大学生活の悩み

とりあえず教員免許を取ろうとする学生さんは注意してください

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘は大学の部活で学連に所属していて、運営のお手伝いをしています。

1年生は14人いるのですが、その内の11人が教職課程を履修しているとのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

みんな教育学部なの?

むすめ
むすめ

3人だけ教育学部だけど他の8人は違う学部だよ~

私は今まで、教員免許は大学の「教育学部」に入らないと取得できないと勝手に思い込んでいたので、娘の所属している学部で専門学科の中学・高校の教員免許を取れると聞いたときは驚きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

みんな自分の学部に教職課程もプラスして履修しているんだよね?

むすめ
むすめ

そうだよ!教職課程をプラスしているからみんな忙しいよ~!!

このように、「せっかくだから教職課程も取っておこう」と考えて履修している大学生はとても多いです。

ただ、娘も含めて教育学部以外の8人は教師になるかは迷い中とのことです。

そんな軽い気持ちで教職課程は履修できるのか?

教育学部以外の生徒の「教育課程の履修」についてまとめます。

スポンサーリンク

教職課程を履修すると忙しくなる?

自分の学部だけなら空きコマでいっぱいになるはずなのに、教育課程を履修することによって1週間のスケジュールがぎっしり埋まってしまったと、娘はため息をついてました。

むすめ
むすめ

教職課程を履修すると忙しくなるよ~!!

入学してすぐ「教員過程を履修する人のための説明会」に参加したときは全員で300人ほど参加していましたが、1年生が終わった今、半分くらいの人数に減ってしまったそうです。

むすめ
むすめ

大学の先生からも、最終的には半分に減るって言われてたけど本当だったよ…

1年生で教育課程の履修をやめてしまう大きな理由は以下の2つです。

  • 大学の時間割(スケジュール)が忙しくなり過ぎる
  • 大学側で指定されたGPAに足りていない

娘の通う大学ではGPAが足りていないと、他学科を履修させてもらえないので、前期の時点で成績が悪い子は後期から履修したくてもできなくなってしまうそうです。

むすめ
むすめ

定期的にテストがあって、最低点をクリアできないと駄目とか何かと厳しい決まりがあるんだよ!!

ケロケロママ
ケロケロママ

てっきり教育実習が大変で辞める子が多いのかと思ってたよ~

最初の説明会で「教師になることに少しでも迷いがある子は履修しないように!!」とかなり厳しめに言われていましたが、1年生の段階でそれなりの覚悟が必要だと言う事が娘の話で分かりました。

教員になるための覚悟とは

教育学部ではなくても教員免許を取得することは出来るのですが、自分の学部との2足のわらじを履く状態になるので、スケジュール的に大変です。

娘が今心配していることは、「教育実習が一般企業の就職活動とかぶること」とのことです。

むすめ
むすめ

もらったプリントには、土日のボランティア活動の参加も必須と書かれていたけど全然時間がないよ…

娘は「専門教科」教員免許を取得する予定ですが、そもそもの採用人数が少なく、一度の試験で教師になれる子はとても少ない状態です。

ケロケロママ
ケロケロママ

採用試験では成績が上位の人から決まります!!

一般就職にするか教職を目指すか…娘は今ぐるんぐるん迷っている状態です。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

ケロケロママ
ケロケロママ

そんな諺が頭に浮かびました…

  • スポーツが得意だから体育の先生になりたい
  • 絵を描くことが好きだから美術教師になりたい
  • ピアノが得意だから音楽の先生になりたい
  • 小さな子に勉強を教えたいから小学生の先生になりたい

そんな理由で教職課程を履修する生徒は沢山いますが、実際何パーセントくらいの生徒が教員として働けるのかな…と考えてしまいました。

教師は不足している?

私は教員は慢性的に不足していると思ってました。

ケロケロママ
ケロケロママ

テレビのニュースなどで教員不足って言葉をよく耳にしますよね!?

調べてみたところ教員が不足している訳ではなく、「非正規教員」になる人がいないと言う意味で教員不足と言われていることが分かりました。

詳しくはこちらの記事に書いてありました。 ↓

都道府県と政令指定都市、合わせて67の教育委員会に教員の配置状況を尋ねたところ、今月初めまでに31の教育委員会で、定数に対して、少なくともおよそ500人の教員が不足し、配置できない状況であることがわかりました。
引用:NHKおうちで学ぼうfor school

非正規教員の仕事内容は職員と変わらないのに給料が安いです。

ケロケロママ
ケロケロママ

今どきの学生は非正規職員になるくらいなら、一般企業に就職をすることを選びますよね!!

娘の大学の教員採用率

娘の学部では「小学校の教員」か「中学・高校の専門学科の教員」のどちらかを履修をすることが可能です。

ただ、娘の所属している学部から中学・高校の教員の採用率はとても低いのが現状です。

むすめ
むすめ

現役で中学・高校の教師になれるのは毎年数人だよ~

それでも前年度の「大学別中学校教員就職者数ランキング」に大学名がランクインされていたのには驚きました。

愛知県内の某専門学科の教員 採用倍率 ↓

受験者合格者倍率
中学校469人55人8.5倍
高等学校290人20人14.5倍

この表を見てみると、中学より高校の方が倍率がかなり高いことが分かりますよね。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校の教員に一度の試験で通るのはかなり優秀な学生ですね…

教師を目指す子におすすめのバイト

教職課程で教育原理を教えてくれている先生からは、

教職を目指す子は塾講師のアルバイトをするといいとすすめられているそうです。

娘は塾講師のアルバイトをしていますが、実際に中学生や高校生に教えることで「意外と楽しいことに気づいた」と言ってました。

むすめ
むすめ

高校生に教えるのも楽しいと思えたよ!!

最後に

「教員免許を持っていると一般企業の就職の際に不利になる」そんな話を聞いたことがあります。

ケロケロママ
ケロケロママ

どうせ教員になるんでしょ!と思われるのかな?

私の勤めていた会社でも、何人か教員免許を持っている方が面接に来たことがありましたが、「人柄」を一番重視していたので、採用の基準としては教員免許はプラスにもマイナスにもなりませんでした。

むすめ
むすめ

人柄は教師になるためにも必要だよね。

「教員免許」は大学生の間の方が取りやすい資格なのは確かです。

まだ履修の申し込みに余裕があるのなら、先ずは塾の講師のバイトをやってみてから決めることをオススメします。

むすめ
むすめ

塾講師をやって「子どもが苦手だ~」と気づいた先輩もいたよ!!

こちらの本1冊分の試験がこの春休み中に行われるそうで、必死に勉強しています。
試験に落ちたら履修取り消しです。