているそうですが、高校1年生から推薦をもらわないと決めつけず、色んな戦略を立てておくと安心なのにな…と思いました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の友達は、推薦をもらったあと、苦手な英語の勉強を頑張ってました!!

受験のやり方は各家庭の方針がありますが、今は一般受験ひとつ取っても色んな方式があるので、「受験方法」をしっかり確認してお子さんと話し合った上で決めることをおすすめします。

私の受験の反省点はこちらに書いてあります。↓

大学受験に対して親が無知であることの怖さ 

最後に

こんなツイートを読みました。

私もバリウムで褒められまくった経験があります!!

ケロケロママ
ケロケロママ

すっごく気分よく飲むことができました(笑)

大人でも褒められると嬉しいのですから、高校生なら尚更ですよね!!

私はこちらの本を読んで息子を褒める(おだてる?)ようになりましたが、ほとんど無視されていますが、それでも時々嬉しそうな表情をしています。

娘の友達にも、「どんな高得点を取っても親が褒めてくれない」、と落ち込んでいる子がいたそうです。

むすめ
むすめ

親に喜んでもらいたい一心で勉強を頑張っていたよ~

定期テストでたとえ100点が取れなくても、少しでも良いところを見つけて褒めてあげたいですね!!

高級生大福お取り寄せ通販専門店【伊勢屋與兵衛(いせやよへい)】

ケロケロママ
ケロケロママ

大福好きな息子にご褒美として買おうかな?

伊勢屋與兵衛は、本物の和菓子屋、本物の和菓子職人が本気で取り組む大福屋です。

和菓子が美味しいことはもちろん、パッケージ、手提げ袋等のデザインも常に手土産、 贈り物に最適なものを吟味して選んでおります。

人気NO.1の商品は、創業天保元年、老舗和菓子屋の職人が餅、餡、水、製法、全てにこだわって作った 大福が8種も入った伊勢屋與兵衛の看板商品である、とろける生大福おすすめ8種食べ比べセットです。

天保元年(1830)年創業【伊勢屋與兵衛】



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ