高校受験の悩み

「高校受験」勉強とスポーツに共通している負け癖について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

息子は小学2年生からバレーボールのクラブチームに入っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

当時出来たばかりのクラブチームだったので子どもたち全員が初心者でした!!

監督はまめに練習試合の予定を組んでくれたり、公式戦に申し込んでくれましたが、初心者だらけだったので全戦全敗な状態が2年以上続きました。

試合経験を積むことはとても大事です。

初めて公式戦に出た日、子どもたちは大きな体育館の雰囲気に驚き、観客の数に圧倒されてました。

そしてウォーミングアップする場所、試合の間の食事をするタイミングなど最初は分からないことだらけでしたが、公式戦の回数を重ねるうちにコツを掴んで行きました。

ただそうやって試合に慣れて行くと同時に、試合に負け続けることにも慣れて行きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

そして試合に負け続けることでついた「負け癖」から、なかなか抜け出せなくなりました…

そんな息子が所属していたクラブチームの「負け癖」ですが、同じように勉強にも「負け癖」は存在しました。

勉強の負け癖もなかなか抜け出せなくて大変でした。

今回は息子についてしまった勉強の負け癖と、それを直す方法についてまとめます。

スポンサーリンク

負け癖がついたことで困ったこと

息子が所属していたバレーボールのクラブチームに「負け癖」がついたことで困ったことは以下の通りでした。

試合になると必要以上に緊張してしまう

緊張して力が過ぎることでサーブが全く入らなくなりました。

むすこ
むすこ

サーブ入らないと試合にならないんだよね…

いつもなら勝つことができるはずの相手に、緊張し過ぎてガチガチになった結果負けてしまう、そんな悪循環が続きました。

自分を信じることができなくなる

努力したってどうせ勝てないから、とすぐに諦めてしまうようになりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

これが一番厄介な思考でした。

強豪校の名前だけで委縮してしまって、諦めモードに入ってしまうのには困りました。

ケロケロママ
ケロケロママ

チーム名を聞いただけで勝手に委縮して負けてました…

部活動で毎年地区大会とか予選落ちの部活も、同じ様に負け癖がついているのかもしれないな…と思いました。

勉強にも「負け癖」がありました

試合に勝てないことでついてしまった「負け癖」ですが、勉強でも全く同じでした。

成功体験が少なかった息子

バレーボールで試合に負け続けたことで「負け癖」がついたように、勉強でもテストで悪い点数を取り続けることで「負け癖」がついてしまいました。

テストで良い点数が取れない → 親に叱られる → どうせ努力したって良い点数なんて取れない → 勉強しない

ケロケロママ
ケロケロママ

息子はいつの間にか負のループにはまって抜け出せなくなっていました。

そして中学2年生の冬に、得意教科で最低内申がついたことで「頑張ったって成績は上がらない」と思い込み、勉強を諦めてしまいました。

負け癖を直すために必要なこと

バレーボールの「負け癖」を直すために必要だったのは成功体験でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

少し弱い相手と練習試合をして「勝ち続ける」ことで、少しづつ子どもたちに自信とやる気が戻って来ました!!

初心者ばかるのチームが県大会に出るような強豪チームと試合をしたところで、得られるものは少ないです。

むすこ
むすこ

サーブだけで負けちゃうからね…

シンプルに「勝つ」体験を積ませることが、子どもたちの負け癖を直すために一番必要なことでした。

「勝つ」体験(成功体験)は勉強にも共通するとても大切なものでした。

息子の勉強の成功体験

息子の勉強のやる気を取り戻すには、「良い点数を取る」という成功体験が必要でした。

息子は副教科の勉強が苦手な子でしたが、中学2年生の定期テストで1度だけ美術で100点満点中96点が取れました!!

むすこ
むすこ

初めて美術の先生に褒めてもらえたよ~

ケロケロママ
ケロケロママ

そこからは美術の勉強は進んでやるようになりました!!

勉強に負け癖がついている子は、まずは得意教科の1教科だけでも満点を取ることを目指してみて下さい。

全教科平均点を取るより1教科だけ満点を取る方が、確実に本人の自信に繋がります。

勉強以外で自信が持てるものを探す

「受験に合格」などの大きな成功体験ではなくて、

1000ピースのパズルを完成させた
二重飛びが連続10回飛べるようになった

という小さな成功体験を積ませることが大事です。

ケロケロママ
ケロケロママ

努力した末できるようになったという課程が大事です!!

息子は高校に入ってからバレー部に入りましたが、先輩との試合で1本だけサービスエースが取れたとか、1本だけブロックを決めることができたなど、小さな成功体験を得られるようになりました。

そして、それが嬉しくて練習を頑張る様になりました。

「部活を頑張る子は勉強も伸びる」と言う言葉は、実はあまり信じていませんでしたが「成功体験」が極端に少なかった息子は、部活で認められるようになったことで自信が付き、勉強も頑張るようになりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

部活で自信が持てるようになったことで、精神面が落ち着いて勉強ができるようになりました。

負けず嫌いな性格は生まれつき?

2人の子を育てて、「負けず嫌いな性格は生まれつき」だと言うことが分かりました。

娘は幼少期から負けず嫌いで、逆上がりやピアノの練習など、できないことがあると泣きながら練習を頑張っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

結果、できるようになり成功体験に繋がりました!!

娘とは逆で息子は幼少期から闘争心が少ない子でした。

負けても特に気にすることはなく、娘のように泣きながら何かにチャレンジすることもありませんでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

自分からチャレンジすることをしないので成功体験も少なかったです。

スポーツをやる上で「負けず嫌いな子の方が伸びる」と聞いたことがありますが、負けず嫌いではなくても伸びる競技はあります。

息子の場合、中学時代に入っていた「バスケ部」は全く性格に合っておらず…ほとんど楽しめないまま終わってしまいましたが、

高校で入部した「バレー部」はとても楽しいと言ってます。

むすめ
むすめ

みんなで協力し合うスポーツだからかな?

最後に

「努力すれば必ず報われる」

「悔しさをバネにして頑張れ!!」

このような根性論から来る励ましは「負け癖」がついてしまった子には全く響きません。

むすこ
むすこ

無茶なこと言ってるな~って思うだけだよ!!

テストで悪い点数を取り続けたことで「努力したってどうせ良い成績なんて取れない」と完全にやる気を失っている息子タイプの子には、ものすごく簡単な問題から取り組ませてみることをおすすめします。

息子にも小学4年生の算数ドリルからやらせてみましたが、意外と難しかったです。

ケロケロママ
ケロケロママ

そう言えばドラゴン桜でも数学の勉強の勉強をするときに小学生のドリルからやらせてたことを思い出しました。

一度ついてしまった「負け癖」を直すのは時間がかかりますが、小さな成功体験をたくさん積み重ねて「勝ち癖」に変わって行ってくれるといいですね。

 

息子が夢中で読んでいた本です。
どんなジャンルでも世界一になれる人は凄いです!!