高校生活

「高校生活」小学生時代にやっていたスポーツは高校でも通用するのか?

この春から高校生になった息子がいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校ではバレーボール部に入部しました!!

息子は小学校2年生から6年生までバレーボールのクラブチームに入っていたのですが、中学では男子バレーボール部が無かったため、バスケットボール部に入りました。

そのため中学3年間はバレーボールをやる機会がありませんでした。

むすこ
むすこ

高校の部活で3年ぶりにバレーボールを持ったら大きくて驚いたよ!

ケロケロママ
ケロケロママ

小学生と高校生じゃ使うボールの号数が違うからねぇ!

バレーボールの大きさの違いは以下の通りです。

・小学生は4号軽量ボール(200~220g)
・中学生は4号(240g~260g)
・高校生は4号(260g~280g)

むすめ
むすめ

中学でバレーボールをやっていないんだから、大きく感じて当たり前だよ~!!

と、小学校から高校までバレーボールをやっていた大学生の姉に言われてました。

娘曰く、中学から高校のボール(20gの違い)でもかなり重く感じてサーブの調整に苦戦したそうです。

むすこ
むすこ

ネットの高さも小学生の頃より40センチも高くなってたよ!!

むすめ
むすめ

小学生より身長伸びてるんだから高くなって当たり前でしょうが!!

息子の話では、入部した子の全員が中学時代にバレーボール部だったとのことで…

ケロケロママ
ケロケロママ

練習について行けるのかな?

と心配になりました。

小学生と高校生ではルールも違います。

はたして小学生時代に4年ほどやっていたバレーボールは3年のブランクの後、高校生から再開しても通用するのか?

それとも完全初心者に戻っているのか?

息子のこの1か月の部活の話を聞きながらまとめます。

余談ですが、バレーボールは運動神経よりも経験値が大事なスポーツとのことです。

スポンサーリンク

通用しました!!

小学生以来、約3年ぶりのバレーボールの練習でしたが身体がしっかり覚えていたそうです!!

むすこ
むすこ

ジャンプサーブも打てたよ!!

スパイクを打つ足運びや、レシーブをする際に少し腰を下ろす動作など、初日から完ぺきに思い出すことができたと言ってました。

心配していた「ルール」ですが、小学校6年生の後半にクラブチームのコーチに教えてもらい、実践もしていたとのことで大丈夫でした!!

ケロケロママ
ケロケロママ

今更ながらコーチに感謝!!

ひとつひとつの基本的な動作を顧問の先生から褒めてもらい、初日から息子ひとりだけ3年生の練習に混ぜてもらったと聞いて驚きました。

先生からは「次の試合から出てもらうよ!」言ってもらえたそうで、息子はとても喜んでました。

ケロケロママ
ケロケロママ

怪我をしないように頑張れ~!!

運動神経とは

娘は大学で「スポーツ関係」の勉強をしています。

以前、こんな話をしました。

むすめ
むすめ

「ゴールデンエイジ」と言って、小学校6年生までの運動の経験ってとても大事なんだよ!

ケロケロママ
ケロケロママ

そうなのね~

その時はサラッと聞いていただけでしたが、今回の息子の部活のことで、ふと気になったので調べてみました。

ゴールデンエイジとは、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期のことです。
具体的には5~12歳(年長~小学6年生)の期間。体の動かし方、動作、技術を短時間で覚えることができる、一生に一度だけの貴重な年代をゴールデンエイジと呼びます。
出典:Fungoal

この時期(5~12歳)に習得した動作(技術)は大人になっても落ちないと言う特徴があるそうです。

そう言えば、息子は8~12歳までバレーボールを習っていました。

この時期にあらゆる動作(技術)を学んでいたので「身体が覚えていた」んだな、と納得できました。

ケロケロママ
ケロケロママ

小学校時代のスポーツ経験は一切無駄にならないことが分かりました!!

大学生の娘の友達も…

娘は大学に進学してからテニス部に入部しました。

むすめ
むすめ

ボールを追いかけるので精いっぱいだけど楽しいよ!!

娘と同じタイミングでテニス部に入部したお友達は、小学生で習っていたとのことで、中学・高校では帰宅部だったそうです。

それでも、久しぶりなはずのテニスのフォームは完ぺき!とのことで…。

むすめ
むすめ

私も小学生の頃に少しでもテニスを習っておけば良かった~!!

ケロケロママ
ケロケロママ

ずっとバレーボール一筋だったもんね

「ゴールデンエイジ」の間に、いくつかのスポーツを習っておくのが理想なのかもしれません!

最後に

自転車に乗る技術のように、小学生時代に一度習得した動作(技術)って忘れないものなんですね。

部活では技術面は褒められた息子でしたが、体幹の弱さはしっかり指摘されていました。

受験期を通して身体がなまっているので、もう一度鍛えなおさなくっちゃ!!と言っています。

今でこそ、バレーボールが楽しくて仕方ない様子の息子ですが…

ケロケロママ
ケロケロママ

小学生の最初の2年間はクラブチームの練習をサボりまくってました!

基礎練習ばかりでつまらなかったそうです。

「来るもの拒まず、去るもの追わず」の方針のクラブチームだったのが幸いして、なんとかやめずに続けていたところ、どうにか基礎的な動作が身に付いたので、4年生からは試合に出れるようになりました。

むすこ
むすこ

試合に出れるようになったらやっと楽しくなったよ!

そこからはサボらず6年生まで練習を頑張りました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ちなみに練習は小学校の体育館で行うため、土日のみでした!!

小学生の頃からあまりにもスパルタで練習を続けた結果、中学に上がる頃にはそのスポーツが嫌になってやめてしまうお子さんも多くいました。

せっかく始めたスポーツを「嫌」になってしまうのは勿体ないです。

私の息子くらい「緩く」続けた子でもちゃんと高校で通用しましたから…

無理せず、まずは楽しく続けて欲しいです!!

 

マスクをするとすぐに耳が痛くなる息子のために買いました。
アジャスター付きなので調節できて助かります!

 

 

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ