高校受験人間関係

「高校受験」我が子に対して何も言わずに見守る勇気

娘が高校受験の時、Z会の長野先生のブログに書いてあったこの言葉に勇気づけられました。

 落ちると言ってもあなたという人間そのものが否定されるわけではありません。ある日ある時間帯の主要教科の筆記テストの点数が相対的にどうであったかというだけのことで、本当の実力が測定できているかどうかさえはっきりしない面もあります。
もしあなたが実力者であれば、どこに進んでも実力者は実力者なのですから心配ありません。逆に「運よく」志望校に受かってしまったという方が大変です。万が一そういう自覚のある人は、本物の実力者になるまでひたすら頑張るようにしてください。
引用:長野先生の幸せに生きるヒント

「どこの高校に入っても子どもの人生は変わらないんだな」とホッとしたことを覚えています。

さて、高校三年生になってからはテストが返ってくる度に

「志望校のランクを落とそうかな?」と落ち込んだり
「やっぱりこのままの志望校で頑張るぞ!」と決意したり

受験生の気持ちは忙しく揺れ動きます。

親もつい心配して、あれこれ口を出したりしてしまいます。

特に志望校が決定する直前には親子ともにピリピリムードでケンカしてしまうことも…

ただ、子どもは親が思う以上に自分の立ち位置(成績や受験できる範囲の高校)を理解しています。

ケロケロママ
ケロケロママ

私は受験が終わってから気付きました…

どうか最後の最後は、子どもの気持ちを優先させて志望校を決めて下さい。

そんな気持ちでまとめています。

スポンサーリンク

志望校を変えなかった娘

志望校を決定する少し前、娘は担任の先生から「○○高校よりもうひとつ上の△△高校に挑戦してみたら?」と言われたそうです。

進路指導の先生からも同じことを言われたとのことで…それに対して娘の答えは

むすめ
むすめ

大学受験を考えているので家から近い○○高校を受けます!

△△高校だと片道一時間近くかかるので、勉強時間確保のためにも家から自転車で5分の○○高校に行きたいことを伝えたそうです。

先生たちもすぐに納得してくれたそうですが、正直私は「少しでも上のレベルの高校を狙って欲しいなぁ…」なんて考えてました。

なので、何度も娘と話し合ってケンカすることもありました。

今振り返って考えてみると、娘は中学一年生の頃からずっと「○○高校に行きたい」と言っていました。

中学一年生から三年生まで、一度も志望校を変えたことが無かった娘です。

私の気持ちが揺れ動いたばっかりに、受験生だった娘に必要のないストレスを与えてしまっていたなぁ…と反省しています。

志望校を下げる選択

娘の行動は、一見すると志望校を下げる行為です。

でも、娘が○○高校を選んだのは「この高校に絶対に行きたい」とずっと決めていたからでした。

娘のような理由で志望校のレベルを落とす子もいれば

・高校に入学してから授業について行けるか不安になったから…

・ギリギリ受かるかどうかのレベルで挑戦するのが怖くなったから…

そう言った理由で志望校のレベルを落とす子もいます。

どんな理由であっても「受験生本人」が決めたことならいいのです。

ケロケロママ
ケロケロママ

自分で納得して高校を受験したい!と思えたなら大丈夫です

志望校のレベルを下げることは逃げることではありません!!

ただ、ひとつ厳しいことを書きますが…志望校を下げたからと言って「合格」するとは限りません…。

娘の同級生には「下げたはず」の高校に落ちた子が何人もいました。

志望校を下げたからと言って油断するのは禁物です。

入学後の気持ちの変化

親に決められて志望校を決め入学したお友達は、

「△△高校に挑戦するべきだった」とずっと言っていたそうです。

むすめ
むすめ

通っている高校の文句ばかり聞かされるから少し距離を置くことにしたよ…

その逆で、周りから無理だと言われても自分の受けたい高校を受けて「不合格」となり、第二志望の高校に進学したお友達は、高校生活をとても楽しんでいるそうです。

成績も常にトップクラスで、目標としていた大学にも無事合格できました!!

ケロケロママ
ケロケロママ

見事なリベンジ!!

入学後この話を娘からきいた時、やはり進路は受験生の意志を尊重するべきだな…と思いました。

息子の受験は…

娘は自分で調べたり、自分の成績を見極めた上で志望校を決めていました。

でも、息子(下の子)は理想ばかり追うタイプで、成績も良い部分しか見ていませんでした。

このTwitterを読んで、我が家の息子のことが書いてある!!とドキッとしたのを覚えています。

息子には「高校から選んで貰えるように努力しなさい」と何度も伝えました。

実際、息子の受験を見守ろうと決心できたのは2月に公立高校の志望校が決定してからです。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子の場合、最初から見守るに徹していたら高校留年していた可能性もあります…

どのタイミングで見守る態勢に入るのかは、お子さんによって違いがありますね!

娘の場合、12月(年末)には見守ることに決めてましたから…。

最後に

娘が受験中、心の支えにしていた本田宗一郎さんの名言はこちらです。

私のやった仕事でほんとうに成功したのは、全体のわずか
1%に過ぎない。99%は失敗の連続であった。

ちょうど高校受験の前にこの名言を知り感動したとのことでした。

むすめ
むすめ

失敗してもいい!と思えたんだよ!!

これを書いている今は夏休み前なので、まだ志望校がはっきり決まっていない受験生のお子さんも多いんじゃないかな?

今は少し調べただけで、簡単に高校の情報が手に入る時代となったので余計に迷ってしまいますよね。

ただ、ネットに書かれている情報には時には嘘も交じっていますからご注意下さいね。

ケロケロママ
ケロケロママ

説明会や実際に通う生徒さんの様子を見て判断するのが一番です!

さて、「見守る」ことに徹して応援することに決めた娘の志望校ですが、無事に合格できたものの実際入学してみたらとてもレベルの高い高校でした…。

娘は日ごろからずっと、「私にとってはレベルの高い高校なんだよ!!」と言っていましたが本当にその通りでした。

無理にひとつ上のレベルの高校を無理矢理受けさせなくて良かった…と心から思いました。

 

長野先生は上から目線で書くことは一切無いので、読んでいてホッとできます。
「色々な考え方があるんだよ」と教えてくれます。

ケロケロママ
ケロケロママ

子育て中の全ての方におすすめできる本です!!

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ