受験結果

「高校受験」不合格になるのは可哀想?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

この記事を書いている今、愛知県の公立高校のA日程が終わり、残りはB日程を残すのみとなりました。

娘が昨日(3月7日)、近所の高校の前の道を通りかかったところ、ちょうど入試を終えた中学生たちが校門からぞろぞろと出て来たそうです。

むすめ
むすめ

塾の生徒に偶然会ったけど、入試が終わってホッとした顔をしていたよ~

A日程だけの受験の子はお疲れ様です^^♪
B日程もある子はあと少し頑張ってくださいね!!

さて、受験が終わると合格発表が行われます。

ケロケロママ
ケロケロママ

愛知県の公立高校の合格発表は令和4年3月18日(金)です。

この日に出た結果は受け止める他ありません。

ニュースで合格発表の様子が映し出されると、大喜びしている子の後ろには俯きながら帰って行く子の後ろ姿を見かけます。

受験は受かる子もいれば当然落ちる子もいるのです。

息子が公立高校の志望校を決めたときの話ですが、担任の先生と塾の先生の両方から「この高校には絶対に合格はできません」と言われました。

担任の先生からは自宅に電話がかかって来て「不合格になったら可哀想なので志望校を変えた方が…」とまで言われました。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校に不合格になるのは可哀想なことなの?

実は公立高校の志望校を決める少し前に、息子は第一志望校にしていた私立高校に不合格になっていたのですが、少しも「可哀想」だとは思いませんでした。

では一体どんな感情になったのか、息子の受験の体験を元にまとめます。

スポンサーリンク

不合格になったら可哀想?

息子が選んだ公立高校の志望校

担任の先生と塾の先生からは、息子の持っている内申で志望校に合格できた子は今まで一人もいないと言われました。

志望校の平均内申に5以上足りなかったので、当日点を同じ高校を受ける受験生より10点多く取る必要がありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

私が担任の先生でも1度は反対したと思います。

第一志望の私立高校に落ちた直後だったので、余計に担任の先生も慎重になり「私立高校に続いて公立高校まで落ちてしまったら可哀想だ」と考え、反対していたのかもしれません。

ただ、担任の先生と塾の先生の両方からダメ出しをされている息子が不憫だったので、私だけでも合格できると信じて応援することに決めました。

応援してくれた先生

担任の先生と塾長の両方から止められた息子の志望校でしたが、ひとりだけ応援してくれた先生がいました。

塾のアルバイトに来ている大学生の先生で、息子はその先生が大好きでした。

志望校の話をした時に「内申は低いけど、模試の偏差値は十分合格圏内に入っているよ」と言って励ましてくれたそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は担任の先生の猛反対を受けていたので、その一言がとても嬉しかったと言ってました。

息子の合格を信じてくれて精神的に支えてくれた先生のことは今でも感謝しています。

私立高校に落ちてやる気を出した息子

息子が第一志望だった私立高校に落ちた時、私は「可哀想」だとは少しも思いませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

なぜなら、息子はそこまで勉強を頑張っていなかったからです。

酷い親かもしれませんが、息子が「不合格」と言う痛い目を見たことで高校受験の厳しさを知ったことにホッとしました。

息子は私立高校に落ちて初めて焦りを覚えて受験勉強にエンジンがかかりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

この時点で2月でした!!

そこからの公立高校の入試までの1カ月は、最低限の身支度や食事以外は起きている時間全てを勉強に費やしていました。

そして、合格者平均点を大きく上回った点数を取り第二志望の高校に合格することができました。

大して勉強を頑張らずにすんなりと第一志望校に合格していたら、息子はこんなに勉強することはなかったはずです。

第一志望校に落ちたことは息子の人生にとって大きなプラスになる出来事でした。

不合格の現実と向き合うこと

我が家は娘も第一志望の大学に落ちているので、不合格の現実に向き合うことの辛さはよく分かります。

不合格になって辛いのは受験生本人だけでなく、親も同じです。

ケロケロママ
ケロケロママ

朝目が覚める度に夢だったら良かったのに…と何度も思いました。

意外だったのは、娘も息子も不合格になった現実を驚くほど早く受け止めて、すぐに第二志望の大学に気持ちを切り替えていたことです。

親が思う以上に子どもは強かったです。

むすこ
むすこ

後悔し続けていても何も始まらないからね!!

最後に

受験で大切なのは合格することではありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

合格するための努力をすることが何より大事なのです!!

息子がもし公立高校に落ちていたら、そう伝えて慰めようと決めていました。

そう言えば第一志望に合格できて大喜びしていたけど、すぐに授業について行けなくなり…学校に通うのが苦痛になり退学してしまった娘のクラスメイトがいました。

むすめ
むすめ

第一志望に不合格になったけど、進学した高校で部活と勉強を頑張り、憧れの大学の推薦をもらった友達もいたよ!!

合格でも不合格でも、結局本人がその後の高校生活を充実できるかどうかなんです。

あと少しで長かった戦いにも一区切りつけることができますね。
受験が終わったら短い春休み、中学との友達との時間を大切に過ごして下さい。

 

光で目が覚める「うるさくない」目覚ましをご紹介します。

高校で無遅刻・無欠席を目指すなら、朝しっかり目覚める必要があります。

娘の友達で毎朝10回は声をかけないと起きなかった子が、このライトを使ったところ自力で起きることが出来るようになりました!!

ケロケロママ
ケロケロママ

公式サイトで注文すると「3カ月間の返金制度」があるので気になる方は試してみてください!!

Makuakeランキング1位獲得 睡眠リズム照明トトノエライト