志望校

推薦をもらえる大学の一般入試をわざわざ受ける友達

大学2年生の娘と高校2年生の息子がいます。

息子が一番仲良くしている高校の友達は、定期テストは常に学年1位を取っています。

物理・数学は毎回必ず90点以上取るとのことで…先日行われた文理に分かれて初めての定期テストでは、どちらも100点だったとのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

物理で100点取れるのは本当に凄い!!

息子の通う高校には、有名私立大学の推薦も多く来ているので、学年1位ならどこの大学の推薦でも1番に選べます。

ところが、友達は県内の私立大学の一般入試を目指して勉強していると聞き、驚きました。

友達の目指している私立大学の推薦は毎年来ているので、「希望の学部の推薦があるのにどうして使わないの?」と息子が聞いたところ、意外な回答が返って来ました。

今回は、私立大学の推薦を使わずに一般入試を受けると言っている友達の「本音」と、一般入試を受けて私立大学に入学した娘の「本音」をまとめます。

推薦をもらおうか?一般入試にしようかと迷っている受験生の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

推薦をもらえる大学をわざわざ一般受験する理由

わざわざ一般受験する理由ですが、友達のお母さんが「推薦嫌い」だから…とのことでした。

友達のお母さんが「推薦嫌い」な理由は以下の2つでした。

  • 推薦だと入学が早く決まるので、そこからは勉強せずに過ごしてしまい、一般入試を受けて大学に入学した人との学力差がついてしまうこと。
  • 推薦で大学を決めると就職試験のときに不利になること。
ケロケロママ
ケロケロママ

この2点は本当なのか?私立大学に通っている娘に話を聞いてみました。

推薦入試組と一般入試組の学力差

愛知県内の中堅私立大学に通う娘の話では、推薦と一般の友達の学力差はしっかりあるとのことでした。

むすめ
むすめ

特に英語力に差があるよ。

ケロケロママ
ケロケロママ

推薦組は定期テストのためにコツコツ勉強して来ているから、入学後もコツコツ勉強して良い成績を取っているイメージなんだけどなぁ。

英語の実力差に関しては、入学前に受けたTOEICの点数でクラス分けされるので一目瞭然とのことです。

それ以外で分かった実力差の話ですが、

娘は教職課程を履修していますが、高校復習レベルの学力テストが行われた結果、一般組の友達8人は全員余裕のA判定で合格、推薦組の友達7人は全員D判定で不合格だったとのことでした。

学力テストは1年間で4回行われましたが、1度でもB判定以上を取らないと教職課程は履修できなくなるので…すでに推薦組は全員履修できなくなったと言っていました。

娘は「教育学部」ではないので、教職課程を追加で履修しています。
そのため、この1年間は2つの学部の授業の履修でかなり忙しいスケジュールでした。

せっかく履修していたのにテストの点数で落とされてしまうのは可哀想だな…と思いました。

息子は推薦を使って大学の進学することを希望しています。

ケロケロママ
ケロケロママ

娘から学力差の話を聞いて、推薦をもらうことについて考えさせられました。

ただ、これは理系の要素が強い娘の学部に限っての話です。

大学で新たに勉強を始めるプログラミング・MOS・ITパスポート・FP・簿記の勉強などは、入学後の本人の努力次第とのことです^^

簿記の勉強を始めたい大学生向けにまとめた記事です。

大学生が独学で簿記の資格を取ることは余裕でできます!!

学力テストでは上位の成績を取った娘ですが、1年生の後期に履修した「ITパスポート」の授業は全く理解できず、単位を落としていました。

むすめ
むすめ

大学で新しく始める勉強は、結局のところ自分のやる気次第なんだよね~。

ケロケロママ
ケロケロママ

やる気なかったんかい!!

推薦だと就職で不利になる?

娘は大学で運動部に所属していて、部活の先輩方の就職活動の様子をリアルタイムで見ています。

むすめ
むすめ

推薦入学したことで就職で不利になった先輩はひとりもいないよ!!

ひとりだけ、入学方式を聞かれた推薦入学の先輩がいましたが、「推薦です」と答えたところ何の問題もなく内定を貰っていました。

推薦入学者を欲しがる企業もあるとのことで、「面接では何でも正直に答えた方がいいよ!」とアドバイスされたと言っていました。

就職活動するに当たって大事なのは、「大学に入学するためにどれだけ頑張ったか」ではなく「入学した後にどんなことを頑張ったか」が重要とのことです。

ケロケロママ
ケロケロママ

就活に関しては情報戦だな、と娘の先輩の話を聞いていて感じています。

みんなが知っている情報をいくら集めたところで何も有利にはなりません。

むすめ
むすめ

部活の先輩方の「就活を効率よく進めるための生のアドバイス」が本当に有難いよ!!

話が少し脱線してしまいましたが、「推薦だと就活で不利になる」ことはないと言うことが娘の先輩方の就活の話から分かりました。

一般受験を経験した娘の意見

第一志望校の推薦があるのならもらうべき?

むすめ
むすめ

第一志望校の推薦があるのなら絶対にもらうべきだよ!!

娘は国立大学が第一志望だったので、私立大学の推薦に申し込む選択肢が無かっただけです。

入試の制度として「推薦」があるのだから、使えるものは使うべき、との意見でした。

むすめ
むすめ

推薦と言っても色んな種類があるし、自分に一番合っている受験方法を選べば良いんだよ。

娘が一般入試を経験して良かったこと

娘は将来、中高生の教師を目指しているので、「受験生の気持ちを理解すること」が出来るようになったから一般入試を受けて良かったと言っていました。

塾講師のアルバイト先でも、受験生から相談を受けることが多いそうで…

  • 起きている時間ずっと勉強しなければならないのが辛い
  • 頑張っているのに模試の成績が思うように上がらない
  • 学力試験のみで合否が出ることに対して不安で仕方ない

そんな生徒の悩みを聞きながらアドバイスをしているそうです。

むすめ
むすめ

受験の辛さは体験した人じゃないと分からないからね。

友達が自分の息子だったら…

学年1位の友達が私の息子だったら、迷わず「推薦」を取ることを勧めます。

勧める理由は以下の3つです。

  • 自分が必要な勉強に対してコツコツ努力することができる
  • 大学でやりたい勉強がはっきり決まっている
  • 英語が一番苦手教科
むすこ
むすこ

英語だけは毎回勝ってるんだよ~。

むすめ
むすめ

英語以外は全部負けてるでしょ!!

友達の苦手教科は「英語」です。
英語は大学に入学してからも「必修科目」として必ず選択しなければなりません。

娘の通う大学の英語の授業では、オーストラリア出身の講師が最初から最後までずっと英語で授業を進めるので、授業の内容や意味を理解するのが大変…とのことです。

むすめ
むすめ

英語の授業で日本語を話すことがないんだよ。

提出すべき課題(レポート)を聞き逃さないようにするだけで必死なのに、授業が終わった後に講師から「Do you want more challenges?(もっと課題を出して欲しい?)」と聞かれて「I don’t need it!!」と答えるのが精一杯だったと言っていました(笑)

理系の大学に進学した友達も「英語は論文を書くためにも必須」と言っていて、大学に入学してから本格的に勉強を始めたそうです。

友達は「スタディサプリEnglish」を使って勉強しています。↓

TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH



むすめ
むすめ

受験生のときより英語の勉強を頑張ってるんだって。

推薦で大学が決まれば、英語だけを特化して勉強する時間が取ることができます。

そう言えば、娘の周りの「推薦」で大学が決まった友達も、英語の勉強だけは継続して頑張っている子が多かったです。

最後に

推薦入試で入学した学生は、長い期間勉強から離れている時間ができるので勉強すること自体が億劫になってしまうケースがあります。

友達のお母さんはそれを心配して「推薦嫌い」になっていることが分かりました。

大学受験においても、親の意見を全て素直に聞いてしまう子がいます。
各家庭の事情や考え方もあることは分かるのですが、考えが片方だけに振り切らないように親が気を付けてあげたいですね。

私は娘が辛い受験期間を経験して「一般入試」を受けたことは正解だったと思っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

人生の糧となりました。

でも、それを息子に強要するつもりはありません。

息子が「一般入試」で頑張ると言うのなら全力で応援しますし、「推薦入試」を本気で目指すなら、そのための情報収集を始めます。

ケロケロママ
ケロケロママ

大学受験では、親は子どものやりたいことを応援するサポーターでありたいです!!

娘の大学受験時からずっと買い続けている雑誌です。