志望校大学受験

「大学受験」娘の志望校の決め方

大学一年生の娘と高校一年生の息子がいます。

娘は大学受験生の時、最後の最後で志望大学を変えました。

高校一年生の頃から何度も進路希望調査があり、ずっと同じ大学を志望し続けていた娘でした。

なので、願書を出す数日前に「志望大学を変更する」と言われた時は、一瞬何を言っているのか分かりませんでした。

突然の志望校変更には、担任の先生も驚いていたそうです。

実は高校三年生の夏休み辺りからずっと迷っていたとのことで…

共通テストを受け終わった後にようやく決心がついた、とのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

大きな試験が終わったことで、少し冷静に考えることが出来たのかな?

志望校の選び方は人それぞれ違います。

中学時代から行きたい大学が決まっている子もいれば、高校三年生の秋に迷っている子もいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

模試の成績が伸びずに第一志望校を諦める子もいます…

たった今(9月)も進路に迷っている子は多いんじゃないでしょうか?

娘の志望校の選び方は参考になるとは思いませんが…

「こんな選び方があるんだな」と肩の力を抜いて志望校について考えてるきっかけになればいいな、と思いまとめることに決めました。

結論から言えば、娘は願書を出す直前に変更した大学に通っています。

1年前の今頃には想像もしていなかった大学なので不思議です。

スポンサーリンク

娘の大学の選び方

行きたい学部の変更

娘の志望大学が変わったのは、学びたい学部そのものが変わったからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

学部が変わることによって、私立大学、国立大学どちらも願書の提出先が変更となりました!

更に「私立大学は一校しか行きたい大学が無い」と言われました。

本命は国立大学でしたが、滑り止め校が1校だけなのは不安だったので、娘と相談した上で私立大学は3校受けることになりました。

ただ、先生からも「絶対受かる」と言われていた滑り止めの私立大学に落ちたのは、受験には100%はないんだ、と思い知らされた出来事でした。

私立大学に落ちた話はこちらです。↓

大学を選びのために最初にやったこと

国立大学は数が少ないのですぐに志望大学が決まりましたが、問題は数の多い私立大学でした。

娘の私立大学を選ぶ条件は総合大学であることでした。

偏差値の高い私立大学(総合大学)から順番に志望する学部があるかどうかを調べて行き、最終的に3校まで絞りました。

その3校全てのオープンキャンパスに出かけ、質問コーナーの学生さんではなく、大学の事務局の方に直接質問をして話を聞いたそうです。

勉強したい学部、大学の雰囲気、自宅からの距離、受験方法など細かいところまで検討した結果、行きたい私立大学は一校だけとなったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

もう一校くらい無いの?

落ちたらどうするの?の質問に…

私立大学の一般受験の倍率は驚くほど高いです。

しかも国立大学の二次試験の対策を中心に勉強していたので、私立大学の「赤本」を本格的に勉強する時間は1週間ほどしかない状態でした。

国立大学を受験する子は皆そうだと思いますが、私立大学に絞って受ける子よりはどうしても不利な戦いになりますね…。

「私立大学はここしか行きたくない!!」と言う娘に、「落ちたらどうするの?」と直球の質問をしたところ…

「後期試験を受ける」と返答されましたが、後期試験の倍率って何十倍よ?と心配が増すばかりでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

私立大学は、行きたい大学が多ければ多いほどいいです!!

志望校が一校しかない状態は、正直不安しかありませんでした。

受験方法

私立大学の一般受験は様々な受験方式があります。

娘は行きたい私立大学だけ、自分が一番得意だと思う教科で受けました。

ケロケロママ
ケロケロママ

それ以外の私立大学は先生の勧める教科で受けました!!

先生の勧める教科は、模試の偏差値の高い教科だったので私も納得でした。

逆に娘が自分で選んだ教科は、それほど模試の偏差値の高くない教科だったので、点数が取れるのかな?と心配していたのですが、当日は全教科とも満点近く取れたそうです。

むすめ
むすめ

自己採点だけどね!!

娘からは自己採点では絶対受かってるはず!!と言われましたが、それでもハラハラで眠れない1週間でした…。

ちなみに先生の勧めた教科で受けた大学は落ちました。

たとえ模試の成績がパッとしなくても、本人が受けたい教科で受けさせることも大事なんだなぁ、と思った出来事でした。

むすめ
むすめ

私立大学だと試験との相性もあるけどね!!

直前で志望校を変える子たち

娘以外にも、直前で志望校を変える子は何人かいました。

ただ、弱気になって下のランクの大学を受けた子は、大抵その大学にも落ちていました。

弱気になって志望校を変えて、共通テスト利用、A方式、B方式と、様々な方式で1校につき10通願書を出した子もいましたが、残念ながら全て不合格となりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

数打てば当たると言うものでは無いんですね…

志望校を変えて、前期試験に落ちたけど諦めずに後期試験を受けて、補欠に引っかかり、ギリギリで繰り上げ合格の話が来た子もいました!!

志望校を変えるなら、ギリギリまで諦めずに戦う気持ちも必要ですね。

最後に

今、いくつかの志望校(学部)で悩んでいる子は、願書を出すギリギリまで迷ってみるのもありです!!

娘もギリギリだからこそ本当に行きたい学部が分かったんだろうな、と思うからです。

ただ、志望大学が変わると受験科目が変わる場合もありますので、そこだけはしっかり調べておいて下さい。

9月に入り、一般受験の子は志望校に向けて猛勉強の日々を送っていますよね。

どこの大学に入れるんだろう?

自分は大学生になれるのかな?

そんな不安な気持ちが常にあるのではないでしょうか。

むすめ
むすめ

私もいつも不安だったよ!!

娘の周りを見ていると、第一志望にしていた大学に進学する子は意外と少なく…第二志望の大学に進学して行った子の方が多くいました。

娘も第一志望の国立大学に落ちて、私立大学に通っていますしね!

受験が終わった今だから言える話ですが、私は娘が「私立大学の志望校を変える」と言った時点で、きっとこの大学に通うことになるんだろうな、と思ってました。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の目がとても真剣だったからです!!

月並みなセリフになりますが…

どこの大学に行くかより、何を学ぶかを一番に考えて志望校を見つけて欲しいな、

そう心から思います。

全国で学部数は2000、学科数は5000あるそうです。
その中の1校しか選べないんですね…。

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ