大学の志望校選びについて

「大学受験」滑り止めを受けない選択

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

娘の通っていた高校は、偏差値60前後の国公立大学が大好きな田舎の自称進学校でした。

国公立大学を受験するのは当たり前でしたが、それ以外に滑り止めで私立大学を5~10校受けるのは当たり前で、「最低でも7校は受けて下さい」と指導してくる先生もいました。

娘の幼馴染みで、偏差値70を超える愛知県の中でもトップ3に入る高校に通う子がいましたが、娘の高校とは逆で滑り止めを受ける子は少ないとのことでした。

むすめ
むすめ

受けても1~2校で、国立一本勝負の子が多いって言ってたよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

めっちゃ親孝行だね!!

ただ、話を聞いていたところ「親孝行とは少し違うな…」と感じる部分もありました。

これは個人的な意見ですが…行くつもりはなくても滑り止めは1校は受けておくべきだと思います。

一番の理由は「自分の本当実力が分かるから」です。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験は勉強だけでなく運に左右されることもあるので、余裕だと考えていたA判定の大学でも落ちることがあります。

もし浪人することになったとしても、現役時に1校だけでも合格出来ていたと言う事実は精神衛生的にも良いのではないでしょうか?

合格しても手続きしなければ納入金も発生しないですし、入学の権利を失うだけですから…親が許してくれるなら受験慣れする目的でも「滑り止め」を受けてみることをオススメします。

…なんだか滑り止めを受けることを勧める流れになってしまいました。

高校によっては「1校も受けないのが当たり前」の滑り止めですが、「滑り止めを受けない選択」をした時のメリットとデメリットはどんなことがあるのかをまとめます。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験生の滑り止めを考えるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

滑り止めを受けない選択

娘とその友達の話を聞いて、滑り止めを受けないのが当たり前の受験生がいることが分かりました。

個人差はありますが、通っている高校の偏差値でこのくらいの違いがありました。↓

  • 偏差値70前後 → 滑り止めを受けない&受けても1~2校
  • 偏差値60前後 → 国立大学を受験する場合、私立大学の滑り止めを5~10校受ける
ケロケロママ
ケロケロママ

娘の友達では高偏差値の高校に通う子ほど、滑り止めを受けない子が多くなる傾向にありました!!

半分の生徒が浪人する?

娘の友達で、滑り止めを一切受けなかった子は1人だけいました。

むすめ
むすめ

愛知県のトップ高校に通っている友達で、旧帝大一本勝負で現役合格したよ!!

共通テストでかなり高得点が取れていたので、一か八かではなく「絶対に合格できる」と確信していたそうで…そのくらいの自信がある子が一本勝負できるってことなんだな、と思いました。

友達が通っていた高校では旧帝大に進学する生徒が約半数とのことで(浪人生含む)、滑り止めを受けていても本命に合格できなければ大抵の子は浪人を選ぶとのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

学年で半分くらいの生徒が浪人するそうです。

私の友人のお子さんは、県内トップ3に入る高校に通っていますが、周りの友達が滑り止めを全然受けないことから「自分も滑り止めは受けない」と言い出したそうで…友人が頼むから受けてくれとお願いしたそうです。

友人のお子さんは、滑り止めで大阪の有名私大に合格していましたが、本命の国立大学には落ちて…散々悩んだ末、浪人することを選んでいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

進学する高校によって、滑り止めに対する価値観は違うんですね。

滑り止めを受けないメリット

本命の勉強だけに集中できる

ケロケロママ
ケロケロママ

本命しか受けないのなら、志望校対策に専念できるというメリットがあります。

私立大学の受験校が増えるほど、多少は過去問を解いたりと対策も必要となりますし、受験するだけで1日かかってしまうので、その分本命の勉強時間が減ってしまいますから…。

むすめ
むすめ

滑り止め校の対策は一切しない子もいたけど、私は過去問を解いて最低限の対策はしていたよ。

滑り止めを受けないデメリット

ケロケロママ
ケロケロママ

滑り止めを受けずに挑戦するのは、浪人する覚悟があると言うことです!!

浪人することでお金がかかる

浪人した場合はいくらくらい費用が掛かるか、事前に調べておく必要があります。

一般的に予備校に通うのにかかる年間学費は、現役生の場合は約68〜113万円、浪人生の場合は約110〜150万円とのことです。
むすめ
むすめ

浪人ってめちゃめちゃお金がかかるんだね!!

ケロケロママ
ケロケロママ

予備校代以外に1年分の生活費もかかるしね…。

さらに次の年の受験料もかかるので、浪人するのはご家族がOKと事前に許可が出ていることが前提となります。

結局のところ、一番のデメリットは「金銭面」です。
親だって無限にお金があるわけではありませんから…。

浪人しても合格できるとは限らない

世間的に言って、旧帝以上や国公立医学部志望の浪人はわかります。

ただ、もう1年勉強すれば本命に受かる保証はどこにもありません。

私大定員厳格化など、状況が一変して合格しづらくなるということも考えられるのもデメリットのひとつです。

浪人して良かった例もありました!!

現役時は行きたい学部がなんとなくしか決まらなかった友達のお子さんでしたが、1年浪人することで「本当にやりたい勉強」について考える時間ができ、行きたい学部がはっきり定まったとのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

なので現役時とは全然違う大学を受験していました!!

浪人生活を経て入学した大学の勉強はとても楽しいとのことで「浪人させてくれてありがとう」とお子さんから言われ、泣きそうになったそうです。

娘の友達でやればやるほど偏差値が上がったことで「浪人生活は楽しかった!!」と言っていた子がいました。

むすめ
むすめ

現役時より共通テストの点数も100点くらい上がったんだって!!

滑り止めの大学を受けることでかかる費用は?

娘は大学受験時に国立大学の前期・後期が本命で、滑り止めに私立大学3校受けました。

滑り止めの私立大学3校の内訳 ↓

  • 1校は国立大学の滑り止めとしてA~C日程で3日間受験(合格)
  • 1校は共通テスト利用で提出(合格)
  • 1校は完全な滑り止めの滑り止めとして受験(不合格)
ケロケロママ
ケロケロママ

国立・私立の受験料と交通費で約20万かかりました。

20万円は娘のクラスメイトの中で最低額だったとのことです。(※平均30万円でした)

むすめ
むすめ

50万かかっていた友達も何人かいたよ!!

私立大学は多様な選抜方式があります。
娘のように「共通テスト利用」で出願すれば、お金さえあれば何十校でも受けることができます。

私立大学の受験戦略として「共通テスト利用方式」の活用は欠かせないものです。その理由は、受験生にとっては負担感の小さい入試方式となっていることが多いからです。共通テスト利用方式では、大学独自の試験を課さず共通テストの結果だけで合否を決定するケースが一般的です。つまり、共通テストさえ受験していれば、大学へ赴くことなく私立大学の併願が可能となるのです。引用:河合塾Kei-Net

共通テスト利用だけで20校出願していた友達もいたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

共通テスト利用は1校あたり平均15,000円なので、20校申し込むと30万ですね。

滑り止めを20校受けたクラスメイト

友達の受けた滑り止め20校の内訳です。↓

  • 滑り止めの滑り止め4校
  • 本命(国立大学)に落ちたら行きたい滑り止め6校
  • 共通テスト利用10校
むすめ
むすめ

共通テスト利用1校落ちただけで、他は全て合格していたよ!!

5日間連続で受験となって、後半は「頭を使い過ぎてボーッとする…」と言いながらヘロヘロになっていたそうで…「滑り止めの滑り止め」は1~2校で良かったのでは?と娘は言っていました。

私立大学は日程が進むにつれて難易度が上がる傾向にあるので、「本命」の前に疲れ切ってしまわないように注意が必要です。

滑り止めが少なすぎて失敗した娘

滑り止めを20校受けた友達とは対照的に、娘は3校(受験日は5日間)と少なかったので、受験の日程としては楽でしたが、「一番偏差値の低い大学に落ちた」ことで、滑り止めとして受験した大学が少なすぎたことに気づきました。

ケロケロママ
ケロケロママ

平均7校受けると言うは全然多くはありませんでした。

  • 受験は勉強しても運によるところもあるので、模試でずっとA判定でもダメなことはある
  • 意外とどの大学に行っても後悔はしない

上の2つの理由から、絶対に浪人したくないお子さんは滑り止めを多めに受けておくことをオススメします。

むすめ
むすめ

滑り止めの大学に通っている友達で後悔している子はひとりもいないよ!!

娘の受験時からずっと購読している雑誌です。↓

最後に

大学名でそのままその先の就職にも影響することもあるので、少しでも上に行きたいのは当然のことです。

そういった意味で、レベルを少し落としてでも受かるであろう大学を受けるのは逆に避けたくなるのかもしれませんね。

うちの娘は滑り止めとして受けた大学に通っていますが、「この大学に入って良かった!!」と言ってます。

ケロケロママ
ケロケロママ

なので、少しでも気になる大学があるのなら受けておくことをオススメします。

むすめ
むすめ

どの大学に行っても、結局本人の勉強次第だからね。

学びの新定番】スタディサプリ高校講座・大学受験講座

娘は高校で行われる補習とスタディサプリの合格特訓コースだけで、第一志望にしていた国立大学の去年の合格ラインを超えました。

その年だけ倍率が高くなり過ぎたことで落ちてしまいましたが、スタディサプリを使って勉強することで十分国立大学を狙えることが分かりました。

息子も高校2年生から合格特訓コースを使って勉強を始めています。
金額的に塾と併用できるのも助かります。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。