高校生活

高校生は部活に入ると受験に有利になるのか!?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

息子は中学生時代、バスケ部に所属していました。

とても厳しい部活で練習をサボる子も多かったのですが、息子は一日も休むことなく頑張っていました。

それでもなかなかレギュラーになることは出来ず、最後まで純レギュラーのまま引退となりました。

レギュラーを選ぶ際、毎日練習を頑張っている生徒を優先させるか、実力のある生徒を選ぶかは、顧問の先生の采配によって違います。

息子の顧問の先生は後者の「実力のある生徒選ぶ」タイプの指導者だったので、どんなに部活をサボっていても、しっかり得点することができる生徒がレギュラーに選ばれていました。

真夏の暑い体育館で必死に練習を頑張ってもレギュラーに選ばれず…しょんぼりしながら帰宅する息子が不憫に思うこともありました。

実は娘が中学時代の顧問の先生も同じタイプでした。

なので「割り切って部活に参加するしかないんだよ~」と息子に話したこともありました。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子は文句を言いつつ最後まで部活を頑張りました!!

そんな息子も高校生になり、新学期が始まってぽつりと「部活に入りたくないなぁ」と言いました。

中学時代の部活が楽しめなかったので、高校の部活に入るのは乗り気では無い様子でした。

様々な理由で「部活に入りたくない」と考えているお子さんは沢山いると思います。

今回はそんなお子さんに読んで欲しい、高校に入学してからの部活についてまとめました。

この記事を読んで、「部活の見学に行こうかな?」と少しでも思ってもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

部活に入りたくないのなら

うちの息子に限らず、中学時代の部活で嫌な思いをした子たちは大抵「高校では部活に入りたくない」と言い出します。

ケロケロママ
ケロケロママ

部活自体がトラウマになってしまった子もいます…

私は息子が中学の頃、最後まで逃げることなく部活を頑張っていたことを知っていました。

なので、息子には「無理して部活に入らなくてもいいよ!!」と伝えました。

息子に伝えた言葉

残念ながら息子が入学する高校は、1年生の間は部活に入る決まりになっていました。

なので息子には以下の言葉を伝えました。

  • 高校では中学より部活の選択肢が多いこと
  • 興味があって、尚且つ活動時間が少ない部活を選べば負担はほとんど無い
むすめ
むすめ

1年生で入部したけど2年になると同時に退部した友達もいたよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

最初から最後まで幽霊部員の子もいるしね!!

息子が選んだ部活

「活動が緩い文化部に見学に行く」と言って登校した息子でしたが、その日帰宅したら「バレー部に入部して来た!!」と報告され、娘と一緒にびっくりしました。

むすめ
むすめ

あんなに部活の見学を嫌がってたのに!?

文化部を一通り見て回ったけど息子が入りたいと思える部活がなく…

たまたま通りかかった体育館でバレー部が活動していたので見学していたところ、先輩に誘われて一緒にやってみたら楽しかったとのこと。

そう言えば、息子は小学2年生から6年生までバレーボールのクラブチームに入っていたことを思い出しました。

ケロケロママ
ケロケロママ

中学は男子バレー部がありませんでした!!

嫌々でも部活の見学に行ってみると、思わぬ部活との出会いがあることを実感した出来事でした。

部活に入って良かったこと

息子が部活に入って一番良かったと言っていることは、友達が増えたことです。

むすこ
むすこ

部活で一気に友達が増えたよ~!!

今年大学生になった娘も運動部に所属していますが、中学・高校・大学と
「何だかんだ言いながらも、部活が一緒の子と一番行動を共にしている」と言っていました。

むすめ
むすめ

先輩とも仲良くなれるよ!!

娘は修学旅行の自由行動を部活の仲間と一緒に回ったり、卒業式の後も集まったりしていました。

今でも夏休みなど時間を見つけて、みんなで高校の部活の練習に顔を出しています。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子も部活仲間とずっと仲良くできるといいなぁ!!

部活は大学入試で有利になるのか?

一般入試で受験する場合なら、部活に入らないくても何も問題はありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

国公立大学は共通テスト、2次試験の結果で合否が決まるからです!!

むすめ
むすめ

私立大学の一般入試も当日点勝負だよ!!

進学校に入った子なら、勉強を優先したい人もいるはずです。

気が進まない部活なら入らずに、その分勉強を頑張った方がいいです!!

指定校推薦を狙う場合は、部活に入っていると有利になることもあると聞きましたが、これは学校ごとの方針がありますので高校の担任の先生に聞いてみて下さい。

娘と息子の高校では、大学の指定校の条件は評定平均と欠席日数くらいで、部活は関係ありませんでした。

最後に

息子の友達には、勉強を優先させたいからという理由で緩い文化部に入った子もいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

それもありです!!

高校に入学してからは、何にどのように時間を使うか、どんな風に充実させるかは自分で決めればいいのです。

無理して勉強と部活を両立させる必要はありません。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校からの部活はただの好きな人同士の集まりですからね~!!

でも、最初から「入らない」と決めつけず、色々な部活を見学に回ってみれば、息子のように思わぬ出会いがあるかもしれませんよ!!

おすすめ記事

いやいやキャプテンをやったけど、精神的に成長した娘の話です。↓

「中学生活」部活動のキャプテンになりたくなかった人へ

ドラマ化もしてました。高校生って無駄な努力を重ねる生き物ですよね(笑)↓

我が家はスポーツ用品はすべてデポで買っています!!



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ