高校生活の悩み

【高校の入学式】パステルカラーのスーツを着た母親は少数でした

高校3年生の娘と中学3年生の息子がいます。

ダブル受験生なので、来年は娘と息子の卒業式に出て、息子の高校の入学式にも出ることになります。(大学の入学式は親も参加するのか謎です…)

この記事を書いているのは7月なのですが、私の経験上、年が明けるとあっという間に受験日になります!!

そして入試が終わり、合格発表が終われば、今度は「高校の入学準備」のために制服の採寸や教科書を買ったりと準備に奔走されるようになります…。

ケロケロママ
ケロケロママ

公立高校に入学する場合、合格発表が終わってから入学式までの2週間くらいで準備を終えなければなりません!!

まだ時間に余裕のある今のうちに「親の入学準備」をしておくことをオススメします!!

さて、3年前の娘の高校の入学式に遡りますが…

体育館に入った最初の感想は「会場が暗い…」でした。

娘の入学した高校は「男女とも紺色の制服」なので生徒の席が紺色になるのは分かっていたのですが、生徒の制服以上に保護者の方たちも黒いスーツを着ている人が多いのに驚きました。

全体的に黒・紺・グレーと、皆さん入学式なのに随分地味な色合いでした。

我が家は3学年差の姉弟なので、娘の入学式の数日前に中学校の入学式に出席したばかりだったので余計に黒いスーツが多いことが分かりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

たった3年間で保護者が入学式に着る礼服がこんなに落ち着いた色に変わるのね!!

今回は我が子の「高校の入学式」で浮かない親の服装をまとめます。

来年の入学式の服装選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

入学式の礼服の色は変化します!!

「幼稚園の入園式」はパステルカラーのスーツやワンピースと華やかな色合いのお母さんばかりでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

私も、薄い水色のワンピースで参加しました!!

小学校の入学式」でも、ベージュ・オフホワイト・アイボリー系の膝丈のスカートのスーツや、春を意識した明るい色のワンピースのお母さんが多かったです。

このようなオフホワイト系のスーツです。↓

中学校の入学式では、パンツスーツを着たお母さんが増えました。

でも、パステルカラーのスーツのお母さんも半数はお見かけしました。

私自身は息子の中学の入学式は、黒の膝下ワンピースにオフホワイトのジャケットで参加しました。

このような服装で参加しました!!↓

ダークスーツ系のお母さんはいましたが少数でした。

ちなみに中学校までは着物のお母さんもクラスで1~2人お見かけしました。

ケロケロママ
ケロケロママ

髪型もきれいにセットして、とても素敵でした!!

高校はなぜ暗いスーツなの?

高校生のお母さんの年齢ってほとんどアラフォーです。

入学式用に新しくスーツを買うなら、ダークスーツを選ぶ年齢なのかもしれません。

ダークスーツと言っても、紺色やグレーのスーツやパンツスーツを着こなしていて、ブラウスやコサージュやバッグでそれぞれの個性が出てました。

ダークスーツだからと言って、決して野暮ったさは感じません。

落ち着いたアラフォー世代だからこそ着こなせる品のある礼服でした。

パンツスーツは正装ではないと聞きましたが、着ている方は多かったので全然大丈夫です!!

ワイドパンツのお母さんの姿もお見かけしました!!

ケロケロママ
ケロケロママ

体育館って寒くて、春先でも足元がすごく冷えますよね。

私も息子の高校の入学式用にパンツスーツを買おうかな?と検討中です。

そう言えば、高校の入学式では着物の方はお見かけしませんでした。

義務教育だった中学までと違って、高校からは何かと子ども主体で物事を進めることが多くなります。

親は極力目立たないように精神面・金銭面でサポートをする

そう言った意識が自然と入学式の服装にも現れるのかもしれません。

入学式は子どもと一緒に行く?

娘の通う高校では、生徒は保護者より早い集合時間になっていたので別々で行きました。

学校で数枚だけ一緒に写真を撮りましたが、友人を見つけるとすぐに走って行ってしまい
帰りも別々で帰りました。

我が家は家から高校まで自転車で10分と近いので別々で行きましたが、少し遠い方は車で入学式に来る方もいて、行きも帰りも子どもと一緒に行動している姿を見かけました。

ケロケロママ
ケロケロママ

少し羨ましかったです!!

2020年の卒業式と入学式

高校の卒業式の親の出席率は、ほぼ100%です。

でも今年(2020年の春)の娘の高校で行われた卒業式は、コロナ渦の影響で父兄の参加のないとても簡略化したものとなりました。

在校生の参加も禁止されたので、部活の先輩の卒業を見送りたかった娘はとても残念そうにしていました。

でもそんな状況にも負けず、先輩方は元気いっぱいな笑顔で卒業して行ったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘のスマホに、先輩たちの笑顔の卒業式の写真がたくさん送られて来ました!!

そして2020年4月に行われた愛知県の公立高校の入学式では、父兄の参加は何とかできたそうですが、多くの高校のホームページには下記のお願いが記載されていました。↓

ウィルス感染防止のため、生徒、保護者ともマスクの着用をお願いいたします。
会場の座席は、できるだけ間隔を取って配置します。
また、換気のため扉や窓を開けることがあります。
温度調節のできる服装でお越しいただきますよう、お願いいたします。
式に参列される保護者は、基本的に生徒1人につき1人としてください。

当日は晴れましたが、風はまだ冷たく…体育館の窓を開けたままの入学式は寒かったはずです。

2年前の娘の入学式では夫婦で参加されている方も多かったので、生徒1人につき父兄1人だけ参加なのは、残念なご家庭もあったと思います。

7月の今もまだ油断のできない毎日が続いています。
来年の卒業式・入学式も、中止や縮小される可能性はありますね。

我が家は来春に娘と息子、それぞれ「卒業式と入学式」がある予定です。

参加できるといいな…と思っています。

最後に

この記事を書くため、娘に「入学式の保護者の服装を覚えてる?」と聞いてみたところ、
全然覚えてないよ!」とサラッと言われてしまいました…。

私が着ていた礼服も「全然覚えていない」そうです。

実は私自身も、小学校・中学校と保護者の服装を確認するために、入学式の写真を引っ張り出して確認したくらいに覚えていませんでした。

入学式の服装は地域性もあるので、ダークスーツのお母さんが少数派の学校もあると思います。

ケロケロママ
ケロケロママ

入学式の主役は子どもたちなので、子どもたちが「覚えてない」と言うくらいの服装で行くのが正解なのかもしれませんね!!