高校受験疑問

高校生を褒めるのは難しい?

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

息子は幼少期からよく怒られる子でした。

親に叱られ、お姉ちゃんに叱られ、学校の先生に叱られ、塾の先生に叱られ…

ケロケロママ
ケロケロママ

中学生になる頃には、すっかり叱られるという行為に慣れてしまいました…

今や「子どもは褒めて伸ばす」教育が主流です。

「褒めるだけで子供の成績が上がる」「東大生の親は子どもを叱らない」などの文献を読むと、息子をもっと褒めてやらないと~!!と焦るのですが、褒めるところが見つからず…(笑)

そもそも高校生なので、小学生の子にするように些細なことで大袈裟に褒めるのも何だか違うしなぁ、と悩んでました。

ケロケロママ
ケロケロママ

そもそも私は褒めるのが下手くそなんです…

以前記事にしたのですが「人間は9タイプ」の診断で、息子はビリギャルのさやかちゃんと同じタイプでした。↓

「人間は9タイプ」を読んで、息子の接し方の間違いに気づきました

息子は楽天家タイプだったのですが、本に書かれている特徴が驚くほど当てはまっていて娘と大笑いしました!!

そんな息子なので、上手に褒めておだてて伸ばしてやりたいと思ったのですが、いざ実践しようとすると、とても難しいことが分かりました。

今回は、高校生の褒め方についてまとめます。

スポンサーリンク

息子を褒めてみました!!

とりあえず、深く考えず息子のやることを片っ端から褒めてみようと決めました。

息子「部活の練習試合に出れたよ」→ 私「1年生で試合に出れるなんて凄い!!」
息子「学校で宿題を終わらせて来たよ」 → 私「時間を有効に使えたね!!エライ!!」

いつもなら「へ~、良かったね」で終わらせていた返事を少し大袈裟にしていたところ、「何かあった?」と怪しまれてしまいました…。

むすこ
むすこ

突然褒められても怖いんだけど…

ケロケロママ
ケロケロママ

やっぱりそうなるよね…

「褒めて伸ばすって内容の本でも読んだの?」とバレバレだったのが悲しかったです。

高校生は親の行動はお見通しなんですね。

そもそも褒める必要はあるのか?

このような記事を読みました。↓

このように土壇場で「逆転できる子」の多くは、「本番に強いタイプ」だ。そして、実を言うとこのタイプは「褒めて伸びる」子ではない。むしろ逆に、いつも親が手を焼き、塾でも何度も同じことを注意されてもなかなか改善されないタイプの子なのだ。     引用:PRESIDENT online

上記のような、繰り返し叱られ、その時は反省していても少し経つとどこ吹く風なタイプの子っていますよね。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子はこのタイプです!!

このタイプの子はどこか肝が据わっていて、タフなメンタリティーの持ち主であることも多いから、むしろ親は自然体で叱っても良いとのことでした。

先ずは褒め方より「叱り方」を改善しようと決めました。

叱り方の改善

息子は高校生なので、どんな叱り方が嫌なのか直接本人に聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

どんな叱られ方するとムカつく?

むすこ
むすこ

どんな叱られ方でもムカつくよ!!

当たり前の返事が返って来ました(笑)

ただ、息子からは「義務教育が終わって高校生になったんだから、勉強に関することは必要以上に口を出さないで欲しい」と頼まれました。

「その結果、何があっても自己責任だと考えてるから」と言われたので、勉強に関することで叱ることは極力しない約束をしました。

叱り方の改善というより、叱る回数を減らすことになりました。

叱られ慣れていない娘

息子とは逆で、娘は幼少期から叱られることが少ない子でした。

叱られ慣れていない子は、少しの失敗にも大袈裟に落ち込みます。

幼稚園の頃、給食用の「箸」を忘れた時も、オロオロしてなかなか職員室に借りに行けなかったことがありました。

むすこ
むすこ

俺はいつも平気で借りに行ってたけどね!!

ケロケロママ
ケロケロママ

平気過ぎるのも問題だよ!!

1回忘れ物をしただけで泣きながら帰って来て落ち込み続けている娘を見て、失敗体験も必要だな…とその時初めて思いました。

アルバイト先でも

大学生になった娘は飲食店でアルバイトをしていますが、お客さんに出す水をガシャンと倒してしまったり、オーダーミスしてしまうこともありますが、指導してくれる社員さんから怒られることはないそうです。

むすめ
むすめ

ミスするとみんなが優しくフォローしてくれるよ!!

私も学生時代、飲食店でアルバイトをしていましたが、ミスすると厳しく怒られたものでした。

ケロケロママ
ケロケロママ

怒られたのが悔しくて、ミスを減らそうと頑張ったものです!!

「根性論」が一般的な世代と言われればその通りなんですけどね。

飲食店で働く友人から「全員ではないけど、学生のバイトは少し厳しく注意するとやめてしまう子が多いの」と聞いて、なるほどね…と思いました。

ケロケロママ
ケロケロママ

ちなみに怒られても平気な子は反省をしていないこともあるので、それも困るんですけどね…

最後に

高校生を褒めることって難しいです。

ケロケロママ
ケロケロママ

基本、褒めても無反応です!!

思春期にもなると、親のやることは色々見抜いているので厄介ですが…

それでも、私の下手な褒め方でも数うちゃ当たるみたいで、時々ですが息子はとても嬉しそうな顔をします。

ケロケロママ
ケロケロママ

息子とのコミュニケーションのひとつとして褒めて行こうと思います!!

授業動画で成績アップ!高校生の勉強をサポートする【スタディサプリ高校・大学 受験講座】

勉強に対して極力口を出さない約束はしましたが、高校2年生から「合格特訓コース」に入る約束をしました。

娘は高校2年生の秋からお世話になりましたが、学習プランをしっかり立ててくれたことで、先の勉強の見通しがしっかりついていたので、息子は春から入ることに話し合って決めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

1年生いっぱいまではベーシックコースです!!

「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、リクルートが提供するオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意。その上全授業が月額1,980円(税抜)〜で見放題! ※合格特訓コースは月額10,780円(税込)です。

  • 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題です。
  • 大学受験生向けにはセンター試験対策講座、志望校対策講座、小論文対策講座も揃っています。
  • 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入もできます。
  • センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ