志望校

志望校を諦めさせたい親と受験したい子ども

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

息子は担任の先生と塾の先生の両方から「絶対に受からない」と言われていた公立高校に合格し現在通っています。

愛知県は公立高校を2校受験することができます。

実はもう一ランク上の高校も一緒に志望していたのですが、担任の先生から家に何度も電話がかかって来て「公立高校2校とも落ちるのは可哀想ですから」と言われ、息子も学校で先生に説得されるのにストレスを感じ始めていたので受験することを諦めました。

1校を実力相応の高校を受けて、もう1校は完全に滑り止めになるレベルの高校を受ける、そんな指導をする中学校の先生が多いので、内申が足りなかった息子が反対されても仕方がありませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

内申に振り回された受験でした…。

ところがいざ受験してみた結果、前年度の合格者平均点を15点近く上回る点数を取ることができ合格することができました!!

最初に志望していたワンランク上の高校も、入試問題を解かせてみたところ昨年度の合格者平均点を大きく上回っていました。

なんだ…受験すれば合格できたんじゃん」と激しく後悔することとなりました…。

その後、息子が入学して、ゴールデンウィークに入る辺りまでは悔しさでずっとモヤモヤし続けていましたが、息子が今の高校に楽しく通っている姿を見ているうちに、自然に気持ちが収まって行きました。

我が家の場合は、私も息子も受験することを諦めてしまったので仕方がなかったのですが…

親は「志望校」を諦めさせたい、でもお子さん自身はどうしても諦めたくない、と意見が分かれているご家庭もありますよね!!

今まで2人の子どもたちの受験を経験して来て分かったのは「志望校は受験する本人に決めさせた方がいい」と言う事です。

ケロケロママ
ケロケロママ

なぜそう思うのかを下にまとめます!!

志望校決めで悩んでいるご家庭の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

志望校を諦めさせたい理由を考える

明らかに内申や偏差値が届いていないのに、ただ高望みばかりしていたら親として「諦めさせたい」と思うのは当然のことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験費用もかかりますから!!

偏差値が50しかないのに偏差値が65の高校を受けたいと言い出したら私も全力で反対します。

親が志望校を諦めさせたい代表的な理由として以下の3点が挙げられます。

  • 偏差値が合っていない(高すぎる・低すぎる)
  • 家から遠すぎる(片道1時間半かかるなど)
  • 校風が合っていない(生徒の雰囲気が派手過ぎるなど)

偏差値が合っていないですが、本人が本気で勉強に対して努力していて偏差値があと少し足りない状態なら、私なら受験させます。

実際、娘も息子も夏休み明けの模試で志望校の合格率40%でしたが受験させました。

「高校受験」合格率40%でも挑戦する?

ただ、夏休み明けの時点で合格率20%で偏差値も全然届いていなかったら、たとえ泣いてお願いしてもやめさせます。

夏休み明けから、受験生は全員本気で勉強を始めるので、偏差値はそうそう上がることはないからです。

家から遠すぎるのは、大学受験時に不利になるので相当な理由がない限り反対します。

ケロケロママ
ケロケロママ

どんなに遠くても1時間が限界だと子どもたちには伝えてました。

校風については、本気で親子で話し合っておいて下さい。
中学生だと校風のことを考えず、親や塾の先生に勧められるがままに受験して入学する子が普通にいます。

娘が高校1年生の頃のクラスメイトの男の子は校風が合わず、入学後1週間で学校に来なくなり退学してしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

「楽しい高校だって聞いていたのに厳し過ぎ。親に騙された。」と言っていたそうです。

高校に一番求めるものを考える

高校の志望校決めの時点で、やりたいことが明確にある中学生の方が少ないです。

むすめ
むすめ

大学もなんとなく決める人もいるからね~!!

  • 部活が強い高校
  • 勉強面のフォローがしっかりしている高校
  • イベントが盛りだくさんな高校
  • 制服が可愛い高校

これは絶対に譲れない条件をお互い提案してみて下さい。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘の場合、通っている生徒の雰囲気と距離(近さ)でした。

制服が可愛い高校」については賛否あるかもしれませんが、女の子にとっては重要だと思います。

3年間着て通う制服が可愛ければそれだけで楽しく通えますし、志望校選びで制服のことを全く考えていなかった娘ですら「可愛い制服の高校はいいな~」と言ってました。

高校に落ちたら可哀想?

息子が大して勉強を頑張っていないのに私立高校を受けて不合格になった時は全く可哀想だとは思いませんでした。↓

「高校受験」不合格になるのは可哀想?

一生懸命、受験勉強を頑張ったお子さんが「不合格」となったから可哀想だと思うのは何か違うな…と思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

不合格になったとしても「勉強頑張ったね、お疲れ様」と言ってあげたいですね。

一番可愛そうなのは、志望校を無理矢理諦めさせられて受験することができず「後悔」を残してしまうことです。

そうならない為にも、しっかり話し合って下さいね。

娘はチャレンジした大学に不合格になりましたが、受験した結果落ちたから自分の実力不足だと分かってスッキリした、と言ってました。

どうかお子さんに悔いの残らない受験をさせてあげて下さい。

どこの高校に入っても勉強は本人次第?

ある程度校風に左右されることはありますが、高校の勉強に関しては本人のやる気次第です。

娘と息子が違う高校に入ったことで良く分かりました。

息子の高校の校風は自由で、勉強の面倒見はとても悪いと聞いていましたが、息子が質問に行くとどの先生も1時間近くマンツーマンで勉強を教えてくれます。

ケロケロママ
ケロケロママ

授業形式で黒板を使って教えてくれる先生もいるよ!!

校風が自由な分、行きたい塾に通って受験勉強をして有名大学に入る子も毎年多くいます。

息子の高校とは逆で、娘の通っていた高校は勉強のサポートが充実していて宿題も多く出されていましたが、補習は全て欠席して宿題は回答を丸写しする子が多くいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強を強制される高校でもやらない子は一定数いました。

結局のところ、勉強に関してはどこの高校に入ってもやる子はやるし、やらない子はやりません。

Fラン大学に入ったとしても…?

私の妹はFラン大学出身でしたが、「学びたい勉強はできたし、取りたい資格も取れたから満足!!」と言っていました。

それもあって、大学は学びたいことを中心に選んで欲しいと子どもたちには伝えてました。

娘の大学受験時にいくつかの「Fラン大学」と呼ばれている大学のホームページを見てみたところ、設備はしっかり整っているし、キャンパスも綺麗で、国試の合格率がとても高かったので、学ぶ目的をしっかり持って入るかどうかなんですよね!!

ケロケロママ
ケロケロママ

設備が立派でも、使いこなせる学生がいなければ何の意味も無いですからね。

実は娘の高校時代の友人は、Fラン大学を受験して特待生として入学しました。
4年間の学費が全て免除とのことです。

むすめ
むすめ

先生方にも大事にされていて大学生活は楽しいって言ってるよ!!

資格もしっかり取れる大学なので、本当に羨ましい限りです!!

最後に

今回のタイトルにした「志望校を諦めさせたい親と受験したい子ども、どちらの意見を優先させる?」ですが、受験する本人の意見を優先させてあげて欲しいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

なぜなら私が「受験させなかった後悔」を嫌と言うほど味わったからです。

とは言え、「なんとなく楽しそうだから」なんて理由で志望校を選ばれてもこまりますよね!!

実際のイメージと合っているか確認するためにも、少々面倒ですができるだけ高校説明会に出かけてみて下さい。

むすめ
むすめ

私立高校は、ボールペンや過去問とかもらえる高校もあってお得だったよ!!

娘も息子も、こちらの赤本のお世話になりました。
本番さながらに問題が作られていておすすめです^^♪