高校生活

失敗体験することで大きく成長した息子

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

子どもたちが小学生の頃から、先生方から幾度となく「成功体験をいっぱい積ませてあげて下さい」と言われ続けて来ました。

成功体験って一体どんなことをさせたらいいの?と気になり調べてみたところ

  • 苦手な食べ物を食べれるようになる
  • ミニテストで満点を取る
  • 目標としている検定に合格する

など、日常的な小さなことから大きな目標まで、とても幅広いことが分かりました。

あまり難しく考えないように、子どもたちが出来たことに対して褒めるようにしていましたが、息子は褒め過ぎたせいか?変に自己肯定感が高い子に育ってしまいました。

成績が悪いのに自信満々な困った息子

ケロケロママ
ケロケロママ

子育てって何が正解か分からないものですね…

結局のところ、息子が大きく成長できたのは「失敗体験」からでした。

今回は息子が成長するきっかけとなった失敗体験についてまとめます。

スポンサーリンク

息子の失敗体験

息子は第一志望にしていた私立高校に不合格となりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

当日点は取れていましたが、内申が足りていませんでした…

中学1年生の頃から内申の重要性を幾度となく伝えて来たにも関わらず、最後まで内申を上げる努力をして来なかったことによる大きな「失敗体験」でした。

不合格通知を見て初めて「勉強を始めるのが遅かった」ことに気づいたそうです。

私立高校に落ちた悔しさから、同等レベルの公立高校に挑戦することに決めましたが、担任の先生からは猛反対されました。

ケロケロママ
ケロケロママ

内申が全然足りていないので反対されて当たり前でした!!

子どもの志望校全てにダメ出しする担任の先生

私立高校に不合格になる前の息子でしたら、担任の先生にダメ出しされたら直ぐに諦めていたはずですが、自らも受験させてもらえるよう頭を下げていたと後から聞きました。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験に失敗したことで、ようやく自主的に勉強に取り組むようになった息子でした!!

失敗することで打たれ強くなって行きました!!

思えば、成功体験より失敗体験の方が多い息子でした。

調子に乗って自転車に飛び乗って腕を骨折したり、大慌てでミシンを使っていて指に針を貫通させたこともありました。

痛い話が平気な方はこちらからどうぞ。↓ ミシンの怪我は多いのか?意外と人気の記事です。

親指の爪のど真ん中にミシン針が貫通しました!!

正に痛い思いをすることで成長して来た息子でした。

現在進行形で失敗させています

高校に入学してからの息子には敢えて「勉強しろ」と言わないことに決めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

本人にもそのように伝えました!!

「高校生活」息子に勉強しろと言うのを1年間やめる約束をしました

案の定(笑)1学期は成績が下がり続けましたが、友達と一緒に上位クラスに入りたいという目標を持ったことで、2学期から再び勉強を頑張り出しました。

この記事を書いている今はテスト期間中なのですが、2週間近くゲームを封印して家に帰って来ると黙々と勉強をしています。

ケロケロママ
ケロケロママ

言われなくても計画的に勉強するようになりました!!

息子の成長には「失敗体験」と「自ら目標を持つこと」が大事だったんだと、高校生になってようやく気付きました。

面接で失敗体験を聞かれた先輩

娘の部活の先輩(大学3年生)はこの春から就職活動を頑張っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

既に内々定を貰った先輩もいるそうです!!

3、4年生の先輩方から就職活動の面接の話を聞いていたところ、「これまでの失敗体験」を聞かれた先輩がいたとのことでした。

むすめ
むすめ

成功体験じゃなくて失敗体験を聞かれるの!?

私もこれには驚いたのですが、よくある質問とのことでした。

面接担当者は「失敗そのものを知りたい」わけではなく、知りたいのは失敗の後の話です。誰しも失敗は経験します。しかし、その時に何を考えて、どのようなアクションを起こし、どう乗り越えたのか。そこに、それぞれの人の実力が表れます。面接担当者は、ある問題が起こったときの行動特性や問題解決能力を失敗というキーワードから探ろうとしているのです。
引用:日経転職版

どの程度までの失敗体験を話しても大丈夫なのか気になる~、と娘は言ってました(笑)

バイト先で失敗体験をしている娘

娘も第一志望にしていた大学に落ちていたりと失敗体験はしていますが、良い失敗体験をさせてもらっているのが飲食店のアルバイトです。

オーダーを聞き間違えてしまったり、テーブルにお水をこぼしてしまったり、バイトに入りたての頃は毎日何かしら失敗をして落ち込んで帰って来ました。

幸いバイト先の人間関係は良好で、娘が失敗しても先輩がサッとフォローしてくれたり、お客さんも優しく接してくれる人が多かったそうです。

むすめ
むすめ

みんな優しい人ばかり…!!

バイトを始めて半年経ちましたが、ようやくミスなく仕事が出来るようになり、少しづつですが頼りにされるようになったと嬉しそうに話してくれました。

週1回、塾講師のバイトもしているのですが、こちらではこんな「失敗体験」は積めなかっただろうな、と思っています。

最後に

成功体験と失敗体験の比率で言えば、2対8くらいの息子ですが、実際に痛い(辛い)思いをすることで、本人なりに成長しています。

高校で上位クラスに入ると、かなり勉強が大変になるので、息子の性格上「失敗した」と思うのかもしれませんが、それも良い経験になるかな!!と見守ることに決めました。

失敗しないように先回りしてアドバイスすることも出来ますが、高校生からは命に関わること以外は出来るだけ口は出さないようにしています。

ケロケロママ
ケロケロママ

とは言え、すっごく口を出したくなることもあるんですけどね!!

おすすめ本

本屋さんでは「成功本」が多く置いてありますが、敢えて「失敗本」を読んでみることで気づくことが沢山あります。

ただ失敗事例を羅列するだけではなく、失敗を分析して成功に繋げていく、そんな内容の本です。

栗菓子の専門店 【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋オンラインショップ】

我が家では栗きんとんと言えば川上屋です!!

ケロケロママ
ケロケロママ

お正月の手土産にいかがですか?

栗菓子の専門店!恵那川上屋



ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ