高校生活

高校生の将来の夢は「実現する可能性のある夢」なのです

大学1年生の娘と高校1年生の息子がいます。

娘の幼稚園時代の将来の夢は「パン屋さん」になることでした。

むすめ
むすめ

そんなこと言ってた!?全然覚えてないなぁ~

その後、小学生から中学生までは「保育士さん」になりたいと言っていました。

むすめ
むすめ

小さい子が大好きだから、関われる仕事に就きたかったの!!

保育士を目指して小学校1年生からピアノを習い、高校生になってからも自分のお小遣いで子どもが好きそうな楽譜を買って時間を見つけて練習してました。

そのまま保育士を目指して、保育科のある大学に進学するのかな?と思っていましたが、高校3年生の冬に突然、保育士とは関係ない学部に進みたいと相談されました。

最初その学部を聞いた時は「保育士になる夢は諦めたの!?」と驚いたのですが、娘の真剣な表情を見たら「将来のことを考えて進路を決めたんだな」と分かったので、頑張るようにと伝えました。

今回は、高校生の「実現する可能性のある夢」についてまとめます。

スポンサーリンク

高校生の娘の「将来の夢」の決めかたとは?

幼稚園から中学生くらいまでは、自分の「好きなこと」を優先させて将来の夢を語ることが多いです。

むすこ
むすこ

俺はトミカ屋さんになりたかったなぁ~

でも、高校生になって文理選択をしたり、志望校を絞って行く過程で「実現する可能性のある夢」を意識するようになって行きます。

娘は大学の志望校探しはかなり苦戦していましたが、オープンキャンパスに出かけたり、卒業した先輩に話を聞いたりしているうちに、それまで考えていた進路でいいのか?改めて考えるようになったとのことでした。

むすめ
むすめ

大学に通う4年間で一体何を学びたいんだろう?と考えたの!!

志望校を探すに当たって、以下の3点を考えてみたそうです。

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • やりたいこと

娘の場合「好きなこと」に保育士が当てはまりました。

でも「大学4年間かけて保育の勉強をしたいか?」と自問してみたところ、残念ながら答えは「いいえ」だったそうです。

そして最終的な志望校の選択では「得意なこと」を一番重視して選んでました。

ケロケロママ
ケロケロママ

得意なことを伸ばして好きなことにしたい、と考えたそうです!!

ふわふわしていた息子

中学時代の高校選びでも「行きたい高校がない」と言って親を困らせた息子がいます。↓

「高校受験」行きたい高校が1校も見つからなかった息子

息子の大学選びは大変なんだろうなぁ…と思っていたのですが、

文理選択は迷うことなく理系を選び、志望校を書く欄も学部までしっかり書いてあったのには驚きました。

息子の場合、娘と違って極端に「やりたいこと」が少ないので、志望校選びを迷うことがなかったそうです。

むすこ
むすこ

姉ちゃんみたいにやりたいことが多い方が不思議だよ~

しかし息子が選んだ学部も意外でした。

どれだけ別の道を親がすすめても、結局は本人の選んだ学部に行くことになるんですね。

親にできること

大学受験において親ができることはとても少ないです。

子どもの行きたい大学を否定しない、など細かいことは色々ありますが一番大事なことは

  • 子どもにお金の心配をかけないこと

これに尽きます。

子どもが「夢を実現させたい」と思って勉強を頑張っていても「お金」が追いつかないことは普通に良くある話です。

大学受験って滅茶苦茶お金が飛んで行きます。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験費用は高校受験の10倍はかかります…

予備校代に模試代に共通テスト代、そして受験料…。

娘は我が家の家計を心配して、大学の滑り止め校を最小限にしてくれました。

その結果、本人は追い込まれてしまいました。

その時の話はこちらです。↓

「大学受験」娘がA判定だった滑り止めの大学に落ちた話です

娘にお金の心配をかけるつもりは無かったのですが、息子の高校受験もあり無意識に「お金がない」と口に出していたのかもしれません。

本当に反省しています。

しかし、入学後も何かとお金がかかります!!

「え?また教科書買うの!?」と、ついつい言ってしまいます(笑)

夢を実現させた先輩

娘の幼馴染みのお兄さんは、小学生の頃から「プロ野球選手」になるのが夢でした。

ケロケロママ
ケロケロママ

高校ではレギュラーとして甲子園に出場しています!!

大学に入ってからも野球は続けていましたが、3年生になり自分から「消防士になる」と言い出したそうです。

その後、無事に試験もパスして、来年の春から消防学校に通うことになったよ!!と先日教えてもらいました。

本人はやる気満々で春を楽しみにしているそうです。

プロ野球選手になる夢を諦めたわけではなく、途中で「夢が変わった」だけなんですよね。

立派な消防士さんになれるよう、応援しています!!

最後に

娘は将来の夢(就きたい職業)を決めて学部を選んだとばかり思っていました。

でも、大学に入学して色々な学科のお友達と話したり、自分に興味のある授業を選んで勉強しているうちに、新たに興味のある職業が見つかったと言ってました。

コロナ渦が収まれば、短期留学もしてみたいとバイトを頑張っています。

ケロケロママ
ケロケロママ

受験のことと言い、何かと自分を抑えて来た娘なので、大学では好きなことに挑戦して欲しいです!!

どんな夢を実現させるのも、本人次第ですね。

おすすめ記事

「大学受験」思ってもみなかった大学に進学すること

タイトルだけで買いたくなりました。ゲームをとことんやれ、は私の息子には言えません!!(笑)

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ケロケロママのブログ