大学受験の悩み

大学受験に対して親が無知であることの怖さ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校3年生の娘がいます。

思えば娘が中学の頃から入試制度が変わると言われ続けて来ましたが…

英語の民間テストの廃止などで翻弄され続けて来た「共通テスト」でしたが、先週の土日に無事に終わりました。

娘は自己採点の結果を見て国立大学の出願校を決めました。

2月に前期を受けてみて、ダメだったら3月の後期まで頑張ると言っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

ここからが受験の本番です!!

第一回目の共通テストなので去年より平均点が下がるのでは?

前々から各予備校のデータで低めの平均点が予想されていましたが、蓋を開けてみると例年より少し高い平均点となりました。

作成時の設定平均点は「センターは6割、共通テストは5割」と言われていたので、今年の受験生の頑張りが凄かったことが証明されました。

「少子化によって受験者数が減ったから」
「コロナ渦で推薦が決まった生徒が共通テストを受けなかったから

そんな心無い声も聞きましたが、実際に共通テストを受けた娘の話では、「模試より問題数が多く時間配分で苦戦した」と言ってました。

むすめ
むすめ

特に英語の出題形式が模試とは全然違っていてビックリしたよ!!

英語が終わったあと、泣き出してしまった子もいたそうです。

英語の出題形式は変わっても、娘の友達には満点近く点数が取れた子がいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

実力がある子ならどんな問題形式でも解けるってことです!

今年の高校3年生は、4月の新型コロナの影響による休校から受験生活が始まりました。

最後の部活の大会の中止、そして様々な学校行事を次々と失う数か月のあいだ、娘は自宅でひとり黙々と勉強を頑張り続けました。

「学校に登校して友達と直接会って話したい」
「大会がなくてもいいから部活に行って皆でプレーしたい」

ただでさえ孤独な受験生活の中、学校に行けなくなった娘は時々そんな愚痴を私に言いながら、机に戻って行きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

学校の自習室や図書館で大勢の人がいる中で勉強することが好きだったので、休校中に自宅でひとりで勉強するのはとても辛かったそうです。

6月に登校できるようになってからも様々なニュースが飛び交いました。

「9月入学に変わる?」「共通テストは延期になる?」

そんなニュースを聞く度に、受験のゴールがどこにあるか分からない状態となりました。

そんな大変な思いをして来た今年の受験生たちだったので、共通テストで高得点を取る子たちが大勢いたと言う話を聞いた時は本当に嬉しかったです!

ケロケロママ
ケロケロママ

学校も塾も閉まっている状況でよく頑張ったね!!

高校受験の時にも感じたことですが、1月に入り最後の追い込みの時期になってから「娘の顔つき」が変わりました。

受験に対する「覚悟」を決めた顔です。
娘はペンを持つ指が真っ赤に腫れるほど毎日勉強を頑張っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

親は見守ることしかできない時期に入りました。

私は国立大学の受験経験がありません。

なので共通テストが終わった今になって「受験生の娘のためにやっておくべきだった」と後悔していることがいくつかあります。

今回は、私が受験生の娘にしてあげたかった後悔についてまとめます。

スポンサーリンク

進路の話し合い

進路の話し合いについて、最低でも夏休みに入るまでにしておくべきでした。

「大学で学びたいこと」が決まっていれば、自ずと行きたい学部・学科は決まりますし、こちらも受験の対策について調べることができます。

推薦入試の申し込みは夏休み最終日だったので、もし貰うことに決めていたら必要最小限の勉強に絞ることができました。

ケロケロママ
ケロケロママ

国公立大学なら全教科勉強しなくちゃいけないから、必要な教科を絞る必要は無いよね?

国立大学の受験経験のない私はずっとそう思っていましたが、一次試験でも大学によって各教科の点数の配分が全く違っていました。

高校受験の勉強と違い、大学受験の勉強は範囲が広すぎて隅々まで復習する時間の余裕はありません。

行きたい国立大学が決まっているなら、夏休み明けからは「配点」が大きい教科を中心に勉強を進めてたりと対策を練ることをお勧めします。

娘は真面目な性格が仇となり「満遍なく全教科」勉強した結果、得意教科も苦手教科もない状態で共通テストが終わってしまい、出願の際に逆に不利になってしまいました。

ケロケロママ
ケロケロママ

配点の多い日本史をもっとやらせておくべきでした!

ただ、どんなに話し合って決めた受験校でも、直前で変更することはあるのは仕方ないんですけどね…。

むすめ
むすめ

私も願書を出す直前で志望の学部を変えたんだよ!

「大学受験」年明けになってから志望校の学部を変更をした娘

高校の調査書とは?

高校受験では「内申書」を受験校に提出しましたが、大学受験では「調査書」を大学に提出します。

調査書の詳しい内容はこちらにまとめました。↓

「大学受験」大学に提出する調査書(成績証明書)の中身です!!

調査書には欠席日数や高校三年間の評定などが書かれています。

大学の一般受験では当日点が一番大事と言われていて、私も「一般受験するなら学校の出席日数や成績は関係ない」と思っていましたが、調べていたところ娘の志望しているいくつかの大学で「調査書」の配点があることが分かりました。

志望する大学に「調査書」の配点がある場合は、極端に遅刻や欠席が多かったり評定が低いと不利になってしまいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校1年生から遅刻をしないように、日々の生活態度に気を付けましょう!

バンザイシステムの利用

河合塾バンザイシステムとは?
「バンザイシステム」とは、事前に共通テストリサーチにより受験生の自己採点データを集めて、そのデータをもとに自分の自己採点結果を入力すると志望校の合格判定がA~Eの5段階で判定されるシステムです。

恥ずかしながら、私はずっと「バンザイシステム」は高校3年生(受験生)しか使えないものだと勘違いしてました。

むすめ
むすめ

受験生以外でも利用は可能だよ!!

このシステムの一番の利点は、自分の置かれている状況(点数)を客観的に見ることができることです!

ケロケロママ
ケロケロママ

高校1、2年生なら、志望大学に向けての目標点数を調べておくこともできます!

河合塾バンザイシステムはコチラです。

今高校2年生でしたら、最近やった模試の結果を入力してみて、志望大学に入るためにあと何点必要なのかを確認してみることをお勧めします。

ちなみに毎年「バンザイシステムでA判定」が出ていても油断して落ちる子はいますし、「バンザイシステムでD判定」でも諦めずに挑戦した結果合格する子はいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

合否はその年の大学の倍率も大きく関係しているので、判定が全てではありません。

自分が取った点数から目をそらさずに、「判定」を受けた後も油断せず、しっかりと計画を立てて勉強を頑張ることが大事です。

最後に

これから受験生になる後輩に娘からのアドバイスです。

むすめ
むすめ

本(小説)を沢山読んで読解力を鍛えておくといいよ!

前評判通り、共通テストでは「読解力」が問われる問題がとても多かったそうです。

ケロケロママ
ケロケロママ

理系選択をしていても国語力は必要ですよね!

一旦は落ち着いたと思われた新型コロナですが、2022.7月、再び猛威をふるっています。

受験生が万全の体調で入試を受けられるよう、心から願っています。

娘の大学受験の結果です!

娘は例年通りの倍率なら合格圏内でしたが、コロナ渦の影響か高倍率になったことで、残念ながら国立大学は不合格となりました。

「最後まで応援してくれてありがとう。結果を出せなくてごめんね。私立大学の手続きをお願いします」
私に言って頭を下げた後、その日だけ泣いて娘の大学受験は終わりました。

「大学受験」国立大学の後期試験の結果が出ました!!

娘は入試に向けて100点満点の頑張りを見せてくれました!

ただ私が娘に対してもう少し上手に受験のアドバイスをすることが出来たら…と後悔ばかりしています。

娘は今、私立大学に通っているのですが、友達がたくさん出来て楽しく過ごしています。
笑顔で大学の話しをしてくれる娘の姿を見ているのが、何より嬉しい毎日です!

今は息子のために購読しています。

娘と息子は中学時代からずっとスタディサプリのお世話になっています!

娘と息子は中学1年生からずっとスタディサプリを続けています。

短時間で復習できるので宿題を終えた後に、毎日1~2講座見ています。
娘は高校2年生の秋から「合格特訓コース」に入ったので専属コーチに勉強のスケジュールを立ててもらい、それに沿って勉強していました。模試の相談にも乗ってもらっていたそうです。
親や高校の先生以外で受験勉強に関して頼れる人がいることが心強かった、と娘は言っていました。

入会金・初期費用は一切不要です!受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し