志望校

自分が好きなことだけを学べる高校はあるのか?

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

息子は小学4年生の頃からパソコンでマインクラフトを始めた影響で、ブラインドタッチがとても得意です。

マインクラフトは世界中のユーザーと繋がっているゲームなので、リアルタイムで英語でチャットしながら対戦するので、自然と英語力も伸びました。

中学生の息子の英語力が驚くほど上がった方法【マインクラフト】

息子は1週間程度、過去問の演習をしただけでしたが、高校1年生で無事に英検2級を取ることができました。

むすこ
むすこ

高校3年生になるまでに準1級の取得を目指してるよ!!

息子が英検2級取得の為に使っていた過去問はコチラです。↓
(私は英検に関しては私は完全にノータッチだったので、自分で勝手に購入して勉強していました)

昔から好きなことに関しては、説明書や攻略本を読んで調べたりする努力は惜しまない息子だったので、中学時代は情報処理科などのある専門学科のある高校に進学することを何度か勧めました。

「ゲームが大好きなんだから、普通科ではなく専門学科でプログラミングの勉強を習ってみたら?」と伝えたのですが、息子の「普通科の高校」に進学する意思は変わりませんでした。

得意教科と苦手教科がはっきりしている子だったので、好きな勉強を中心にやった方が絶対に伸びるのに…と思っていたのですが、

やりたいことが決まっていないのに専門学科で勉強しようとは思わない」とハッキリ言わたので、それもそうだな、と息子の意見を尊重させて普通科の高校を受験させました。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校では理系クラスに入り、物理や化学の勉強が楽しい!!と言っているので普通科の高校に進学したのは正解でした。

息子曰く、「好きなことを学びたいからこそ普通科の高校を選んだ」とのことで…それは一体どういう意味なのか、詳しく話を聞いてみました。

息子の話が、専門学科を選ぼうか、普通科を選ぼうかと迷っている受験生の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自分が好きなことを学べる高校とは?

「本当に好きなことだけ」を学びたいのでしたら専門学校に行くのが一番です。

ケロケロママ
ケロケロママ

とは言え、高校卒業資格は欲しいですよね!!

高校の専門学科では、高校を卒業するための要件として英語や体育などの必履修科目も勉強する必要があるので、好きな事だけを学べるわけではありません。

このように必履修科目が存在する「高校」では100%好きなことだけを学ぶことはできません。

息子の場合ですが、少しニュアンスは違っているのですが、「将来的に自分が好きなことを学ぶために行きたい高校」だったので、苦手な現代文や古典の勉強もやる覚悟で進学しました。

ひとつ良かったと思っていることは、息子の通う高校は、娘の通っていた高校より勉強に対する縛りが緩かったことです。

  • 勉強の縛りが厳しい高校 → 全教科満遍なく偏差値が伸びる
  • 勉強の縛りが緩い高校 → 得意教科を中心に自分のペースで伸ばすことができる

娘と息子にはこれがピッタリ当てはまっていたので、息子を勉強の縛りが緩い普通科の高校に入ったのは正解でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

勉強の縛りが厳しい高校に入っていたら、全教科、平均以下の偏差値しか取れずに大学受験になっていたと思います。

息子が現時点で英検2級が取れているのも、毎日の宿題が少ないことで勉強ができたお陰です。

むすめ
むすめ

私は高校の宿題や補習に毎日追われていたし、部活もやっていたから英検の勉強をやる時間的な余裕はなかったよ…!!

なんとなく専門学科に進学した友達

息子の友達は、情報処理系の学科がある高校に進学しましたが、入学してすぐ「興味のない勉強を3年も続けられない」と言って学校を辞めてしまったクラスメイトがいたそうです。

人気のある高校で、希望すれば大学までエスカレーターで行ける学校だったので、話を聞いたときは「勿体ないな~」と思いましたが、考えてみれば、高校と大学で合わせて7年間も興味のない勉強を続けるのは苦痛ですよね。

同じ理由で高校を辞めてしまう子は毎年いるそうで、辞めるくらいなら「転科」はできないのかな?と思い調べてみたところ、なかなか転科させてくれる高校は見つかりませんでした…。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校は学科ごとに入学試験をやって、学科ごとに合格者を決め入学させています。

定員も学科ごとに決まっているので、高校に入学した後に学科を変えることは非常に難しいとのことです。

難しくても変えられる可能性のある高校はないのかな?と更に調べてみたところ、愛知県では豊田高専で入学後の転科が認められていました。※条件付きです。↓

1学年と2学年の年度末に限り、次年度に転科できる機会が認められています。ただし、受け入れ学科のクラスに余裕があり、成績優秀な学生でなくてはなりません。
引用:国立高専機構豊田高専

もしかしたら、他にも条件付きで転科できる高校があるかもしれません。

ケロケロママ
ケロケロママ

3年間ずっと同じ科で勉強できるか不安な方は、学校説明会に行って「転科」が出来るかどうか質問してみることをお勧めします。

「好き」なだけでは仕事にできないと言う息子

好きこそ物の上手なれ」ということわざがあります。

大抵の子どもは、好きなら一生懸命やるし、嫌いなら手抜きをします。
当然ながら、成果に大きな差が出ます。

ケロケロママ
ケロケロママ

だったら好きなことをやって成果を伸ばした方がいいし、豊かな人生も送れそうだと思ったのですが、息子の意見は全く違いました。

息子にとってのゲームの「好き」は、楽である・慣れている・手っ取り早い・などから来ており、面倒なことや努力を要する気持ちは一切ないとのことです。

むすこ
むすこ

「ゲームが好き。だから、この道に進みたい」とは少しも思えないんだよ。

ケロケロママ
ケロケロママ

なるほど、深いね…。

努力が必要でもやってみたいこと

息子は最初は苦手教科だったけど、何年か勉強しているうちに「好き」になった教科がありました。

むすこ
むすこ

高1の頃は苦手教科だった物理が、高校2年生になった今では「好き」になったよ!!

このように、苦手だと思う教科でも努力次第で「好き」に変わる教科があると分かったので、嫌いな勉強でもやっておくべきだ、と思うようになったそうです。

息子が高校に入ってから興味を持つようになったのは「データサイエンス」と「建築(構造系)」です。

データサイエンスを超簡単に書きますと、データを分析、解析することでビジネス上の課題を解決するための学問です。

むすこ
むすこ

名前の響きから数学が必要なことが分かるよね!!

大学に進学して建築学部の構造系の勉強をしたいなら、最低でも数学は数IIまで、物理は物理Iの勉強をしておく必要があります。

ケロケロママ
ケロケロママ

データサイエンスと建築は、どちらも数学が切り離せない分野です。

まだ将来の仕事にすると完全に決めている訳ではありませんが、大学進学時に「数学・物理・化学」の知識が必要となることが分かっているので、「好き」になろうと努力している最中!!とのことでした。

最後に

息子は中学時代、ギリギリまで志望校を決められませんでした。

私は「専門学科のある高校」ばかりを勧めていたのですが、息子なりに「自分の好きなことを学べる高校」を探していたことが今になって分かりました。

高校に進学してからは文理選択を自分で決めたりと、ようやく自分で進路を決められるようになりましたが、ここまでは長かったです…。

文理選択で迷ったら読んでみて下さい。↓

「高校生活」娘が文理選択で失敗したこと

中学生なら、自分で進路選択ができなくても当たり前です。

ケロケロママ
ケロケロママ

まだまだ親の手助けが必要な年齢です。

5月辺りから始まっている「学校見学会」に出かけて、親子で進路についてじっくり考えてみて下さい。

井上靖さんの名言で「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」とあります。

中学時代の息子は勉強にも部活にも不満ばかり口にしていましたが、高校に入ってからは「化学の授業で面白かった話や、部活で上手にできたプレーの話」を毎日楽しそうに話してくれます。

本人に希望に合った高校に行かせることは大事だな…と、この1年の息子を見て来て思います。

 

高校の学校説明会・大学のオープンキャンパスと大活躍したクリアファイルです。
外ポケットにペンやメモ帳を入れ、中にはA3の用紙まで入れることができすごく便利でした!!
デザイン・カラーと可愛いので、娘は大学生になっても使っています^^