大学受験の悩み

高校受験と大学受験の一番大きな違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

娘は中学3年生の秋に塾の先生から「合格率40%」と言われていた高校でも、全く怯むことなく受験しました。

心配して「志望校のレベルをひとつ落としてもいいんだよ?」と提案した私に向かって「大丈夫!絶対に合格してみせるから!」と言い放つほどの度胸があり、心臓に毛が生えてるの?と思うほどの強いメンタルを持っていました。

むすめ
むすめ

高校受験の面接でも全く緊張しなかったんだよ!

ケロケロママ
ケロケロママ

合格発表当日も発表ギリギリの時間まで寝ていたね…。

その3年後、娘は大学受験生となり、模試ではA判定の大学がいくつかあったので、志望している大学のどれかには入れるでしょ!と全く心配していなかったのですが…

高校3年生の秋に突然、「大学受験が怖くて仕方ない。一校も受からなかったらどうしよう…」と不安を口にしました。

慌てて話を聞いてみたところ、「受けた大学全部が不合格になるかもしれない」と言う恐怖心を毎日感じているとのこと。

ケロケロママ
ケロケロママ

あの高校受験を乗り越えた娘と本当に同一人物なの!?

県内では(多分)トップレベルなメンタルの強さを持つ娘でも、大学受験ではこんなに自信をなくして不安を感じるものなんだ、と驚きました。

うちの娘のように「合格できる大学はあるのかな?」と不安を感じている受験生は沢山いますよね!

この記事では、受験の不安や恐怖心を和らげる対策を、受験経験者の娘に話を聞きながらまとめてみました。

ケロケロママ
ケロケロママ

頑張る受験生の参考になれば幸いです!!

スポンサーリンク

高校受験と大学受験の一番大きな違いとは

私立高校は、ある程度の内申があれば無条件で合格できる高校があります。

そして公立高校も、内申・偏差値の安全圏内で選べば、当日よほどの失敗をしない限り合格することができます。

ケロケロママ
ケロケロママ

ところが大学の一般入試は当日点一発勝負です。

高校受験では県内の限られた地域の中学生がライバルだったのが、大学受験では全国の高校生や浪人生がライバルとなります。

むすめ
むすめ

倍率10倍が当たり前の世界だよ!!

娘は、秋は「これから2月の入試までの数か月で模試の判定は上がるのか?」と悩み、年明けからは志望校の倍率の心配をしていました。

模試でA判定を取っていても…

模試で私立大学のA判定が出ていたので「そこまで心配しなくても大丈夫では?」と伝えたのですが、

娘曰く「私立の一般でA判定が出ていても、大学独自の問題があるので入試本番で実際に解けるかどうかは分からない」とのことでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘は国公立の共通テスト対策をずっとやっていたので、実際に私立対策(赤本)に取り組むことが出来たのは共通テストが終わってからでした。

結果的に私立大学の第一志望校には合格できたものの、共通テストが終わってから2週間足らずで私立大学の入試だったので、時間的にかなり厳しい戦いとなりました。

ちなみに受かるつもりで受験した私立大学は不合格でした。
模試の判定はあくまでも その時のその問題での目安でしかありません。

「大学受験」娘がA判定だった滑り止めの大学に落ちた話です

「高校受験」とは違い、時にはありえないような理不尽な思いをすることもあるのが「大学受験」なのです。

私立大学の水増し合格とは?

娘がA判定の大学に不合格になったように…

偏差値は余裕で足りていて、模試でも常にA判定、当日点も自己採点ではしっかり取れていてもなぜか落ちることはあります。

大学受験においては、偏差値や模試の判定より「合格最低点」を気にすることの方が大事なのですが、「合格最低点」を公表していない大学では、自己採点でいくら手応えがあっても落ちることがあるので注意が必要です。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘が不合格になった大学も合格最低点が公表されていませんでした。

私立大学では合格最低点を上げ下げしながら、水増し合格を出すための調整をしています。

毎年入学率が大きく変化するような有名私大では、合格者の人数を自由に調整したいこともあり合格最低点を公表していない大学もあるとのことです。

むすめ
むすめ

何点を目指したら良いのか分からないのは困るよね…。

大学に全落ちした時のことを考える

第一志望の大学に進学できる子は「受験生全体のたった10%」とのことです。

なので「第一志望校に不合格になったらどうするのか?」と考えておくことも必要です。

  • 第二・第三志望校に進学するのか
  • 第一志望校の後期試験を受けるのか

大学に全落ちしてしまったら、浪人か、専門学校か、就職か、そこまで話し合って決めておくと安心です。

ケロケロママ
ケロケロママ

秋になると共通テストのことで頭がいっぱいになって、話し合いをする時間は取れなくなるので、気持ちに余裕がある夏休みの間に話し合うことをお勧めします!

「大学受験」大学に全落ちしたらすぐにやるべきこと

志望校を増やす

大学の受験料はビックリするほど高いです!↓

受験料
共通テスト3教科以上 18,000円
2教科以下 12,000円
国公立大学 二次試験1校につき 17,000円(平均)
私立大学  一般入試1校につき 35,000円(平均)

娘は私立大学3校(内1校共通テスト利用)と国立大学の前期・後期に申し込みましたが、郵送代(収入印紙代)や会場までの交通費などで合計16万かかりました。

それでも16万は娘のクラスメイトの中では最低額でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

30万超えるのが普通でした!

娘は我が家の家計を気遣って最低限の滑り止めしか受けなかったのですが、これは大失敗でした。

娘の通っている高校では、国公立大学を受験する生徒は滑り止め校を平均7校は受けると言われていましたが、先生の言う通り、そのくらい受けさせておくべきだったと反省しています。

大学受験は年に1度の冬にしかありません。

家計の許す限りとなりますが、同じ大学でも色々な方式を使って1校でも多く受験することをお勧めします。

むすめ
むすめ

私も私立大学のB日程は落ちたけどA日程で合格していたからね。

ちなみに一番受験者の多いメインの日程から追加合格が出ることが多いと聞きました。
3人と少ないのですが、娘の周りで追加合格の連絡が来た子は全員A日程でした。

たまたまかもしれないんですけどね!

大学受験 娘の補欠合格の体験談です!!

後期試験のある大学を調べておく

ケロケロママ
ケロケロママ

備えあれば患いなし、と言います。

私立大学の後期日程について調べておくと受験のお守り代わりになります。

「愛知県の大学受験」3月に出願できる私立大学について調べてみました!!

私立大学の前期試験で1校くらい合格するだろう」と甘い考えを持っていたので、最初に受けた私立大学の不合格通知が届いたときは大慌てしました。

受験生本人は前期試験の対策をすることで精一杯で、後期試験のことまで考えられないので、親が前もって調べておいてあげて下さいね。

最後に

娘を元気づけようと「大学って志願倍率は高いけど、実質倍率にすれば大したことないんだよ」と伝えたのですが…「それでも高校受験の倍率の比じゃないでしょ…」と言われてしまいました。

合格のプレッシャーをかけないようにと「浪人してもオッケーだからね!」と伝えたところ「浪人だけは絶対にしたくないんだけど!」と怒られました。

ケロケロママ
ケロケロママ

親は余計なアドバイスをせずに、ただ見守ることが大事だと学びました。

  • 金銭的に許される範囲で、確実に合格できる大学を複数受けておく
  • 第一志望校に落ちた後のことを親子でしっかり話し合っておく

大学受験では、この2つを押さえておいたら、あとは本人に任せて見守りましょう。

ところでうちの息子(高校2年生)ですが、現時点では勉強を頑張っていないので、沢山の大学を受験させる気になれません。

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強を頑張っていた娘だったから何校でも受けさせてあげたかったんだな~、と息子を見ていて気づきました。

大学受験に対する恐怖心が全くない息子も困ったものです。