高校受験の悩み

「高校受験」息子が行きたくない私立高校を受験した理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛知県では私立高校3校・公立高校2校、一般受験することができます。

ケロケロママ
ケロケロママ

全部で5校も受けれる県って珍しいそうですね!

現在高校3年生の娘は、私立高校2校・公立高校1校を受験しました。

私立高校は2校受ける子が一番多くいて3校受ける子は少ない、と娘の担任の先生は言っていました。

ケロケロママ
ケロケロママ

3日間連続で受験することになるので、精神的に疲れ切ってしまうそうです!

さて現在中学3年生の息子ですが、本人の希望もあって私立高校は3校受けることに決まりました。

なぜ精神的にキツイと言われているのに3校受けることになったのか…

その理由を下にまとめます。

スポンサーリンク

私立高校を3校受けることになった理由

息子が私立高校を3校受けることにしたのは、担任の先生にすすめられていた「私立高校の推薦の話」を断ったことで決まりました。

息子が一般受験する私立3校の内訳です。↓

A校…チャレンジ校(息子の第一志望校
B校…推薦を蹴った高校(先生から一般受験では100%入れないと言われた)
C校…滑り止め校(この高校なら滑り止めにしても大丈夫と言われた)

※ちなみに第二志望校は公立高校です。

B校は一般受験では100%入れないと言われて悔しかったので一般入試を受けたいと言い出しました。

A校とB校だけでは担任の先生も納得してくれなかったので、C校も追加で受けることになりました。

ケロケロママ
ケロケロママ

3校受けることでようやく納得してくれました。

息子はB校に行く気は全く無く…

高い私立入試の費用を払って行きたくない高校を受けるんかい!!」と正直イラッとしましたが、出願ギリギリで志望校を変えるとまた先生から嫌味を言われそうなので、3校受けさせることに決めました。

ケロケロママ
ケロケロママ

B校が一般入試では100%受からないのは本当かな…?

ちなみに娘の時は私立高校は2校受けましたが、このような内訳でした。↓

A校 … 公立高校が落ちたら行きたいと思っている私立高校
C校 … 滑り止め校

私立高校を滑り止めと考えている受験生なら、娘のように志望校を選ぶと思います。

娘の場合、A校・C校はどちらも完全に合格圏内に入ってました。

むすめ
むすめ

今思えば私立高校を受けるのは1校だけで良かったなぁ。

娘は今だからそう言ってましたが、当日体調を崩すことも考えて、最低でも私立高校は2校受けることをお勧めします。

ケロケロママ
ケロケロママ

インフルエンザなど流行る季節ですから…。

本人が行きたいと思える滑り止めの私立高校に受かっていると、公立高校の受験が精神的に楽になります。

しかし私立高校って受験費用が高いですね…。

ケロケロママ
ケロケロママ

公立高校を先に受けさせて欲しいな…。

むすこ
むすこ

それは無理でしょ…。

私立高校に受かったら公立高校は受けないのか?

第二志望にしている公立高校も、担任の先生から「絶対に受からない」と言われています。

ケロケロママ
ケロケロママ

第一志望校の私立高校が受かったら公立高校は受験するの?

むすこ
むすこ

迷っているけど、公立高校も受けてみたいなぁ…。

ケロケロママ
ケロケロママ

行きたい私立高校に受かってるなら、公立高校の受験はどっちでもいいよ!!

第一志望校の私立高校に合格できれば、息子の受験はそこで終わるかもしれません。

最後に

まだ私立高校を受けてもいないのに、公立高校の話を始めていますが、最後まで戦い抜いた結果、第三志望の私立高校に入学することになっても「よく頑張った!」と褒めて進学させようと考えています。

ケロケロママ
ケロケロママ

結果より今頑張っていることが一番大事です!

息子の通う中学校では、今年は私立高校が大人気です。

一般入試で第一志望の私立高校に合格したらそこに行く、と言っている友達が多くいます。

ケロケロママ
ケロケロママ

最終的に公立高校を受験する子ってどのくらいいるのかな?

むすこ
むすこ

受験する側としては減ってくれた方が助かるんだけどね!

今の時点の予想では、公立高校の倍率はかなり下がりそうな予感です。

美味しいコーヒーを飲んでホッと一息つきませんか?

コーヒーにはリラックスと集中力が高められる効果があるので、勉強を頑張っている受験生にオススメします!!

ケロケロママ
ケロケロママ

10銘柄、計52袋入りで1,980円(税込)はかなりお得です!!

娘はモカが大のお気に入りで、受験中は毎朝砂糖とミルクをたっぷり入れて飲んで目を覚ましてから勉強していました。

10銘柄52袋入り!【10gコーヒーお試しセット】